« An Unofficial Guide for Japanese Characters 28 - 人名用漢字の新字旧字:「亘」と「亙」 »

報告:深谷先生の辞書引き学習体験会(9月18日)

2010年 9月 22日 水曜日 筆者: ogm

★辞書をどんどん自分のものにしていく子どもたちの姿が印象的でした★

イベント会場で初めて手にしたはずの辞書。1時間半のイベントがお開きになる頃には、もう立派な「マイ辞書」になっていました。

旭屋書店池袋店イベントの様子9月18日に旭屋書店池袋店主催でおこなわれました“「辞書引き学習」開発者・深谷圭助先生の「辞書引き学習」体験会”。体験会の終盤には、なんと貼った付箋が300枚を超える子が続々と。きっと、ページをめくるたびに、自分の知っていることばが目に飛び込んでくるのでしょう。えんぴつを持つ手が止まらない様子でした。スタッフは予備で用意してあった付箋もなくなるのではないかと、実はちょっと心配でした……。

旭屋書店池袋店イベントの様子皆さんに使っていただいた辞書は『三省堂 例解小学国語辞典』。一心不乱に辞書を引いている後ろから、どんなことばを調べているのかのぞくと、(当たり前のことかもしれませんが)みなそれぞれ違うことばを引いています。そのことばそれぞれに、その子の個性が現れていて、初めて会ったはずなのに、なんだか普段の生活まで垣間見ているような気にさえなります。辞書は、本当にどの子にも扉が開かれているんだなぁと感じた瞬間でもありました。

ぜひ皆さまにご体験いただきたいこの体験会。今度は10月31日(日)にリブロ 池袋本店さん主催にて開催予定です。興味をお持ちの方は、ぜひご検討をと思います。お近くでない方にはたいへん恐縮ですが、ぜひご家庭で、学校で 辞書引き学習を体験していただきたく、「辞書引き学習」基本のステップのご紹介や、深谷先生のインタビューをこのウェブサイトに掲載していますのでそちらもご覧くださいませ。また、今後もイベントを開催する際にはお知らせを掲載いたしますので、どうぞご覧いただければと思います。

* * *

【編集部からのお知らせ】

■最新のイベント情報は右にあります「おすすめ記事」からご覧ください。今後のイベント情報、また、これまでの報告など関連情報は以下からもご覧いただけます。
 ⇒辞書引き学習についての情報

■「辞書引き学習」基本のステップは五つ! 今すぐ始めたい方はこちらをご覧ください。
 ⇒「辞書引き学習」とは(監修:深谷圭助)
 「やってみよう!」 「辞書引き学習」への取り組み―先生方・保護者の方へ―

■このウェブサイトにて、深谷先生のインタビューを掲載しています。以下をご覧ください。
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《前編》
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《後編》

■編集部で立命館小へうかがいました。以下に訪問記を掲載しています。
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記1
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記2

★深谷先生から推薦をいただいております

例解小学国語辞典 第四版
編者:田近洵一
B6判 1,216ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13821-3
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13822-0

 

例解小学漢字辞典 第三版 新装版
編者:林 四郎(主幹)・大村はま
B6判 1,152ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13817-6
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13818-3

 

★立命館小学校で使われています

クラウン学習国語百科辞典
監修:金田一春彦 編者:三省堂編修所
A5判 1,200ページ 3,990(本体3,800)円
ISBN 978-4-385-15048-2

2010年 9月 22日