« 日本語社会 のぞきキャラくり 補遺第99回 「役割語」について - 人名用漢字の新字旧字:「氷」と「冰」 »

漢字雑感 第8回 漢字の伝来と漢字の音・訓

2015年 11月 23日 月曜日 筆者: 岩淵匡

漢字の伝来と漢字の音・訓

 漢字は、言うまでもなく、中国の文字、言い換えれば、外国の文字である。現代ならば、ローマ字に相当する。本来の日本語の文字ではないので、日本語の表現には、必ずしもふさわしくない場合も起きる。それを克服して、漢字を日本語の文字として最大限に使いこなしてきた。しかし、問題もある。その一つが、漢字には音および訓が存在することであろう。

行
ギョウ 行政、行書(呉音)         
コウ  銀行、行程(漢音)         
アン  行脚(アンギャ)、行灯(アンドン)
    このアンは唐音。         

 音は、中国語としての発音を、日本語化したものである。さまざまな中国語音を日本語化すると、同音異義の語が増える。同じ事が、韓国語にも見られる。本来ある中国語のアクセントが、日本語化するために識別が困難になるのである。たとえば、キコウと発音する語が、『岩波国語辞典 第七版新版』に20語余もあげられている。おまけに、たとえば、「寄港」「寄航」、「帰港」「帰航」などのように意味のよく似た語もいくつも存在する。また、同じ「礼拝」という表記であっても、キリスト教などでは、レイハイと読み、仏教ではライハイと読む。「レイ」は、「礼」の比較的新しい時代に伝えられた、漢音といい、「ライ」は、かなり古い時代に伝えられた呉音と呼ばれるものである。

 記録によると、日本における、仏教の公伝は538年とされ、朝鮮半島に当時存在していた百済の国王、聖明王により、日本の朝廷に伝えられたという。この時、仏像と経論とが日本にもたらされた。同時に大量の漢字がもたらされたことになる。経論がどのようなものであったかは別として、大量に漢字がもたらされた結果、中国から見れば大変な遅れであったが、日本でも文字による時代が始まることになる。漢字の発音を日本語化するとともに、個々の漢字について、その字義、語義に当たるものを定着させねばならないことになる。これが訓と呼ばれるものになる。

 もちろん、日本における最古の漢字資料は、さらに古くまでさかのぼる。埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した、「稲荷山古墳鉄剣銘」は現存最古の漢字資料であり、471年のものとされる。字数は僅かではあるが、ここには、「獲加多支鹵大王」(ワカタケル大王)、「辛亥年七月中」といった文字が見られる。また熊本県の菊水町江田船山古墳出土の太刀の銘には、「獲□□□鹵大王」とある。実際にはこの二つの表記は同一であったのであろう。このワカタケル大王というのは、倭の武王、紀紀における雄略天皇に当たると推測されている。

 また、日本最古の歴史書である、『古事記』『日本書紀』には、百済からさまざまな漢字資料たるものの伝来について記載がある。また『論語』『千字文』などの名も見える。これらについては、岩波新書中の、大島正二著『漢字伝来』などに説明がある。いずれにしても、漢字で記されている、種々の書物が中国から朝鮮半島を経て伝えられているのである。同時に、外国の文字である、漢字を用いて日本語を記す方法などが考案され、後には日本最古の和歌集である『万葉集』なども編纂される。

 歴史書の表記は、漢文に準ずるものであるから、中国において行われたものに合わせて書くことができるが、和歌集となると、原則として、一字一音であるゆえ、漢字を用いて日本語の一音一音を写さなければならなかった。大変な苦労をしたことであろうと想像される。しかし中国人は、これよりも遙か以前に、古代インドの言語である、梵語(サンスクリット語)の発音を漢字を使って、表記した、「音訳」の経験を持つ。たとえば、広く知られている、仏像名などはその典型である。たとえば、「釈迦」「阿弥陀」「阿修羅」(サンスクリット語表記は略。)などである。従って、日本語の音を漢字で写すことも比較的容易であったろう。この時の漢字には、当時の中国語の発音が見られる。ここに記した事柄に関わる漢字の音は、古くから日本に伝わっていたと思われる、「呉音」と呼ばれるものである。この音は、中国の揚子江下流域地域の江南地方の発音と言われる。仏教伝来とともに朝鮮半島を経て、日本に伝えられた。

 呉音のほか、漢音、唐音と呼ばれるものもある。漢音は、唐の時代の長安付近の発音といわれる。また、唐音は、宋時代以降、清の時代頃までに伝えられた中国語音の総称でもある。鎌倉時代に中国に留学した僧が日本に伝えたとも言う。宋音と言うこともある。なお、唐とは国名の唐でもあるが、日本人が広く中国を指す語としても用いた。「から」「もろこし」などとも言う。これらは、漢字とともに、古くから伝えられた中国語音の日本語化音である。

 中国からの伝来の経路は、遣隋使・遣唐使による東シナ海経由があるが、島国である日本では、様々な経路により外国の文化・物産が伝えられた。台湾・沖縄(南西諸島)をへて鹿児島にいたる経路もある。ジャガイモ、サツマイモなどはその証である。

 また、朝鮮半島から対馬海峡を渡り、北九州や山陰地方の海岸などにも到達したようである。

 

【筆者プロフィール】

岩淵匡(いわぶち・ただす)
国語学者。元早稲田大学大学院教授。

◆「漢字雑感」の他の記事はこちらから→「漢字雑感」目次

 

【編集部から】

辞典によって部首が違うのはなぜ? なりたちっていくつもあるの? 編集部にも漢字について日々多くのお問い合わせが寄せられます。
この連載では、漢字についての様々なことを専門家である岩淵匡先生が書き留めていきます。
読めばきっと、正しいか正しくないかという軸ではなく、漢字の接し方・考え方の軸が身につくはずです。
毎月第2月曜日の掲載を予定しております。

2015年 11月 23日