文字サイズ変更

「シャーロック・ホームズ大図鑑」の内容より

  • 目次
  • 著者・訳者プロフィール

著者・訳者プロフィール

著者・編集顧問

デイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ(David Stuart Davies)(編集顧問)

ミステリ作家、劇作家、編集者。シャーロック・ホームズのオーソリティで、7冊のホームズ・パスティーシュと Starring Sherlock Holmes などのノンフィクションを書いており、ホームズ関係の短編集も数多く編集している。また、みずからも第二次世界大戦中の私立探偵ジョニー・ホークや、ヴィクトリア時代の“謎解き名人”ルーサー・ダーク、1980年代のヨークシャー警察警部ポール・スノウといったキャラクターを生み出している。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(BSI)およびロンドン・シャーロック・ホームズ協会会員。

訳者

日暮雅通(ひぐらし・まさみち)

1954年生まれ。翻訳家。青山学院大学卒。日本推理作家協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(BSI)会員。著書に『シャーロッキアン翻訳家最初の挨拶』(原書房)。訳書に『新訳シャーロック・ホームズ全集(全9巻)』(光文社文庫)、ワーナー『写真で見るヴィクトリア朝ロンドンとシャーロック・ホームズ』(原書房)、コニコヴァ『シャーロック・ホームズの思考術』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)、『10代からの哲学図鑑』(三省堂)ほか多数。