文字サイズ変更

「世界シネマ大事典」の内容より

目次

CONTENTS 目次

    本書について サー・クリストファー・フレイリング
    はじめに

    ■第1章:1900年〜1929年

    映画草創期
    草創期の長編大作
    サイレント映画のヒロインたち
    幻想・怪奇映画
    冒険活劇
    ロシア映画にみる革命
    サイレント時代の喜劇
    サイレント映画の隆盛
    シュルレアリスム映画
    トーキーの映画の草創期

    ■第2章:1930年〜1939年

    ゴシック・ホラー
    ギャング映画
    スクリーンに見る社会
    スクリーンの女神たち
    フランスの詩的リアリズム
    言葉を手に入れた喜劇俳優
    大恐慌時代のミュージカル映画
    ナチス映画とソビエト映画
    初期アニメーション映画
    スクリューボール・コメディ
    戦争の影

    ■第3章:1940年〜1959年

    プロパガンダとしての映画
    フィルムノワール
    イタリアのネオレアリズモ
    戦後のイギリス映画
    フランス映画
    ハリウッド・ミュージカル
    北欧映画
    アジア映画
    戦後のハリウッド
    反抗する若者たち
    冷戦時代の映画
    ハリウッドの西部劇
    ヌーベルバーグ

    ■第4章:1960年〜1969年

    ブリティッシュ・ニューウェイヴ
    ラテンアメリカ映画
    アメリカン・ニューシネマ
    セックスと映画
    スパイ映画
    SF映画
    ホラー映画
    ヨーロッパ映画
    マカロニウエスタン

    ■第5章:1970年〜1989年

    西ヨーロッパの映画
    ニュー・ジャーマン・シネマ
    ニューホラー
    ハリウッド犯罪映画
    ハリウッド・パラノイア
    アメリカのドラマ
    ハリウッド超大作
    オーストラリア・ニューウェイヴ
    アジア映画
    ミュージカル新時代
    アフリカ映画
    ベトナム戦争の遺産
    アクション冒険映画
    80年代コメディ映画
    イギリス映画
    サイコロジカル・ドラマ
    ヨーロッパ映画
    カナダ映画
    中国映画

    ■第6章:1990年代以降

    ヨーロッパ歴史映画
    ハリウッド映画
    アメリカ・インディペンデント映画
    オーストラリア映画
    イギリス・アイルランド映画
    ヨーロッパ映画
    CGIと特殊効果
    アニメーション映画
    ホラーの新展開
    東アジアの映画
    イラン映画のニューウェイヴ
    ラテンアメリカ映画
    ポストミレニアムのイギリス映画
    ファミリー向け超大作
    ミレニアム後のヨーロッパ映画
    ボリウッド映画
    9・11後のアメリカ映画
    ミレニアム後のフランス映画

     

    執筆者紹介

    訳者紹介・訳者あとがき

    索引

    図版出典一覧