« 明日は何の日:12月30日 - 明日は何の日:12月31日 »

【プレスリリース】Dual大辞林 リニューアル

2007年 12月 29日 土曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

三省堂デュアル・ディクショナリーの「Dual大辞林」がリニューアルされました。その概要は以下となっております。詳しくは、12月27日のプレスリリース(画面例などの資料も含むPDFファイル4ページ)をご覧ください。
 ⇒Dual大辞林リニューアルについてのプレスリリース

* * *

プレスリリース
報道関係各位

2007年12月27日
株式会社 三省堂
──────────────────────────────────
三省堂デュアル・ディクショナリー
Dual 大辞林 リニューアル

書籍未収録の新項目を追加し、総項目数約25 万7 千語に
類語分類表示や、新語タイムスタンプ表示など、さらに便利な新機能も追加
「Dual 大辞林」のアドレス http://daijirin.dual-d.net/
「三省堂デュアル・ディクショナリー」のアドレス http://www.dual-d.net/
──────────────────────────────────

 三省堂デュアル・ディクショナリー(以下、デュアル・ディクショナリー)を運営する株式会社三省堂(以下、三省堂)は、12月28日にウェブ上の辞書検索サービス、Dual 大辞林のリニューアルを行い、新項目の追加のほか、新語採取日のわかるタイムスタンプ表示機能、および類語分類表示機能、の2 つの新機能、および書籍巻末付録の「特別ページ」をウェブ化したコンテンツを追加いたします。
 デュアル・ディクショナリーは、紙の辞書とウェブ辞書の両メディアの統合をめざし、2006年秋に、「大辞林第三版」「ウィズダム英和辞典第2版」「ウィズダム和英辞典」の3点の辞書においてサービス(それぞれ「Dual大辞林」「Dualウィズダム英和辞典」「Dualウィズダム和英辞典」)を開始いたしました。紙の辞書をお買い上げくださった読者には、同時にその書籍のウェブ版もご提供することで、紙とウェブ双方の利便性を感じていただける新たなサービスとして、読者からも好評をもって迎えられております。また、伸長する電子辞書市場に比して、年々縮小してゆく冊子体辞書市場という、メディアとしての辞書そのものが置かれた課題に対する提案のひとつとして、マスコミ各位にもたいへんなご注目をいただきました。
 Dual大辞林では、書籍収録項目約23万8千語に加えて、約1万語の書籍未収録項目をサービス開始当初からご提供してまいりましたが、今回あらたに約1万語弱を加え、書籍未収録項目を合計約2万語とし、全体では25万7千語にのぼる最大級の[国語+百科]辞典を実現いたしました。
 また、新機能として、新たに収録される新項目の採取年月を表示する「新語タイムスタンプ機能」を追加、さらに書籍にはない便利な機能として好評をいただいております「類語表示機能」の強化もおこないました。この「類語分類表示機能」により、類語を意味分類からたどれるようになり、従来のウェブ辞書にない、さらに多様なことばの検索が可能になりました。一般のコンテンツとして、書籍巻末付録で66ページにわたる「特別ページ」もアップいたしました。ことばに関する様々な知識を、より身近に感じていただけるものと思います。

──────────────────────────────────
■お問い合わせ 三省堂 辞書出版部 山本
TEL. 03-3230-9734 FAX. 03-3230-9547
──────────────────────────────────
2007年 12月 29日