文字サイズ変更
「三省堂こどもこくごじてん」について

おうちの方へ

本書は、はじめて国語辞典を使う小学一年生から三年生向けに作られた辞典です。
国語辞典の原則を踏まえつつも、イラストを多用した絵じてんのような親しみやすい紙面構成で、この年代の子どもの関心を引きつけるように工夫されています。
すべての漢字にふりがな(ルビ)をつけていますので、まだ習っていない漢字があっても、楽しく読むことができます。

収録語最

あえて収録数を多くせず、低学年の児童こ身につけてほしいことばを動詞・形容詞・副詞を中心に約1200語精選し、五十音順(=あいうえお順)に収録しました。見出し語はページ右と中央に整然と配置されており、調べたいことばがすぐに見つかる紙面になっています。

漢字表記

原則として小学三年生までに習う漢字だけを使用しています。ただし、読みが同じで意味のちがう(同音意義・同訓異字)ことばについては、常用漢字表の範囲内で漢字表記を示してあります。

語釈

それぞれのことばをよく理解し、自分のものとしてもらうために、一般の学習辞典よりも具体的にわかりやすく意味を説明しています。いくつかの意味を持つことばについては、基本的なものや重要なものにしぼって記載しました。

用例

児童が身近に感じられるような設定の、簡単な用例を示しています。用例文に合ったイラストをたくさん盛り込んでいますので、視覚的にことばの意味を理解することもできます。

同音異義語・同訓異字語

同音異義・同訓異字のことばについては、記号をつけて示し、それぞれを比較して意味や用法のちがいが理解できるようになっています。

反対語

本書内に反対語がある場合は、「はんたい」のマークで示し、その対応関係がわかるようになっています。

「ことばのひろば」

助動詞や接続詞など、表現の豊かさにつながる知識については、楽しく学べる「ことばのひろば」として巻末にまとめました。遊び感覚で読み進められるマンガ仕立てになっていますので、子どもたちの学習意欲をはぐくむのに最適です。ことばの意味だけでなく、どんなときにそのことばを使うのか、場面や状況もいっしょに意識できるように構成を工夫してあります。児童に向けての説明文のほかに、指導上の留意点などを「おうちの方へ」としてまとめました。