« An Unofficial Guide for Japanese Characters 86 - 漢字の現在:「雰囲気」は「ふんいき」or「ふいんき」? »

耳の文化と目の文化(32)―地名の表記(6)―

2011年 11月 14日 月曜日 筆者: 新田 春夫

クラウン独和辞典―編集こぼれ話―(121)

ドイツ語正書法では [f] の音は f で表記するが、Vater [fa:tɐ]「父親」、viel [fi:l]「たくさんの」、von [fɔn](前置詞)「…の」、verstehen [fɛɐʃte:ən]「理解する」などのように、v による歴史的表記のものが、少数ではあるが重要で頻繁に使われる語であるため、しぶとく残っている。(ちなみに、Universität [univɛrzitɛ:t]「大学」などの、ラテン語などからの借用語における v は [v] の音である。)

[f] の v による表記は地名ではけっこう残っている。とくに北ドイツで多く見られるようである。ニーダーザクセン州の Hannover ハノーファー、Vechta フェヒタ、ブレーメンとひとつの州を形成している Bremerhaven ブレーマーハーフェン、ブランデンブルク州と首都ベルリンを通ってエルベ川に流れ込む Havel ハーフェル川などの v はすべて [f] の音である。ただ、ビールの銘柄としても知られているニーダーザクセン州の Jever イェーファーはイェーヴァーとも発音される。また、Hannover の v は [f] の音であるが、Hannoveraner ハノヴェラーナー「ハノーファーの人」という派生語では、強勢が Hannover の v の前の [no] から Hannoveraner の v の後の [ra:] へ移動すると v は [v] の音になる。これはヴェルナーの法則と呼ばれるものであるが、このように v による表記は [f] と [v] がきわめて近い音であることを表している。

Bremerhaven の他にもニーダーザクセン州には Wilhelmshaven ヴィルヘルムスハーフェン、Cuxhaven クックスハーフェンがある。これらの語における haven は「港」の意味であり、これはもともと低地ドイツ語である。(ちなみに、英語にも haven「港」があり、その v は [v] の音である。)この低地ドイツ語が高地ドイツ語に入り、Hafen と f で書かれるようになった。従って、ラインラント=プファルツ州の Ludwigshafen ルードヴィヒスハーフェンもバーデン=ヴュルテンベルク州の Friedrichshafen フリードリヒスハーフェンも f で表記されている。

南ドイツにも v で書かれる地名として Vaihingen ファイヒンゲン、Villigen フィリゲンなどがある。これらの v も [f] の音を表している。ただ、Ravensburg ラーヴェンスブルクの v は [v] であるが、これもときに [f] の音で読まれることもあるようである。

ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市に製薬会社バイエルの本社がある Leverkusen レーヴァークーゼンがある。この v は [v] の音である。ただ、この町は化学者の Carl Leverkus にちなんで名付けられたので、人名に固有の要素もあるから一律には論じられないであろう。

【筆者プロフィール】

新田 春夫(にった・はるお)
武蔵大学教授
『クラウン独和辞典第4版』編集委員

【編集部から】

2008年2月に『クラウン独和辞典』(第4版)が刊行されました。日本初、「新正書法」を本格的に取り入れた独和辞典です。編修委員の先生方に、ドイツ語学習やこの辞典に関するさまざまなエピソードを綴っていただきます。

2011年 11月 14日