« 漢字の現在:「可」もなく「不可」もなく?――成績の漢字 - 地域語の経済と社会 第32回 »

「辞書引き学習」の立命館小訪問記

2009年 1月 23日 金曜日 筆者: ogm

紅葉の彩りも深まったころ、京都・北大路にある立命館小学校にお邪魔してきました。立命館小は2006年4月に開校、現在は5年生までが学んでいます(はじめ3年生と1年生の募集だったため)。

私たち、辞書の編集部が訪れた理由は、小学生の辞書利用の様子を直接この目で見るため。立命館小は「辞書引き学習」を授業(というよりも学校生活全般)に取り入れ、児童の興味・好奇心や学習意欲を喚起し、実践している学校として、保護者の方、教育界や、出版界などの注目の的となっています。

深谷圭助校長先生は、「辞書引き学習法」の提唱者。『7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる』(すばる舎)、『辞典・資料がよくわかる事典―読んでおもしろい もっと楽しくなる調べ方のコツ』(PHP研究所)、「辞書引き学習自学ドリル」シリーズ(MCプレス)など多数のご著書があります。

ことばへの興味・関心が高まっている小学1年生から辞書に親しみ、辞書引き学習を身につけることは、学力向上につながり、辞書を引くことそのものの楽しさを知ることができる、ということが、それぞれのご著書からうかがえるのですが……やはり自分の目で、小学生がどのように学習しているのか見たいという思いがあり京都まで出かけました。

立命館小に着くと、深谷校長先生が校内を案内してくださいました。まず、どこも広い廊下、ゆったりとしたスペースです。校内には、畳敷きの伝統文化室、ロボットのプログラム・操作ができる部屋、図画工作の授業として茶道の茶碗をつくるなど陶芸に親しむ陶芸室、演劇や合唱など舞台の練習・発表ができるシアターもあります。メディアセンター(図書室)にはさまざまなジャンルの本があり、調べ学習に最適な資料もかなりの量、絵本や小説などは月ごとのテーマで置かれるものが変わるとのことでした。

さて、気になる授業の様子ですが……⇒続きは来週掲載いたします!

【編集部からのお知らせ】

「辞書引き学習」基本のステップは五つ! 今すぐ始めたい方はこちらをご覧ください。
 ⇒「辞書引き学習」とは(監修:深谷圭助)
 「やってみよう!」 「辞書引き学習」への取り組み―先生方・保護者の方へ―

最新のイベント情報は右にあります「おすすめ記事」からご覧ください。今後のイベント情報、また、これまでの報告など関連情報は以下からもご覧いただけます。
 ⇒辞書引き学習についての情報

三省堂では、書店さんといっしょに「辞書引き学習」の体験会を考えました。活動のもようは以下をご覧くださいませ。
 ⇒深谷圭助先生の「辞書引き学習体験会」のご紹介

編集部で立命館小へうかがいました。以下に訪問記を掲載しています。
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記1
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記2

★深谷先生から推薦をいただいております

例解小学国語辞典 第四版
編者:田近洵一
B6判 1,216ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13821-3
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13822-0

 

例解小学漢字辞典 第三版 新装版
編者:林 四郎(主幹)・大村はま
B6判 1,152ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13817-6
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13818-3

 

★立命館小学校で使われています

クラウン学習国語百科辞典
監修:金田一春彦 編者:三省堂編修所
A5判 1,200ページ 3,990(本体3,800)円
ISBN 978-4-385-15048-2

 

2009年 1月 23日