« 地域語の経済と社会 第336回 『Miyako♡あうぇーこなび』~高校生が作った街案内~ - タイプライター博物館訪問記:菊武学園タイプライター博物館(1) »

古語辞典でみる和歌 第16回 「秋の月…」

2015年 9月 8日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第16回

秋の月光さやけみもみぢ葉の落つる影さへ見えわたるかな

出典

後撰・秋下・四三四・紀貫之(きのつらゆき)

秋の月の光が明るくはっきりしているので、紅葉の散り落ちる影までが、一面に見えているよ。

「光さやけみ」の「さやけ」は、形容詞「さやけし」の語幹。「み」は、原因・理由を表す接尾語。

参考

秋の月光に照らされると散り落ちる紅葉の姿や色がはっきり見えるだけでなく、その影までが見えていると詠むことによって、月光の明るさを表現している。そこにこの歌の特徴がある。

(『三省堂 全訳読解古語辞典』「あきのつき…」)

◆参考情報
9月27日は十五夜。今回は、秋の名物、月と紅葉を同時に詠んでいる歌を取り上げました。

ところで、お月見の風習はいつ頃からあるのでしょうか。『三省堂 詳説古語辞典』で「月」を引くと、「月の宴」という子項目に「月見の宴。月を見ながら催す宴。陰暦八月十五日の夜に行う。(季-秋)」とあり、以下のようなコラムでさらに詳しい解説が見られます。

[古典の世界] 文学作品の中の「月の宴」
宮廷での「月の宴」は、延喜(えんぎ)(901~923)のころから催されたという記録がある。村上天皇の康保(こうほう)三年の八月十五日に行われた「月の宴」は、人目をおどろかすほど雄大かつはなやかであったことが、『栄花物語』の「月の宴」の巻に描かれている。清涼殿の庭前に前栽(せんざい)を植え込み、宮廷の装飾を担当した「絵所(ゑどころ)」が大井川の景色などを描いて背景とし、宮中の調度品などを担当した「造物所(つくもどころ)」が洲浜(すはま)に松竹などを彫りつけたりして飾り立てた、みごとな舞台づくりであった。そして、殿上人(てんじょうびと)を左右に分けて、にぎやかに、前栽合わせや詠歌を競った。『源氏物語』の「須磨」の巻に、「月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけり、と思し出でて、殿上の御遊び恋しく…」とあるのは、この月の宴を指している。
 王朝時代には、大小公私の月の宴がしきりに催され、そういう機会に生まれた和歌や物語が、月の文学の一系列をかたちづくっている。」

◆創作和歌コンテストのお知らせ

三省堂では、現在「三省堂 高校生創作和歌コンテスト」の応募作品を募集しております。募集する歌は「題詠:もみぢ」で、締切は2015年11月20日(金)消印有効です。応募要項など詳細は、以下のバナーからも御覧頂けます。ふるってご応募ください。

創作和歌コンテストバナー

 

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点に付けられたポイントラベルなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2015年 9月 8日