« 『枕草子日記的章段の研究』発刊に寄せて(22) - 国語辞典入門:実例豊富な現代語の辞典と見坊豪紀 »

報告:深谷先生の辞書引き学習体験会(3月7日)

2010年 3月 9日 火曜日 筆者: ogm

★熱気あふれる「辞書引き学習」体験会でした★

3月7日に丸善日本橋店主催でおこなわれました「丸善・新生日本橋店3周年記念『親子で深谷先生の辞書引き学習を体験しよう』」。この春も、ご参加の皆さまの熱気あふれる会となり、大盛況のうちに終了いたしました。

丸善日本橋店イベントの様子この春に小学1年生になるお子さんも熱心に辞書を繰り、開いたページの知っていることばにどんどん付箋を付けていきます。今回、とくに参加者の方のアンケートで多かったのが「知らないことばを引くのでなく、知っていることばを引くということが、目からウロコでした」というご感想です。

どうしても大人は「辞書は知らないことばを引くもの」と思いがちですが、そのような先入観がないまま辞書に触れ、知っているはずのことばと自分の認識とを比べるという経験を通し、ことばをとらえなおす、またそれが自分の体験として蓄積されていく。これが、自ら学ぶということにつながっていく。これは今、世界で求められている学力、子どもにつけるべき力とされているものと通じるものがあります。

当日のうちに付箋がいっぱいに子どもたちはまさにその様子で、2時間のうちに100枚もの付箋をつける子もいました。そして自分で付箋をつけた辞書をほこらしく見せてくれました。保護者の方からは「子どものたのもしい姿を見ることができた」という声や、「子どもに負けないように自分も勉強しようと思った」という声がありました。ご参加くださった皆さまがご満足の様子で会場を後にされました。

今回残念ながらご参加いただけなかった方も、ぜひご家庭で、学校で辞書引き学習を体験していただきたく、編集部では深谷先生のインタビューをこのウェブサイトに掲載しています。また、今後もイベントを開催する際にはお知らせを掲載いたしますので、どうぞご覧くださいませ。

* * *

【編集部からのお知らせ】

最新のイベント情報は右にあります「おすすめ記事」からご覧ください。今後のイベント情報、また、これまでの報告など関連情報は以下からもご覧いただけます。
 ⇒辞書引き学習についての情報

「辞書引き学習」基本のステップは五つ! 今すぐ始めたい方はこちらをご覧ください。
 ⇒「辞書引き学習」とは(監修:深谷圭助)
 「やってみよう!」 「辞書引き学習」への取り組み―先生方・保護者の方へ―

このウェブサイトにて、深谷先生のインタビューを掲載しています。以下をご覧ください。
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《前編》
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《後編》

編集部で立命館小へうかがいました。以下に訪問記を掲載しています。
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記1
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記2

★深谷先生から推薦をいただいております

例解小学国語辞典 第四版
編者:田近洵一
B6判 1,216ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13821-3
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13822-0

 

例解小学漢字辞典 第三版 新装版
編者:林 四郎(主幹)・大村はま
B6判 1,152ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13817-6
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13818-3

 

★立命館小学校で使われています

クラウン学習国語百科辞典
監修:金田一春彦 編者:三省堂編修所
A5判 1,200ページ 3,990(本体3,800)円
ISBN 978-4-385-15048-2

2010年 3月 9日