« 「百学連環」を読む:新たなる百学連環へ向けて - 日本語社会 のぞきキャラくり 補遺第47回 内面排除の文脈と不適格性不問効果について »

地域語の経済と社会 第279回 English in Sri Lanka(スリランカの英語)

2013年 11月 9日 土曜日 筆者: 山下 暁美

地域語の経済と社会―方言みやげ・グッズとその周辺―
第279回 English in Sri Lanka(スリランカの英語)

 スリランカでは日常的に多くの言語が併用されています。スリランカの公用語は、シンハラ語とタミル語ですが、教育機関、行政機関などでは、英語が使用されています。アジアの英語は、アメリカ英語の影響が強い地域と、イギリス英語の影響が強い地域に区分されます。スリランカは、1796年から1948年までイギリス領の時代を経て独立しました。そのためスリランカの英語は、イギリス英語の影響を強く受けた方言と考えることができます。

【写真1】
【写真1】
【写真2】
【写真2】
【写真3】
【写真3】

 今回は、車に関連することばを集めてみました。最初の例は三輪自動車 (three-wheeled vehicle)を指すことばです。“three wheeler (スリーウィラー)”、トゥクトゥク、オートリクシャと呼ばれます。コロンボには“Metered Taxi【写真1】”もあります。なかには“Air Meter Taxi”と表示しているものもありますが、“Meter”を強調している点で共通しています。窓がないわけですから、“Air”が示すとおり十分すぎるほど外気(?)を顔面にあびることになります。スリランカで、ドア付、窓付、冷房付きの四輪タクシーは、タクシーと呼ばれています。

 なぜ“Metered”をつけるのかについてはわけがあります。このタイプの乗り物は、乗る前に料金交渉が必要で、交渉のじょうず、へたによって料金が異なります。メーターをつけて公正な料金で走ることを強調し、庶民の交通機関として生き残りをかけていると考えられます。

 タイでは、トゥクトゥク(tuk tuk)、サムローと呼ばれています。トゥクトゥクは、エンジン音が「トゥクトゥク」と聞こえたことから名付けられたと言われています。インドでは、オートリクシャ(auto-rickshaw)と呼ばれるなど、各地で呼び名が変わります。リクシャは日本語「人力車」が語源とされています。日本ではオート三輪と呼んで、1950年代まで貨物用に使われていました。

 “Filling Station【写真2】”は、ガソリンスタンド(和製英語)です。アメリカ英語ではgas stationです。地元の人の話によると、スリランカで“Filling Station”と呼ばれるガソリンスタンドは、国産のガソリンを扱う古くからある有人ガソリンスタンドです。外資系のガソリンを扱っている比較的新しいところは、gas stationと言うことが多いとのことでした。

  “Car Park【写真3】” は、駐車場を意味することばです。主にイギリス英語で用いられています。Google maps やGoogle trendsで見ると“Car Park”はイギリス、“Parking Lot”はアメリカを中心に分布していて、波及の状況を確認することができます。日本では、東日本で「パーキング」、西日本の一部で「モータープール」と呼んでいます(第132回参照)。駐車場を意味する世界の英語には、car park, park, parking area, parking lot, motor poolなどがありますから、語形をもとに世界言語地図を描くことができます。

* * *

◆この連載を続けてお読みになる方は
「地域語の経済と社会―方言みやげ・グッズとその周辺―」アーカイブへ

◆記事のタイトルからお探しになる方は
「地域語の経済と社会―方言みやげ・グッズとその周辺―」目次へ

【筆者プロフィール】

言語経済学研究会 The Society for Econolinguistics
 井上史雄大橋敦夫田中宣廣日高貢一郎山下暁美(五十音順)の5名。日本各地また世界各国における言語の商業的利用や拡張活用について調査分析し,言語経済学の構築と理論発展を進めている。
(言語経済学や当研究会については,このシリーズの第1回後半部をご参照ください)

『海外の日本語の新しい言語秩序―日系ブラジル・日系アメリカ人社会における日本語による敬意表現』『書き込み式でよくわかる 日本語教育文法講義ノート』山下暁美(やました・あけみ)
明海大学外国語学部・大学院応用言語学研究科教授。博士(学術)。
専門は、日本語教育学・社会言語学。研究テーマは、移民百年を迎えた、ブラジル、アメリカ合衆国などにおける日本語の変化、外国人の日本定住化による共生時代の日本語教育政策。
著書に『書き込み式でよくわかる日本語教育文法講義ノート』(共著、アルク)、『海外の日本語の新しい言語秩序』(単著、三元社)、『スキルアップ文章表現』(共著、おうふう)、『スキルアップ日本語表現』(単著、おうふう)、『解説日本語教育史年表(Excel 年表データ付)』(単著、国書刊行会)、『ふしぎびっくり語源博物館4 歴史・芸能・遊びのことば』(共著、ほるぷ出版)などがある。

* * *

【編集部から】
皆さんもどこかで見たことがあるであろう、方言の書かれた湯のみ茶碗やのれんや手ぬぐい……。方言もあまり聞かれなくなってきた(と多くの方が思っている)昨今、それらは味のあるもの、懐かしいにおいがするものとして受け取られているのではないでしょうか。
方言みやげやグッズから見えてくる、「地域語の経済と社会」とは。方言研究の第一線でご活躍中の先生方によるリレー連載です。

* * *

この連載への質問、また「ここでこんな方言みやげ・グッズを見た」などの情報は、問い合わせフォーム( http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/support/question.html )から、「地域語の経済と社会」への質問・情報である旨を記してご投稿ください。

2013年 11月 9日