文字サイズ変更

「こども ことば絵じてん 増補新装版」の内容より

このじてんの
特長と使い方

日々の生活のなかで役立つことばがいっぱいつまった「ことば絵じてん」です。お子さまとふれあいながら、ことばの世界をどんどん広げてあげてください。

1.幼児の基本語約2,900語を収録

 幼児が六歳までに習得することばの数は、2,000〜2,800語といわれています。このじてんでは、幼児期に使われることばを中心に約2,900語を取りあげ、ことばの基礎を養います。

2.調べやすい五十音頁

 五十音順に並べてあるので、調べたい語がすぐにひけます。また、目次にはグループにまとめた項目をのせており、巻末には、すべてのことばがひとめでわかる索引がついています。

3.絵本のような楽しい構成

 ことばと経験が結びつきやすいように、こどもに身近な場面をイラストにしてあります。日常生活のひとコマひとコマが登場するので、親しみやすく、絵本のように楽しめ、会話も広がります。

4.簡潔にまとめたことばの意味

 イラストを見ただけではわかりにくいことばは、意味を簡単な文で説明してあります。お子さまに説明するときのヒントやキーワードとなり、ことばの理解がより深くなります。

5.ことばの使いかたが身につく

 意味の説明よりも、実際の使いかたにふれたほうがわかりやすいことばには、例文を添えました。例文を読むことでことばの本質がつかめ、生きたことばが身につきます。

6.反対語で理解を深める

 反対語のあることばは、⇔マークの下にそのことばを紹介しました。反対語も調べてみることで、ぎゃくの意味を知ることができ、ことばの理解がより深くなります。

7.イメージを広げる図鑑仕立てのページ

 「あそび」や「おかし」など、グループにまとめられることばは、図鑑のように見こたえのある構成にしました。関連のあることばが集めてあるので、イメージがどんどん広がります。

8.ことばへの興味をはぐくむ付録

 付録として、「音を表すことば(擬音語)」「様子を表すことば(擬態語)」「指し示すことば(指示語)」「ことば遊び」などを特集しました。ことばへの興味をさらにはぐくむためにお役立てください。