« 絵巻で見る 平安時代の暮らし 第45回 『承安五節絵』八段の「童女御覧(わらわごらん)」を読み解く - タイプライター博物館訪問記:菊武学園タイプライター博物館(10) »

漢字雑感 第10回 漢字字体の簡略化―いわゆる新字体―

2016年 1月 18日 月曜日 筆者: 岩淵匡

漢字字体の簡略化―いわゆる新字体―

 戦前においては、日本の漢字も中国の漢字も同一の形をしていた。このため、日本人は、中国で書かれた文章でも読むことが出来た。仮に中国語としての発音が出来なくとも、古くから行われてきた、漢文訓読という方法を用いることによって読めたのである。このことは現代においても同様である。従って、中国語を知らない筆者でも、常時、中国の字書類を使っている。

簡体字(左)と繁体字(右)の例。上から「漢」「書」「動」「楽」
簡体字(左)と繁体字(右)の例。
上から「漢」「書」「動」「楽」

 戦前における時代の、規範的な漢字の字体は、中国で作られた『康煕字典』(康煕55年〈1716〉完成)という字書であった。今日の日本でも、活字の中には「字典体」と呼ばれるものが残っているはずである。

 今日では、昭和24年(1949)に「当用漢字字体表」(同年4月28日内閣告示)が告示され、学校教育の現場を始め、新聞雑誌等で広く普及した。いわゆる「新字体」である。このため、中国語としての漢字の形とは隔たりができ、結果として、中国語で書かれたものが読めなくなっていった。しかし、ここには中国における漢字字形上の簡略化も行われたため、本来同一であった、日本の漢字と中国の漢字との隔たりが大きくなった。結果として、中国語で書かれた文章を簡単には読めなくなったのである。なお、中国でも、1949年以降、漢字の簡略化(中国では「漢字簡化」という)が行われた。

 中国においては、簡略化された漢字を「簡体字」といい、簡略化以前の漢字を「繁体字」という。日本では、一般に、新字体、旧字体という言い方をしている。なお、現行の常用漢字については、平成23年3月刊行の『常用漢字表 平成22年11月30日 内閣告示』のなかに、新字体・旧字体を併記してある。また、常用漢字の字体についての解説も付されている。このほか、旧文部省の時代から刊行されてきた、「国語シリーズ」の一冊として、林大氏による、『当用漢字体表の問題点』(国語シリーズ 国語問題編13)がある。

 中国の簡体字については、繁体字とともに具体例のいくつかを上に例示した。例示の繁体字(右)から、簡体字(左)の字形を考えてみてほしい。また、日本の新字体と比較してみてほしい。

 こうした、漢字の字形の簡略化は、漢字字書の上で一種の混乱を生じさせた。すなわち、『康煕字典』によって、一つの規範が示され、守られてきた、個々の漢字についての所属部首の問題がある。現行では、字書ごとに所属の部首が異なるということも少なくない。また、従来なかった新部首とでもいえるものも生まれた。たとえば、「新部首」と呼ばれるものは、従来からある部首に漢字検索の便を考え、新字体用を中心に新たに作られたものであるが、字書ごとの統一が図られているとは言いがたく、その形も数もまちまちである。なお、『康煕字典』には、214の部首が設けられている。戦前までの漢和辞典類では、これが標準的なものであった。なお、便宜上、いくつかの部首が加えられたものもあるが、基本はあくまでも、この214部首であった。

 

【筆者プロフィール】

岩淵匡(いわぶち・ただす)
国語学者。元早稲田大学大学院教授。

◆「漢字雑感」の他の記事はこちらから→「漢字雑感」目次

 

【編集部から】

辞典によって部首が違うのはなぜ? なりたちっていくつもあるの? 編集部にも漢字について日々多くのお問い合わせが寄せられます。
この連載では、漢字についての様々なことを専門家である岩淵匡先生が書き留めていきます。
読めばきっと、正しいか正しくないかという軸ではなく、漢字の接し方・考え方の軸が身につくはずです。
毎月第2月曜日の掲載を予定しております。

2016年 1月 18日