« 地域語の経済と社会 第325回 信州方言2万円 - 山下芳太郎(31) »

古語辞典でみる和歌 第11回 「よのなかに…」

2015年 4月 7日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第11回

世の中に絶(た)えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

出典

伊勢・八二、古今・春上・五三・在原業平(ありはらのなりひら)

この世の中にまったく桜がなかったならば、春の人の心はどんなにかのどかなことでありましょう。

「なかりせば」の「せ」は、過去の助動詞「き」の特別な未然形。「ば」は、仮定を表す接続助詞。「まし」は、推量の助動詞の終止形。

参考

『古今和歌集』の詞書(ことばがき)に「渚院(なぎさのゐん)にて桜を見てよめる」とある。渚院は、文徳(もんとく)天皇の第一皇子惟喬(これたか)親王の離宮。『伊勢物語』では、惟喬親王のお供をして狩りに出かけたとき、渚院の桜を見て「右の馬の頭(かみ)(=在原業平)」が詠んだ歌となっている。世の中はつらいものなのに、春になると、人は桜が咲くのを待ち、散るのを惜しんで風雨を心配する。桜を愛するがゆえにもの思いがたえない心を詠んだ歌。

(『三省堂 全訳読解古語辞典』「よのなかにたえてさくらの…」)

◆参考情報

今回は、桜を愛する歌のうち、教科書にもよく取り上げられる和歌を取り上げました。
『三省堂 全訳読解古語辞典』で「せば…まし」を引くと、「((反実仮想。事実と反対のことを仮に想定して、推量・想像する気持ちを表す))もし…(だっ)たならば、…だろう(に)。→「き[過去の助動詞]」・「せば」」とあります。
さらに、過去の助動詞「き」の補説では、「反実仮想」の用法について、「反実仮想とは、事実とは異なる状況を仮定するものであり、ここでの「せ」は、過去の出来事を述べているわけではない。」などと解説され、「せば…まし」という表現を理解する助けとなります。

写真は、現在の大阪府枚方市にある、通称「渚の院跡」地(2015年3月、古語辞典編集部撮影)。

*

弊社では、本年度も、「三省堂 高校生創作和歌コンテスト」を実施いたします。本年度の歌題は、4月中旬に弊社HPにて発表予定です。奮ってご応募ください。以下のバナーから、昨年度の受賞作品などがご覧いただけます。

創作和歌コンテスト結果発表バナー

 

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点にポイントラベルが付くなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2015年 4月 7日