« 続 10分でわかるカタカナ語 第22回 バイアス - 広告の中のタイプライター(13):Caligraph No.2 »

モノが語る明治教育維新 第15回―文部省発行の家庭教育錦絵 (5)

2017年 8月 8日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第15回―文部省発行の家庭教育錦絵 (5)

 第13回の「西洋器械発明者の像」と同様に、西洋の科学技術力に追いつける人材の育成を目当てに出版されたのが5の物理を扱ったシリーズです。殖産興業を進め、国を豊かにするためには、産業革命を成しえた西洋の知識を広く普及させる必要がありました。西洋の輸入書やその翻訳書に書かれた科学的なものの見方を、普段の生活や仕事の場面を例に引くことで、子どもにもわかりやすく教えています。

 例えば「陸地の物一ツとして空気の包まざるはなし」の詞書で始まる1枚は、目には見えない空気の存在を説くものですが、これは福澤諭吉が明治元年に出版した『訓蒙窮理図解』(きんもうきゅうりずかい)を参考にしています。

monogakataru-15_11.jpg

『訓蒙窮理図解』は諭吉が英国と米国の書物から知りえた科学的な知識を、初学者用にかみ砕いて解説したものですが、この中の第二章「空気のこと」に書かれた内容の一部を、錦絵では言い回しをかえて詞書としています。

 例えば、絵図中の団扇(うちわ)で風を起こすと盤上の升が動く様子は「風は即ち空気なり 風なきときも団扇にて扇げば風の起らざることなし」の1文を図解したと考えられます。もろ手を挙げて驚く男の子は、西洋の知識に目を見開かされた当時の日本人を、象徴しているようです。

monogakataru-15_22.jpg

 この他の物理図は、梃子(てこ)や滑車、斜面の原理といった力学を教える内容が主で、この中の梃子と斜面を解説した絵図には、開化絵らしく洋装の少年が描かれています。

 6の切り取って遊ぶものには、女の子向けに西洋人形の着せ替え図、男の子向けに器械体操図などがあります。1枚の錦絵を図柄に沿って切り抜き、組み立てることで、平面的だったものが三次元的に楽しめるわけですが、この手法は江戸期からのもので、立版古(たてばんこ)の名前で親しまれてきました。器械体操図には、木製の平行棒や馬、鉄棒、吊(つ)り輪など、当時は珍しかった体操風景が外国さながらに描かれています。


(写真はクリックで拡大)

 これらの錦絵は「当省製本所ニ於テ拂下(はらいさげ)」と布達にあるように、一般の家庭でも入手ができましたが、学校では学習のご褒美として生徒に渡していた事例も残されています。

 江戸から明治へ、伝統と開化が入り交じった過渡期の様相を今に伝える錦絵の数々です。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。

2017年 8月 8日