« 地域語の経済と社会 第347回 方言コレクション Dialect collection - タイプライター博物館訪問記:伊藤事務機タイプライター資料館(1) »

漢字雑感 第11回 新字体と旧字体

2016年 2月 15日 月曜日 筆者: 岩淵匡

新字体と旧字体

 前回において、中国における簡化字の例を示した。日本語の場合で言えば、「漢」「書」「動」「楽」である。この4字のうち、日本語における、いわゆる新字体とかかわるものは、「漢」「楽」の2字で、「書」「動」の2字は、日本語では簡略な字体は示されなかった。新字体ではなく従来からのものである。

新字(左)と旧字(右)の例。上から「漢」「書」「動」「楽」
新字(左)と旧字(右)の例。
上から「漢」「書」「動」「楽」

 中国のものと比べると、かなり大きな違いが見られる。どちらかというと、日本のものは、元の字形が、ある程度分かるような形に定められていると言ってよい。ただし、日本において、一つの基準として用いられてきた、『康熙字典』に登録されている字体とは異なる場合が少なくない。ここに、戦前までの時代と異なり、『康熙字典』の重要性が低下したと言ってよい。

 ところで、日本における、現在の、いわゆる新字体は、「常用漢字表」(昭和56年10月1日内閣告示。平成22年11月30日に改定)および「表外漢字字体表」(平成12年12月8日国語審議会答申)とに提示されている。後者は、主として印刷用字体である。なお、字体については、「常用漢字表」および「表外漢字字体表」のそれぞれに字体についての解説が添えられているので、参照されたい。

 また、旧字体と呼ばれるものがあるが、これは、今日のいわゆる新字体に対するもので、上記の二つの表に、新字体に併記されている。戦前において、康熙字典体と呼ばれてきたものでもある。

 日常生活においては、新字体が用いられる訳であるから、旧字体については、特に重要というわけではないが、戦前までの社会においては、今日の旧字体が日常的に用いられてきたわけであるから、過去における文献等を読む際には、必要となる知識である。同時に、個々の漢字について、歴史的、系統的知識を必要とする場合には、新字体についての知識だけでは、不十分である。今日の文献のすべてが、新字体に書き改められたり、上記二表に含まれない漢字の使用が中止されない限り、戦前までの漢字は、人により、場合により必要になる。現代社会と無関係なのではなく、密接な関わりを持つ場合もないわけではない。たとえば、現在、国語施策は文化庁の管掌するところのものであるのに対して、「人名用漢字表」は、国語施策ではないため、法務省が管轄している。この表では、常用漢字表と人名用漢字表との漢字を使用することになっている。この結果、現在、人名に用いることの出来る漢字は2998字である(人名用漢字表に「巫」字が加わったために、2998字になった)。ちなみに、人名用漢字が定められた当初は、旧文部省管轄であった。それが後に法務省に移管された。

 

【筆者プロフィール】

岩淵匡(いわぶち・ただす)
国語学者。元早稲田大学大学院教授。

◆「漢字雑感」の他の記事はこちらから→「漢字雑感」目次

 

【編集部から】

辞典によって部首が違うのはなぜ? なりたちっていくつもあるの? 編集部にも漢字について日々多くのお問い合わせが寄せられます。
この連載では、漢字についての様々なことを専門家である岩淵匡先生が書き留めていきます。
読めばきっと、正しいか正しくないかという軸ではなく、漢字の接し方・考え方の軸が身につくはずです。
毎月第2月曜日の掲載を予定しております。

2016年 2月 15日