« タイプライター博物館訪問記:菊武学園タイプライター博物館(17) - 人名用漢字の新字旧字:「綫」と「線」 »

古語辞典でみる和歌 第26回 「ま日(け)長く…」

2016年 7月 5日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第26回

ま日(け)長く川に向き立ちありし袖(そで)今夜(こよひ)まかむと思はくのよさ

出典

万葉・一〇・二〇七三

何日もの間、川に向かって立っていた妻の袖を今夜枕(まくら)にしようと思うことのうれしさよ。

「七夕(たなばた)」の歌で、彦星(ひこぼし)が織女星との逢瀬を詠んだ形。

(『三省堂 全訳読解古語辞典〔第四版〕』「思はく」)

今回は、七夕と「袖」に関わる歌を選びました。『三省堂 全訳読解古語辞典』では、七夕の習俗について、「あまのがは」「きかうでん(乞巧奠)」「たなばた」などの項目で詳しく解説されています。たとえば、「ほしあひ」を引くと、以下のようなコラムが載っています。

[読解のために]一年に一度、天空の出会い「星合ひ」
七月七日の七夕の夜、牽牛星と織女星が天の川を渡って、一年に一度の出会いをするという伝説が中国には古くからあった。この伝説は奈良時代になって日本に広まり、日本古来の棚機(たなばた)つ女(め)の信仰と結合して星祭りとなり、宮廷での行事の一つとなった。『万葉集』には二つの星の出会いに関する歌が多くみられ、巻八には、山上憶良(やまのうえのおくら)の七夕歌十二首がある。

◆三省堂 創作和歌コンテストについて

弊社では、現在「三省堂 高校生創作和歌コンテスト」の和歌を募集しております。本年度の歌題は「題詠 袖」です。ふるってご応募ください。以下のバナーから、募集要項や昨年度の受賞作品などがご覧いただけます。

創作和歌コンテストバナー

 

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点に付けられたポイントラベルなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2016年 7月 5日