« 絵巻で見る 平安時代の暮らし 第47回 『年中行事絵巻』巻五「内宴の献詩披講」を読み解く - 人名用漢字の新字旧字:「㐧」と「第」 »

三省堂辞書の歩み 日西大辞典

2016年 3月 23日 水曜日 筆者: 境田 稔信

三省堂辞書の歩み 第49回 日西大辞典

日西大辞典

昭和12年(1937)7月10日刊行
ホアン・カルボ編/本文1427頁/四六判(縦188mm)


左:【日西大辞典】再版(昭和15年)
右:【本文1ページめ】(クリックで拡大)

 本書は三省堂における最初のスペイン語辞書である。ただし、前付でもスペイン語で日本語を説明してあるなど、日本人向けの辞典とは異なっていた。

 編者は、在マニラのサント・トーマス大学の神学教授であり、日本には27年間住んでいた。序文には、編纂に約20年かかったと記されている。財団法人比律賓協会や外務省文化事業部の援助を得て刊行された次第である。

 フィリピンは、300年以上スペインに統治され、1898年の米西戦争以降にアメリカの統治となってからもスペインの影響は色濃く残っていた。

 日本語をスペイン語で解釈した最初の辞書は、1630年にマニラで刊行された『日西辞書』である。これは、ポルトガル語で書かれた『日葡辞書』をスペイン語に訳したものだった。

 日本国内では、明治後半になってスペイン語の会話書や単語集が作られ始め、大正になって和西辞典や西和辞典の刊行が始まる。そして、本格的なスペイン語辞書が登場するのは、昭和に入ってからのことである。

 本書は、スペイン語主体で書かれているとはいえ、当時の和西辞典としては最大を誇った。しかし、大辞典というほどの規模ではない。紙質や活字の大きさの違いで本が大きくなっていても、情報量が格段に多くなっているわけではなかった。

 例えば、語例数を見ると「大辞典」にしては物足りなさがある。「猫」の語例は、「猫を飼う」「三毛猫」「猫をかぶる」「猫かぶり」「猫足」の5つ。「犬」の項目の語例は、「犬がほえる」「犬にかまれる」「犬をけしかける」の3つ。

 大正11年(1922)の『袖珍コンサイス和英辞典』(本文821頁)と比較すると、「猫」では「猫も杓子も」「猫の目のやうに変る」「猫ばばを極める」「猫に鰹節を預ける」「猫に小判だ」「猫被り」「猫入らず」の7つ。「犬」では、「犬もあるけば棒にあたる」「あの二人は犬と猿のやうだ」「犬張子」「犬小屋」「犬殺」「犬走(堡塁の)」「犬死する」の7つ。いずれも、語例数は『日西大辞典』より多かった。

 それでも、昭和39年(1964)の9版まで増刷が続いたのだから、多くの日本人にも利用されていたことは間違いない。その後、三省堂によるスペイン語辞書の出版は20世紀中にはなかった。現在は、『クラウン和西辞典』(2004年刊行)、『クラウン西和辞典』(2005年刊行)、『デイリーコンサイス西和・和西辞典』(2010年刊行)がある。

●最終項目(画像はクリックで拡大)

●「猫」の項目

●「犬」の項目

*

◆この連載のほかの回をお読みになる方は⇒「三省堂辞書の歩み」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

境田稔信(さかいだ・としのぶ)

1959年千葉県生まれ。辞書研究家、フリー校正者、日本エディタースクール講師。
共著・共編に『明治期国語辞書大系』(大空社、1997~)、『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社、2010)がある。

*

【編集部から】

2011年11月、三省堂創業130周年を記念し三省堂書店神保町本店にて開催した「三省堂 近代辞書の歴史展」では、たくさんの方からご来場いただきましたこと、企画に関わった側としてお礼申し上げます。期間限定、東京のみの開催でしたので、いらっしゃることができなかった方も多かったのではと思います。また、ご紹介できなかったものもございます。
そこで、このたび、三省堂の辞書の歩みをウェブ上でご覧いただく連載を始めることとしました。
ご執筆は、この方しかいません。
境田稔信さんから、毎月1冊(または1セット)ずつご紹介いただきます。
現在、実物を確認することが難しい資料のため、本文から、最終項目と「猫」「犬」の項目(これらの項目がないものの場合は、適宜別の項目)を引用していただくとともに、ウェブ上で本文を見ることができるものには、できるだけリンクを示すこととしました。辞書の世界をぜひお楽しみください。
毎月第2または第3水曜日の公開を予定しております。

2016年 3月 23日