« 耳の文化と目の文化(13)-視覚的な特性(6) - UNIX によるコーパスデータの処理 (6) »

報告:深谷先生の辞書引き学習体験会2

2009年 3月 23日 月曜日 筆者: ogm

★3/21・22辞書引き学習体験会、前回に引き続き大盛況でした★

3月21日三省堂書店札幌店3月22日リブロ池袋本店主催でおこなわれました「『三省堂 例解小学国語辞典 第四版』刊行記念 親子いっしょに、深谷先生の「辞書引き学習」を体験しよう!」は、前回(⇒報告:深谷先生の辞書引き学習体験会2/28・3/1)に引き続き、大盛況のうちに終了いたしました。

三省堂書店札幌店イベントの様子深谷先生にはタイトなスケジュールとなってしまい、大変申し訳なかったのですが、いつもタフな先生、札幌での2回、翌日の池袋と、満員のお客様との熱く濃い「辞書引き学習」体験会が繰り広げられました。編集部としては、このイベントが初めてではないはずなのに、やっぱり先生のお話に襟を正す思いを感じ、辞書をどんどん自分のものにしていく子どもたちの姿に胸を熱くしてしまうのでした。

この会場でも、“予習”してきている保護者の方がいらっしゃって、質問の時間には、とっても具体的な辞書引き学習の進め方について、ご質問なさる方も。ご著書の内容が浸透した瞬間だったのではないでしょうか。

リブロ池袋本店イベントの様子ご来場の皆さま、足を運んでくださり、ありがとうございました。家に帰ってさっそく付箋が増えていっているのではないでしょうか。子どもたちの「なぜ?」に答える先生は、学校の先生だけではありません。ぜひ、ご家庭でも辞書引きを続けてくださいませ。

今回残念ながらいらっしゃることができなかった皆さま、この後もイベントやこのウェブサイトでの展開を考えております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

* * *

【編集部からのお知らせ】

最新のイベント情報は右にあります「おすすめ記事」からご覧ください。今後のイベント情報、また、これまでの報告など関連情報は以下からもご覧いただけます。
 ⇒辞書引き学習についての情報

「辞書引き学習」基本のステップは五つ! 今すぐ始めたい方はこちらをご覧ください。
 ⇒「辞書引き学習」とは(監修:深谷圭助)
 「やってみよう!」 「辞書引き学習」への取り組み―先生方・保護者の方へ―

このウェブサイトにて、深谷先生のインタビューを掲載しています。以下をご覧ください。
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《前編》
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《後編》

編集部で立命館小へうかがいました。以下に訪問記を掲載しています。
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記1
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記2

★深谷先生から推薦をいただいております

例解小学国語辞典 第四版
編者:田近洵一
B6判 1,216ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13821-3
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13822-0

 

例解小学漢字辞典 第三版 新装版
編者:林 四郎(主幹)・大村はま
B6判 1,152ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13817-6
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13818-3

 

★立命館小学校で使われています

クラウン学習国語百科辞典
監修:金田一春彦 編者:三省堂編修所
A5判 1,200ページ 3,990(本体3,800)円
ISBN 978-4-385-15048-2

 

2009年 3月 23日