文字サイズ変更
「現代詩大事典」について

本文編/付録編/索引編

本文編

  • 五十音順。引きやすい、調べやすい、読みやすいレイアウト。

【詩人(評論家)】

  • 詩人(評論家含む)、約1000人掲載。
  • 人名(詩人・評論家)項目は、原則、〈略歴〉〈作風〉〈詩集・雑誌〉〈代表詩鑑賞〉〈参考文献〉から構成。なお、代表的詩人には〈評価・研究史〉を加えた。
  • 詩人の人間像にせまる〈代表詩鑑賞〉約100編、総掲載詩約200編。
  • 解説は正確を期し、代表詩の出典(刊行年・月・出版社名)まで詳細に記述。

【事項(雑誌・書籍・詩用語)】

  • 事項項目(雑誌・書籍・詩用語他)約500項目。
  • 雑誌項目は、原則、〈創刊〉〈歴史〉〈特色〉〈参考文献〉、事項(詩論・用語他)項目は、原則〈語義〉〈実例〉〈参考文献〉から構成。

【コラム】

  • 読んで楽しめるコラム

付録編

  • [現代詩文庫一覧]、[アンソロジー一覧]、[全集・叢書・辞典・総覧・事典一覧]、[受賞一覧]、近現代100年の歩みが多層的にわかる、[近・現代詩年表]ほか。

索引編

  • 詳細・利便性のある、[人名索引]、[雑誌索引]、[事項索引]、[代表詩索引]ほか