« 地域語の経済と社会 第340回 来館記念の大分方言プラカード「OPAMに来ちょんよ!」 - タイプライター博物館訪問記:菊武学園タイプライター博物館(5) »

古語辞典でみる和歌 第18回 「ちはやぶる…」

2015年 11月 2日 月曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第18回

ちはやぶる神代(かみよ)もきかず竜田川(たつたがは)からくれなゐに水くくるとは

出典

伊勢・一〇六、古今・秋下・二九四・在原業平(ありはらのなりひら) / 百人一首

(ちはやぶる)不思議なことが多かった神代の昔にも聞いたことがない。竜田川で、あざやかな紅色に水をくくり染めにしているとは。

技法

「ちはやぶる」は、「神」の枕詞。二句切れ。

参考

『古今和歌集』によれば、屏風に描かれた竜田川に紅葉が流れる景色を題にして詠んだ歌。「からくれなゐ」は、舶来の紅で、あざやかな紅色。「くくる」は、くくり染め(=しぼり染め)にすること。川水に浮かぶ紅葉を、あざやかな紅のくくり染めに見立て、その美しさをたたえたのである。古くは、「水くくる」を「水潜(くく)る」と解していたが、いまは、くくり染めにすると解するのが一般的である。『伊勢物語』では、竜田川に出かけていって実景を詠んだ歌となっている。

(『三省堂 全訳読解古語辞典』「ちはやぶる…」)

◆参考情報
このたびは、最近、マンガ『ちはやふる』などでも広く知られている一首を取り上げました。

和歌では、必ずしも自分の実体験に基づいて詠む必要はなく、この歌の解説にあるように、絵を見たり、風景を想像したりして詠むことが多くありました。

◆創作和歌コンテストのお知らせ

三省堂では、現在「三省堂 高校生創作和歌コンテスト」の応募作品を募集しております。募集する歌は「題詠:もみぢ」で、締切は2015年11月20日(金)消印有効です。応募要項など詳細は、以下のバナーからも御覧頂けます。ふるってご応募ください。

創作和歌コンテストバナー

 

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点に付けられたポイントラベルなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2015年 11月 2日