« 近刊案内(2015年1月) - 山下芳太郎(18) »

古語辞典でみる和歌 第8回 「春日野の…」

2015年 1月 6日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第8回

春日野の雪間(ゆきま)を分けて生ひ出でくる草のはつかに見えし君はも

出典

古今・恋一・四七八・壬生忠岑(みぶのただみね)

春日野の残雪の間をおしわけてわずかに萌え出てくる若草、その若草のように、ほんのわずかにお見かけした初々しいあなたでしたよ。

技法

初句から「草の」までが序詞で、「はつかに見えし」を導く。

参考

『古今和歌集』の詞書によれば、春日祭に出かけたとき、祭り見物に出ていた女性の姿をちらっと見て、その女性に贈った歌ということになる。序詞の中の「雪間を分けて生ひ出でくる草」は、ちらっと見かけた女性の初々しいイメージをも表しているとみられる。

(『三省堂 全訳読解古語辞典 第四版』「かすがののゆきまをわけて…」)

◆参考情報

恋歌の巻は、恋の「始まり」から「終わり」までを、いろいろなパターンごとに詠み綴った、いわば恋のカタログのように構成されています。この「春日野の…」歌は、「ちらりと相手の姿を見た」ことで始まった恋のパターンのうちの一首です。

「はつか」を『全訳読解古語辞典』で引くと、「視覚や聴覚に感じられる度合いが少ないさま。ほのか。かすか。」という意味のほかに、以下のように「関連語」の欄が付いており、似た意味の古語を比較して語のニュアンスを感じとりながら勉強を深めることができます。

[関連語]「はつか」が視覚や聴覚に感じられる度合いの少なさが中心なのに対し、同義語の「ほのか」は、音・形・火・光などそれ全体がはっきりせず、ぼんやりしていることをいう。また、「わづか」は数量が少ない、程度が小さいことをいう場合に用いた。中世以降「はつか」は「わづか」と混同され、「はつか」は消滅に向かう。

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点にポイントラベルが付くなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2015年 1月 6日