« 続 10分でわかるカタカナ語 第18回 タブレット - 広告の中のタイプライター(11):Sholes & Glidden Type-Writer »

モノが語る明治教育維新 第13回―文部省発行の家庭教育錦絵 (3)

2017年 7月 11日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第13回―文部省発行の家庭教育錦絵 (3)

 第12回に引き続き、文部省が発行した教育錦絵について話を進めます。前回では伝統的な色彩の濃い内容の錦絵をご紹介しましたが、今回は文明開化の影響が濃く表れたものの一つ、4の「西洋器械発明者の像」についてみていきます。

 先の文部省布達に「各四十七種の絵草紙は、西洋器械発明者の像、及び本邦児童の遊戯に、勧戒発明(注:善を勧めて悪を戒め、ものの道理を明らかにすること)を示せし摺物(すりもの)等なり」とあることから、まず初めに頒布したかった錦絵が、これら西洋器械発明者の像であったことが分かります。科学技術の分野で後れを取っていた日本としては、一刻も早くこの分野で活躍できる人材が育つことを求めていたのでしょう。蒸気機関の技術を改良したジェームズ・ワットや水力紡績機を発明したリチャード・アークライト、イタリアの画家ティツィアーノやアメリカの物理学者ベンジャミン・フランクリンなど産業革命や西洋文明に貢献した偉人のエピソードを、絵解きで紹介したのがこのシリーズです。


(写真はクリックで拡大)

 これらの話は実は、中村正直(なかむら・まさなお)訳の『西国立志編』(明治4年発行)からの引用であることが明らかになっています。当時『学問ノススメ』と並び、大ベストセラー(何しろ人口3千数百万の時代にミリオンセラーだったのです)となったこの本は、維新はなされたものの生き方の指針に惑う若者に、大きな影響を与えました。原著はS・スマイル著 “Self-Help”(『自助論』)で、幕府の瓦解で英国留学から急きょ呼び戻された幕臣中村が、イギリスの友人から贈られたこの本を帰船の中で翻訳しました。「天ハ自ラ助ルモノヲ助ク」つまり、自主自立して他人の力に頼らない生き方を示し、たとえ貧しく、身分が低くても志を持ち、努力、勤勉、忍耐の力を有することで成功を導いた偉人の例を多数あげた啓蒙書で、明治の多くの起業家がこの本に触発されました。

 文部省もブームの『西国立志編』がこれからの子どもの教訓話に適していると考え、教材として取りあげたのでしょうが、中には子どもに読み聞かせするのにいかがなものかと首をひねる部分もあります。



「英国(いきりす)の阿克来(あくらい)は紡棉機(もめんいとをよるしかけ)
を造るに数年心を苦しめて
家貧くなりけるを其妻其功な
くして徒に財を費すを憤り雛
形を打砕きければ阿克来怒
りて婦を逐出しぬ其後機器
成就して大に富しとそ」
(改行は原文ママ)

例えば、このアークライトの話で記されているのは、 「研究にお金がかかり、そのことに憤った妻が機器を壊してしまう。怒ったアークライトは妻を家から追い出すが、その後成功して金持ちになる」といった話の展開と結末なのです。『西国立志編』からの抜粋ではあるのですが、なぜこの部分が教訓的なのか、疑問に思うのは私だけでしょうか。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

◇次回は7月25日(火)更新の予定です。

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。

2017年 7月 11日