« 明日は何の日:10月5日 - 明日は何の日:10月6日 »

勉強工学 - Web時代の学習法 第1回

2007年 10月 4日 木曜日 筆者: 増井 俊之

情報の宝庫であるWebは、情報を受信したり発信したりしながら様々な勉強を行なうのに最適の環境であるといえます。 Webを使った様々な勉強法について紹介します。

眺めて勉強

本や教材を使った勉強は骨が折れます。
遊びながら勉強ができたとしても疲れる点では同じです。
睡眠学習なら楽そうですが寝不足になるのが心配です。
全然苦労しない勉強法は無いものでしょうか。

頑張らずに勉強するには門前の小僧方式が効果的です。

学習したい内容をテレビやパソコンの画面にいつも表示しておくと、
勉強する気がなくても内容を覚えてしまうかもしれません。

まず、以下のような単語カードを沢山画像ファイルとして用意しておきます。

gorra

このようなカードをスクリーンセーバに登録しておけば、
使っていないパソコン画面には常に単語が表示されているようになりますから、
ぼーっと見ててもつい内容を覚えてしまうでしょう。

表示にブラウザを使うこともできます。

つぶやきシステム「Tumblr」に単語画像や引用文を登録しておき、
私が運営するFeedTVというサイトにTumblrのRSSフィードを流し込むように設定しておけば、
以下のようにTumblrページをブラウザ上で自動的に表示することができます。

私のパソコンにはいつも単語帳が表示されているので、
最近は単語を覚えすぎて困っています。

最近流行のデジタルフォトフレームに画像を入れておけば、
パソコンやテレビが無い場所でも勉強を楽しむことができます。
勉強しすぎに注意しましょう。


■筆者プロフィール

増井俊之

東京大学大学院修了,工学博士。
ユビキタスコンピューティング時代のユーザインタフェースに興味を持つ。
ソニーコンピュータサイエンス研究所,産業技術総合研究所を経て,
現在,米Apple Inc. 勤務。
著書に『Perl書法』『インターフェイスの街角』などがある。
ウェブサイトはpitecan.com

◆編集部より:POBoxやQuickML, 本棚.orgなど数々のシステムやサービスを作り,最近ではiPod touchの日本語入力システムを手がけたことで知られる,増井俊之さんの短期連載「勉強工学 — Web時代の学習法」が始まりました。学習法についても匠の技を見せていただきます。乞うご期待!

2007年 10月 4日