« UNIX によるコーパスデータの処理 (1) - 人名用漢字の新字旧字:「鴎」と「鷗」 »

『三省堂国語辞典』のすすめ その50

2009年 1月 14日 水曜日 筆者: 飯間 浩明

メタボか? メタボリか?

【最近メタボかな……?】
【最近メタボかな……?】

 「メタボリック症候群」なる用語が世間に広まったのは、2006年5月のことです。厚生労働省の「平成16年 国民健康・栄養調査」で、「中高年男性の半数がメタボリックシンドロームまたはその予備軍」と報告され、メディアでも大々的に報道されました。

 このことばは、『三省堂国語辞典 第六版』にも収録し、次のように説明しています。

 〈内臓脂肪(シボウ)型の肥満にくわえ、脂肪異常症・高血圧・高血糖のうち、二つ以上が重なった状態。内臓脂肪症候群。メタボリック シンドローム。メタボ。〉

 この、最後の〈……メタボ。〉に注目してください。この略語を記すまでには、少々悩みました。今でこそ、「メタボ」という省略形はふつうに使われていますが、『三国 第六版』の出版直前には、まだ、これが一般化するかどうか、判断がむずかしい状況でした。

【厚労省の報告書】
【厚労省の報告書】

 「メタボリック」を「メタボ」と略す例そのものは、厚労省の報告の後、比較的早くから現れています。たとえば、次のような具合です。

 〈ところで、このメタボ症候群に注目が集まるきっかけを作ったのは、先進国の中では“肥満小国”である日本の研究であった。〉(『週刊文春』2006.7.6 p.49)

 ただ、これは「メタボ」に「症候群」がついた形であり、誌面節約のための臨時的な略語とも言えます。また、一方では、「メタボリ」と省略される場合もありました。

 〈この腹囲をオーバーしたうえに血圧、血糖値、中性脂肪が基準値を二つ以上超えた人は「メタボリ正規軍」、一つ該当が予備軍となる。〉(『毎日新聞』〔社説〕2006.8.10 p.5)

 「メタボリック症候群」の省略形は「メタボ」か、「メタボリ」か。簡単には判断できませんでした。でも、そのうち、単独で「メタボ」と使う例が多くなりました。たとえば、NHKの番組「ためしてガッテン」で、「メタボチェック」に引っかかった人について、

【今では定着した】
【今では定着した】

 〈この人たち全員メタボなの?〉(2007.4.4 20:00放送)

というナレーションが流れました。他の媒体でも、同じころから、〈メタボなにするものぞ〉〈脱メタボの近道〉など、「メタボ」が多く使われるようになってきました。この時点で、『三国 第六版』の原稿に〈……メタボ。〉という略語が入りました。

 今日では、単に太っている人を「メタボな人」と称するまでになっています。この意味は、第六版には間に合いませんでした。次の改訂版での課題です。

* * *

◆連載を続けてお読みになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」アーカイブ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」目次へ

◆新連載「国語辞典入門」は⇒「国語辞典入門」アーカイブ

◆新連載「国語辞典入門」をタイトルからお探しになる方は⇒「国語辞典入門」目次へ

◆飯間先生の記事はここにも⇒「三省堂WebDictionary」ことばパティオ第8回「「串刺し」に堪える語釈でなければならない」

筆者プロフィール

【飯間先生の新刊『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』】飯間浩明(いいま・ひろあき)
 早稲田大学非常勤講師。『三省堂国語辞典』編集委員。
 早稲田大学文学研究科博士課程単位取得。専門は日本語学。古代から現代に至る日本語の語彙について研究を行う。NHK教育テレビ「わかる国語 読み書きのツボ」では番組委員として構成に関わる。著書に『遊ぶ日本語 不思議な日本語』(岩波書店)、『NHKわかる国語 読み書きのツボ』(監修・本文執筆、MCプレス)、『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』(ディスカヴァー21)がある。
URL:ことばをめぐるひとりごと(http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/kotoba0.htm)

* * *

【編集部から】
生活にぴったり寄りそう現代語辞典として定評のある『三省堂国語辞典 第六版』が発売され、「【サンコク】メディアでの紹介」の記事にある通り、各方面で取り上げていただいております。その魅力をもっとお伝えしたい、そういう思いから、編集委員の飯間先生に「『三省堂国語辞典』のすすめ」というテーマで書いていただいております。

2009年 1月 14日