« You Don’t Have To Say You Love Me(1966/全米No.4,全英No.1)/ダスティ・スプリングフィールド(1939-1999) - 地域語の経済と社会 第280回 鳥取の地酒を、鳥取方言で »

メアリー・オール(15)

2013年 11月 14日 木曜日 筆者: 安岡 孝一

タイプライターに魅せられた女たち・第106回

プラテンを持ち上げる14歳のリリアン(1872年)

プラテンを持ち上げる14歳のリリアン(1872年)

記念式典に合わせて、ハーキマー郡歴史協会は、『The Story of the Typewriter 1873-1923』と題する50周年記念書籍を刊行しました。この書籍には、リリアンから提供された写真が1枚、掲載されていました。51年前の1872年、すなわち、リリアンが14歳の時に撮った写真で、当時ショールズが開発中だったタイプライターを、リリアンが操作している写真です。その意味でリリアンは、世界初の女性タイピストだったわけです。しかし、その後リリアンは、職業としてタイピストを選択することはなく、ほぼ50年もの間、ほとんどタイプライターを触ったことがない、とのことでした。オール女史には、それが残念でなりませんでした。

1926年8月20日、オール女史は60歳の誕生日を迎えました。レミントン・タイプライター社の常務取締役は退いていましたが、多くの女性社員に対する良き「相談役」として、オール女史はレミントン・タイプライター社での勤務を続けていました。タイピストとしての腕は、さすがに衰えていましたが、事務書類や手紙など「Remington Portable」を打つ機会は、まだまだ多かったようです。しかし1927年2月9日、レミントン・タイプライター社がランド・カーデックス社などと合併し、レミントン・ランド社が設立されるのと前後して、オール女史は現場から引退する形となりました。

1933年3月28日、オール女史は、YWCAのニューヨーク本部にいました。この日、アメリカ各地のYWCAで、タイプライター60周年を祝うイベントがおこなわれており、オール女史も、YWCAのニューヨーク本部に招かれていたのです。ニューヨーク本部では、アイリーン・ドナヒュー(Eileen Donahue)という女性タイピストが、リリアンに扮して61年前のタイプライターを叩いてみせる、というデモンストレーションがおこなわれました。

リリアン・ショールズに扮するアイリーン・ドナヒュー(1933年3月)

リリアン・ショールズに扮するアイリーン・ドナヒュー(1933年3月)

もともとニューヨークのYWCAは、1881年10月に無料タイピング教室を開設して以来、半世紀以上もの間ずっと、女性タイピストを輩出し続けてきました。初期のタイピング教室で使われていたタイプライターは、もちろん「Remington Standard Type-Writer No.2」です。しかし、20世紀に入ってからは、YWCAのタイピング教室で使われるタイプライターは、徐々に「Underwood」など他社に移っていきました。このタイプライター60周年イベントは、YWCAと女性タイピストたちに、もう一度「Remington」というブランドを思い出してもらうべく、レミントン・ランド社が仕掛けたものでした。

メアリー・オール(16)に続く)

【筆者プロフィール】

安岡孝一(やすおか・こういち)

京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター准教授。京都大学博士(工学)。文字コード研究のかたわら、電信技術や文字処理技術の歴史に興味を持ち、世界各地の図書館や博物館を渡り歩いて調査を続けている。著書に『新しい常用漢字と人名用漢字』(三省堂)『キーボード配列QWERTYの謎』(NTT出版)『文字符号の歴史―欧米と日本編―』(共立出版)などがある。

http://slashdot.jp/~yasuoka/journalで、断続的に「日記」を更新中。

編集部から

近代文明の進歩に大きな影響を与えた工業製品であるタイプライター。その改良の歴史をひもとく連載です。毎週木曜日の掲載です。とりあげる人物が女性の場合、タイトルは「タイプライターに魅せられた女たち」となります。

2013年 11月 14日