« 漢字の現在:佐賀の「おとな」 - What A Fool Believes(1979/全米No.1,全英No.31)/ザ・ドゥービー・ブラザーズ(1970-1982,1987-) »

「辞書引き学習」報告《番外編》
岐阜県立大垣西高等学校「『辞書引き学習』講演会」報告

2012年 7月 25日 水曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

岐阜県立大垣西高等学校「『辞書引き学習』講演会」報告

 6月14日、岐阜県大垣市の岐阜県立大垣西高等学校で開催された「出前授業」のひとつとして、「辞書引き学習」も交えた深谷圭助先生の最新教育方法学研究に関する講演会が開催されました。

 「辞書引き学習」とはいえ、今回の受講者は高校3年生の生徒さん25名です。

 小学生や未就学児で成果を挙げているという「辞書引き学習」法の紹介をうけ、はじめは戸惑いの色を見せていた高校生たちでしたが、「知っていることばを引く」という深谷先生の指導に従って実際に辞書を手にとって引き始めてみると、徐々に調子が上がってきます。45分という短い講演時間ではありましたが、20枚ほどの付箋を貼った生徒さんもいらっしゃいました。一見すると小学生に比べれば枚数が少ないようにも感じられるかもしれませんが、高校生ともなれば、解説にも目を通し、一つひとつのことばの面白さにも関心を寄せながら、ですから、なかなかのものです。その後、講評として深谷先生が付箋の内容を確認すると、大変興味深い傾向も見受けられました。高校生では個性も一層豊かになっており、たとえば様々な人間関係に関心のある生徒さんもいれば、食べ物に関心のある生徒さんもいるなど、一人ひとり関心のある分野がはっきりと浮かび上がってくるのです。「大学」「専門学校」「不安」などのことばを続けて引く生徒さんもいて、現役受験生の揺れ動く素直な胸のうちがうかがわれました。この学習法の思わぬ側面に、高校生たちも目を開かれる思いがしていたようです。

 そのようなかたちで辞書に親しむ方法に触れることとなった生徒さんからは、辞書に対する見方が変わった、もっと辞書を引いてみようと思った、などの感想が口々に聞かれ、この「辞書引き学習」の幅広い可能性を感じさせる講演会となりました。

大垣西高校のホームページへ
※「photo news」→「6月」→「6月14日(木) 【出前授業(3年生)】」のところに掲載されています。

 「辞書引き学習」の主眼は、単に付箋を貼ることに終始することにあるのではなく、まずは辞書に親しむということにあるものと思います。小学生・未就学児に限定されない「辞書引き学習」の可能性について、引き続き御注目いただければ幸いです。

* * *

【編集部からのお知らせ】

■最新のイベント情報は右にあります「おすすめ記事」からご覧ください。今後のイベント情報、また、これまでの報告など関連情報は以下からもご覧いただけます。
 ⇒辞書引き学習についての情報

■「辞書引き学習」基本のステップは五つ! 今すぐ始めたい方はこちらをご覧ください。
 ⇒「辞書引き学習」とは(監修:深谷圭助)
 「やってみよう!」 「辞書引き学習」への取り組み―先生方・保護者の方へ―

■このウェブサイトにて、深谷先生のインタビューを掲載しています。以下をご覧ください。
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《前編》
 ⇒インタビュー「辞書引き学習」の深谷圭助先生《後編》

■編集部で立命館小へうかがいました。以下に訪問記を掲載しています。
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記1
 ⇒「辞書引き学習」の立命館小訪問記2

★深谷先生から推薦をいただいております

例解小学国語辞典 第五版
編者:田近洵一
B6判 1,248ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13827-5
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13828-2

 

例解小学漢字辞典 第四版
監修者:林 四郎・大村はま 編者:月本雅幸・濱口富士雄
B6判 1,184ページ 1,995(本体1,900)円 ISBN 978-4-385-13958-6
[ワイド版] A5判 2,205(本体2,100)円 ISBN 978-4-385-13959-3

2012年 7月 25日