« 漢字雑感 第1回 仮名書きされる常用漢字・漢字で書かれる表外字 - 山下芳太郎(32) »

三省堂辞書の歩み 新修百科辞典

2015年 4月 15日 水曜日 筆者: 境田 稔信

三省堂辞書の歩み 第39回

新修百科辞典

昭和9年(1934)3月20日刊行
三省堂百科辞書編輯部(代表者斎藤精輔)/本文2132頁/菊判(縦222mm)

新修百科辞典
左:【新修百科辞典】24版(昭和11年)
右:【本文1ページめ】(クリックで拡大)

 本書は、『図解現代百科辞典』(昭和6~8年)刊行の1年後に出版された、1冊ものの百科事典である。

 序文によると、「繁に流れず簡に失せず、いかなる場合も当座即刻に、手に取るやうに世人の諮問に応ずる手頃の辞典」で、しかも価格が安く何人にも得やすいものであることを意図していた。

 『図解現代百科辞典』を基に作られているため、内容の多くを流用し、時には項目を増やしたり、内容を書き換え、写真や図を新たなものに変更したりもしている。「猫」「犬」の項目は、解説文に変化なく、猫は写真がなくなり、犬の写真は21点から8点に減った。

 見出しは、『図解現代百科辞典』と同様に発音式の仮名遣いで、歴史的仮名遣いを小さく添え、長音符号「ー」は読まない。外来語のみをカタカナとした点が異なっている。

 本文の途中には、アート紙による写真やカラー彩色図版が69点挟み込まれている。これは『日本百科大辞典』(明治41年~大正8年)と同じ方式である。

 三省堂は、百科事典においても着々と地歩を固めつつあったが、同年4月10日に博文館から『新修百科大辞典』が刊行された。この『新修百科大辞典』は刊行日も近く、書名も大きさも似ていたので紛らわしかった。

 本書は定価10円で、5月15日まで特価7円と内容見本にある。しかし、『新修百科大辞典』(本文1494頁)が定価8円50銭だったせいか、その後も本の奥付に特価7円と載っていた。ページ数が多いだけではなく、天金・背革の装丁だっただけに、不利になったかもしれない。昭和13年の61版からは増補版として41頁分の補遺が追加され、天金・背革ではなくなり、特価8円になった。

 なお、博文館は昭和10年2月に新村出編『辞苑』(定価4円50銭、特価3円20銭)を刊行した。そのため、昭和9年3月刊行の『広辞林』新訂版も、定価4円80銭、特価3円90銭だったのを特価2円90銭にすることで対抗したのだった。

●最終項目

わんりょくそうば(腕力相場) 人為的につくられた相場。有力筋が単に市場での売買だけで生ぜしめた相場で、売叩き、買占めなどは是。

●「猫」の項目(画像はクリックで拡大)

●「犬」の項目(画像はクリックで拡大)

◆辞書の本文をご覧になる方は

新修百科辞典:

近代デジタルライブラリー『新修百科辞典』のページへ

新修百科辞典 増補版:

近代デジタルライブラリー『新修百科辞典』増補版のページへ

*

◆この連載のほかの回をお読みになる方は⇒「三省堂辞書の歩み」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

境田稔信(さかいだ・としのぶ)

1959年千葉県生まれ。辞書研究家、フリー校正者、日本エディタースクール講師。
共著・共編に『明治期国語辞書大系』(大空社、1997~)、『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社、2010)がある。

*

【編集部から】

2011年11月、三省堂創業130周年を記念し三省堂書店神保町本店にて開催した「三省堂 近代辞書の歴史展」では、たくさんの方からご来場いただきましたこと、企画に関わった側としてお礼申し上げます。期間限定、東京のみの開催でしたので、いらっしゃることができなかった方も多かったのではと思います。また、ご紹介できなかったものもございます。
そこで、このたび、三省堂の辞書の歩みをウェブ上でご覧いただく連載を始めることとしました。
ご執筆は、この方しかいません。
境田稔信さんから、毎月1冊(または1セット)ずつご紹介いただきます。
現在、実物を確認することが難しい資料のため、本文から、最終項目と「猫」「犬」の項目(これらの項目がないものの場合は、適宜別の項目)を引用していただくとともに、ウェブ上で本文を見ることができるものには、できるだけリンクを示すこととしました。辞書の世界をぜひお楽しみください。
毎月第2または第3水曜日の公開を予定しております。

2015年 4月 15日