« 絵巻で見る 平安時代の暮らし 第25回 『源氏物語』「柏木(二)」段の「柏木を見舞う夕霧」を読み解く - フランツ・クサファー・ワーグナー(2) »

古語辞典でみる和歌 第1回「時鳥…」

2014年 6月 10日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第1回

時鳥(ほととぎす)鳴くや五月(さつき)の菖蒲草(あやめぐさ)あやめも知らぬ恋もするかな

出典

古今・恋一・四六九・よみ人しらず

ほととぎすが鳴く、この五月に咲くあやめ草、そのあやめ草ではないが、私はものの筋道(あやめ)もわからない、無我夢中の恋をすることだ。

技法

上三句、同音反復で「あやめも知らぬ」の「あやめ」を導く序詞。

「鳴くや」の「や」は、詠嘆の間投助詞。「ほととぎす鳴く」は「五月」にかかる連体修飾語。

参考

恋のために分別を失っている人の歌である。「あやめも知らぬ」の「あやめ」は、ものごとの筋道、分別という意。

(『三省堂 全訳読解古語辞典』)

◆関連情報
「五月」は、陰暦五月のことです。『三省堂 全訳読解古語辞典』で「さつき」を引くと、以下のようなコラム「読解のために」が付いています。

「さつき」は雨の季節
五月闇 現代の季節感覚でいうと、五月はさわやかな季節であるが、陰暦五月は、今の六月、梅雨の頃にあたり、五月雨(さみだれ)が降り、月のない「五月闇(さつきやみ)(=五月雨が降るころの暗い夜。また、その暗闇)」がつづく季節でもあった。
ほととぎす 一方、五月は花橘(はなたちばな)やほととぎすの季節でもあり、ことに、ほととぎすは五月を待って公然と鳴くと考えられ、それ以前の鳴き声は「忍び音(ね)」といって、区別した。

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点にポイントラベルが付くなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

 

2014年 6月 10日