« An Unofficial Guide for Japanese Characters 25 - 国語辞典入門:語釈(意味説明)のしかた 文末の形式と品詞 »

『枕草子日記的章段の研究』発刊に寄せて(34)

2010年 8月 31日 火曜日 筆者: 赤間 恵都子

(34) 頭弁行成の人物像

 藤原行成は一条摂政伊尹の孫で、美男薄命の歌人藤原義孝の息子です。とはいえ、養父になった祖父と実父を早くに亡くし、母方の実家で育てられたようです。彼を蔵人頭に大抜擢したのは、道長室明子の弟源俊賢(としかた)で、行成はその恩を忘れず、昇進してからも決して俊賢の上座に座らなかったと『大鏡』に書かれています。また、行成の書き遺した日記は『権記(ごんき)』として後世に伝えられ、貴重な歴史資料となっています。その記事からも推察されるように、実直な性格と実務能力の高さで一条天皇の信頼を得た有能な公卿でした。

 行成について、『大鏡』に語られた逸話の中から、『枕草子』より少し後の時代ですが、後一条天皇(一条天皇第2皇子で藤原彰子腹)の子供時代の話を紹介しましょう。ある時、天皇が玩具を持ってくるように命じると、人々は金や銀などで様々な工夫を凝らした豪華な物を作って献上しました。しかし、行成が独楽を献上すると、天皇は大変気に入り、それでばかり遊んでいたので、他の物はお蔵入りになってしまいました。

 また、ある時、天皇に扇を献上することになり、人々は高価な骨や紙に、あまり知られない歌や詩などを書いたものを献上しました。それに対して、行成だけは特に豪華でもない造りの扇に、有名な白楽天の漢詩を表面は楷書で、裏面は草書体で心を込めて書いたものを献上したので、天皇は表と裏を交互に見比べて手箱に入れ、大切な宝物にしました。他の扇は最初に面白いと見ただけで終わってしまったということです。

 他愛ない話ではありますが、物事の道理や本質を見極めて、周囲に惑わされることなく実行する能力を備えた行成の人物像が浮かび上がります。後に道長の側近として働く官僚の一人となりますが、むやみに権力に迎合することはなく、中立的な立場で自らの職務を遂行する人物でした。

 清少納言が行成を信頼し、親しく交流したのも、彼が斉信とは対照的な政治的姿勢を持っていたからだと考えます。一方、行成も自分より年上の中宮女房に対して気を許し甘えるところもあって、前回紹介した逢坂の関の返歌などを寄こしたように思います。また、父親が有名歌人で、和歌を詠むのが不得手であると表明していたことは、清少納言と似通っています。二人には身分や立場を超えて、相通じるものがあったのではないでしょうか。

 『枕草子』の記事によれば、定子後宮における行成の評判は芳しいものではありませんでしたが、それは行成が、「いみじう見え聞えて、をかしき筋など立てたる事はなう、ただありなるやうなるを、皆人さのみ知りたる(人の目を引いたり評判になるような風雅な振舞いを特に見せることはなく、ただ自然体で普通の様子なので、人々は並の人物とばかり思い込んでいる)」ためだと言っています。しかし、彼の奥深い性格を清少納言だけは理解し、中宮定子に啓上していたこと、そんな清少納言のことを行成も知って、互いに信頼し合っていたことが記されています。二人の交流がどこまで発展したのか、気になるところは次回のお楽しみということにいたしましょう。

* * *

◆この連載を続けて読みたい方は
⇒「『枕草子日記的章段の研究』発刊に寄せて」アーカイブへ

◆記事のタイトルから探したい方は
⇒「『枕草子日記的章段の研究』発刊に寄せて」目次へ

【著者プロフィール】

赤間 恵都子(あかま・えつこ)
十文字学園女子大学短期大学部文学科国語国文専攻教授。博士(文学)。
専攻は、『枕草子』を中心とした平安時代の女流文学。研究テーマは、女流作家が輩出した西暦1000年前後の文学作品の主題や歴史的背景をとらえること。
【主要論文】
「『枕草子』の官職呼称をめぐって」(『枕草子の新研究―作品の世界を考える』新典社 2006年 所収)、「枕草子「二月つごもりごろに」の段年時考」(『百舌鳥国文』2007年3月)、「ホトトギスを待つ女―道綱母の和歌へのこだわり―」(『日記文学研究 第三集』2009年 新典社)など。

* * *

【編集部から】

このたび刊行いたしました『枕草子日記的章段の研究』は、『枕草子』の「日記的章段」に着目して、史実と対照させ丁寧に分析、そこから清少納言の主体的な執筆意志をとらえるとともに、成立時期を新たに提案した『枕草子』研究者必読の一冊です。著者の赤間恵都子先生に執筆にいたる経緯や、背景となった一条天皇の時代などについて連載していただきます。(隔週掲載)

2010年 8月 31日