ホーム > 辞典等一覧 > 事典 > 三省堂中国故事成語辞典 ワイド版 > まえがき

文字サイズ変更
「三省堂中国故事成語辞典 ワイド版」について

まえがき(ワイド版・初版)

刊行以来ほぼ二十年となりますが、このたび文字を大きくしたワイド版を世に出すこととなりました。

本書の意図したところが多くの読者に受け入れられ、且つ若いかたがたに漢文の奥深い世界を提供できる機会が得られたことを嬉しく思います。

みなさまの、更なるご鞭撻・ご批正を念願いたします。

2010年6月

編集協力者代表 柿市里子

漢文は現代の日本語の中に深く根を下ろし、日本語の中で大きな比重を占めている。中でもとりわけ、故事・成語の類は日常の生活の中に融け込み、挨拶・講話の類にも利用されることが多く、入学試験や入社試験などにもしばしば出題されている。これら故事成語は漢文特有の簡潔で直截な文体をもち、人生の変わらぬ真理を鋭く突き、人生諸般の機微に触れている。

本書は、高校生から一般社会人を対象に、中国の古典に典拠のある故事・成語・成句を採り上げ、その意味、原文、読み下し文と現代語訳とを掲げ、今日なお生き続けるこれらの言語遺産の本体を示そうとしたものである。類似の書物は多く刊行されているが、本書は断章的な引用をできるだけ避け、引用が長文にわたる場合には前後の内容を要約し、全体の意味の展開の中で原義を明確にするように努めた。[訳文]を[原文]に先んじて示したのはそのような理由によるものである。

 本書の原稿作成にあたっては、荒木ラン子 柿市里子 小林徹行 渋谷誉一郎 中村聡 長谷川潤治 曵田宏一 村山郁子 山田利明 遊佐昇の各氏にご協力いただいた。特に、初期の段階からこの仕事の中心となってご尽力いただいた、柿市里子 渋谷誉一郎 遊佐昇の三氏には、最終的な校閲・点検を含めて多くの援助をいただいた。また、校の進行途上において筆者の健康上の障害のため、原田種成先生 関正郎先生はじめ、大島晃先生 鶴島俊一郎先生 濱口富士雄先生に一部をご校閲願い、懇篤なるご意見ご指摘を頂戴した。ここに明記して心より感謝の意を表する次第である。更に、校正の佐藤守氏、常に援助と鞭撻を惜しまれなかった三省堂の塩野谷嘉子氏はじめ編集部のかたがたに心からのお礼を申し上げる。

本書が広く多くのかたがたに迎えられ、あわせて忌憚ない御批正をいただけることを念願するものである。

1991年2月

金岡照光