文字サイズ変更
「戦後史大事典」について

本書の特色

政治・経済・科学技術から思想・文化・衣食住・風俗・災害・事件まで。あらゆるジャンルを3300の項目で解説。

現在、話題になっている憲法改正問題、第九条問題、教育基本法改正問題、国際貢献問題、年金問題、韓流ブームなど267項目を巻頭に増補(113ページ)。

引きやすい50音順見出し。

項目解説にビジュアル情報を加えた、見やすく、わかりやすい紙面(写真・図版約700点、表・グラフ約150点を掲載)。

各分野を代表する569名が執筆。

巻末に便利な「資料編」

戦後史年表 60ページ

戦後史文献解題(日本の本1,200点、海外の本300点を解説) 66ページ

政党系統図、歴代内閣、衆議院・参議院選挙、GHQ関係略語・主要接収建物、国家予算GNPと国民所得、文化勲章・芥川賞・直木賞受賞者、プロ野球・高校野球・サッカー優勝チームなどの一覧表 28ページ

事項・人名索引(13500項目) 63ページ