【締め切りました】アルバイト募集のお知らせ

2017年 10月 18日 水曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

以下の募集は締め切りました。

*

アルバイト募集のお知らせページより転載)

下記業務にてアルバイトを募集しております。

【業務内容】

辞書編集補助・データ編集補助諸業務

【募集職種】

①編集補助作業[資料作成・点検等、辞書編集の補助的作業]
②データ編集補助[諸データ編集・修正・チェック作業]

【募集対象者】

上記業務に興味・関心・技能のある方(学生可)。
※②に関して、 Word Excel等のPC作業に慣れた方を優遇します。

【待遇】

時給1,200円以上(応相談)、交通費支給

【勤務地】

東京都千代田区三崎町2-22-14 三省堂本社
(JR水道橋駅 徒歩1分/都営地下鉄 水道橋駅 徒歩2分/東京メトロ 神保町駅 徒歩8分)

【勤務時間】

平日(月~金)午前10時~午後6時を基本として、週2~5日(応相談)。

【応募方法】

履歴書(写真貼付)を下記宛先にご郵送ください。書類審査のうえ、通過者には面接日をご連絡いたします。

【締め切り】

募集は随時行いますが、人員が決定し次第締め切ります。

【連絡先】

〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
株式会社三省堂 辞書出版部「アルバイト応募係」担当 荻野
※本件に関するお問い合わせは本サイトの「お問い合わせ」フォームからお願いします。


学会情報:第52回語彙・辞書研究会 [シンポジウム]「国語辞典の語釈をめぐって」

2017年 9月 26日 火曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

語彙・辞書研究会 第52回研究発表会のお知らせ

語彙・辞書研究会の第52回研究発表会が下記の通り開催されます。

語彙・辞書研究会 第52回研究発表会
[シンポジウム]「国語辞典の語釈をめぐって」

日時:2017年11月18日(土) 開場13時15分~17時
場所:新宿NSビル 3階 3J会議室
   (東京都新宿区西新宿2-4-1) 電話03-3342-4920

【第1テーマ】
類義語をどう記述するか
 [パネリスト]発題者:山田進(聖心女子大学名誉教授)+投稿者
 [司会]大島資生(首都大学東京教授)

【第2テーマ】
いわゆる誤用を含め、本来的でない意味・用法の拡大をどのように扱うか
 [パネリスト]発題者:山本康一(三省堂辞書出版部)+投稿者
 [司会]井島正博(東京大学教授)

※各テーマについて、一般のご意見を事前に募集いたします(締め切り10月15日)。ご投稿者のなかから、当日のパネリストも募りたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。
詳しくは第52回シンポジウムについてのページをご覧ください。
→ 第52回シンポジウムについて

参加費:【一般】1,800円 【学生・院生】1,200円
    (会場費・予稿集代等を含む)
*事前のお申し込みは必要ありません。
 当日会場受付でお手続きください。
*研究会に参加なさらずに予稿集のみをご希望の方は、事務局にご連絡ください。

(事務局)
〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


夏期休業のお知らせ(8/11~8/20)

2017年 8月 10日 木曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

8/11~8/20 夏期休業

小社では上記期間中、夏期休業となります。
この期間にも一部の連載については掲載いたしますが、予約投稿となります。

この期間中にいただいたお問い合わせなどは、8月21日以降の対応となりますので、ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。
引き続き当サイトをご愛読いただけますよう、お願い申し上げます。


学会情報:第51回語彙・辞書研究会

2017年 5月 26日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

語彙・辞書研究会 第51回 研究発表会のお知らせ

語彙・辞書研究会の第51回研究発表会が下記の通り開催されます。

日時:2017年6月10日(土) 開場13:15~17:00
場所:新宿NSビル 3階 南3G会議室
(新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル3階) 電話03-3342-4920

[研究発表]
  • 張 明(学習院大学大学院 博士後期課程)
    • 「接頭辞の副詞的用法について
      ―過去性を持つ和語接頭辞「元」を例に―」
  • 坂梨隆三(東京大学名誉教授)
    • 「辞書に見られる「ずくめ」の仮名遣い」
[講演]
  • 上野善道(東京大学名誉教授)
    • 「言語に向き合う視点」

参加費:1,800円(会場費・予稿集代等を含む)。
ただし、学生・院生は1,200円。

* 事前のお申し込みは必要ありません。当日、会場受付にてお手続きください。
* 研究会にご参加なさらずに予稿集のみをご希望の方は、事務局にご連絡ください。

(事務局) 〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局(山本・荻野)

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


2017年 謹んで新年のお慶びを申し上げます

2017年 1月 1日 日曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

東京国際ブックフェア出展 2016年も 小社の出版物・サービスに格別のお引き立てを賜り ありがとうございます。

 どうか 本年もかわらず 小社の辞事典をご愛顧いただければ幸いでございます。

 当サイトも 引き続き ことばと辞書に関する情報をご提供してまいりたいと存じます。

  平成29年 元旦

(写真は2016年9月に東京国際ブックフェアに出展した際のもの)

【小社冬期休業期間のお知らせ】

1月4日まで冬期休業期間のため、お問い合わせ等への対応は1月5日以降になります。ご了承くださいますようお願い申し上げます。


「今年の新語2016」選考結果と選評を公開しました

2016年 12月 5日 月曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

「三省堂 辞書を編む人が選ぶ 今年の新語2016」選考結果発表!

辞書の三省堂が選ぶ「今年の新語 2016」。
今回の応募総数はのべ2,834語(異なり1,182語)となりました。
たくさんのご応募をくださり、誠にありがとうございました。

これらの投稿を対象に、一語一語、辞書編纂のプロである選考委員が厳正に審査し、「今年の新語 2016」ベスト10を選定しました。
ベスト10に選ばれた新語には、三省堂の辞書を編む人が「国語辞典風味」の語釈(語の解釈・説明)をつけました。

辞書に載るかもしれない「今年の新語 2016」の切り口と面白さをお楽しみください。

選考結果はこちら⇒「今年の新語2016」選考結果のページへ


【イベント情報】2016/12/2(金)「知は巡る、知を巡る―西周とまわる学術の旅―」

2016年 11月 25日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

下記のイベントにつきまして、定員となり募集を締め切ったとのことです。

 12月2日(金)に、『「百学連環」を読む』著者の山本貴光さんがご登壇なさるイベントが予定されています。
 以下、イベント主催者のTsuwano T-space(島根県津和野町東京事務所)さんのイベント案内ページ(facebook内)より転載いたします。

「知は巡る、知を巡る―西周とまわる学術の旅―」開催のお知らせ

「知は巡る、知を巡る―西周とまわる学術の旅―」ポスター この度、Tsuwano T-spaceでは、山本貴光『「百学連環」を読む』(三省堂)の刊行を記念して、津和野出身の思想家 西周にかんする講演イベントを実施致します。
 著者である山本貴光さんに加え、津和野の藩校 養老館の歴史や西周の親類でもある森鴎外の研究をされている山岡浩二さん、哲学修士号を取得後、現在津和野で西周事業に挑戦している石井雅巳が登壇し、西周について様々な角度から講演していただきます。
 当日は、登壇する三者がそれぞれの専門を活かした「ガイド役」となって、参加者の皆さまを、西周の知の技法を巡って過去・現在・そして未来へと進む学知の小旅行へとご案内する予定です。
 今なお使われている理性や感覚、主観と客観などの訳語を作り出した西の思索から、これからの知のあり方について共に考え、語り合う夜となれば幸いです。

――――――――――――――
◆こんな方にぜひおすすめ
――――――――――――――
「幕末から明治にかけての歴史や文化」、「哲学」、「翻訳論」、「これからの知の技法」などについて関心をお持ちの方
※西周や当時の歴史についての予備知識は不要です!「ガイド」にお任せください。
なお、当日は『「百学連環」を読む』の販売も行う予定です。

――――――――――――――
★参加予約
――――――――――――――
こちらの予約フォームからお願い致します
https://goo.gl/forms/LYMjMikRBX5r5sIf1
電話でのご予約も可
Tsuwano T-space
TEL:03-5615-8358
営業日:月曜〜土曜日 午前9時30分〜午後6時 (定休日:日曜日・祝祭日)

――――――――――――――
◆イベント概要
――――――――――――――
「知は巡る、知を巡る―西周とまわる学術の旅―」
日時 2016年12月2日(金) 19:00-21:00(受付開始18:45)
場所 Tsuwano T-space
 東京都文京区小石川2-25-10 パークホームズ小石川103-3号
 都営地下鉄「春日駅」、丸ノ内線「後楽園駅」より徒歩7分
参加費 500円(当日徴収)ワンドリンク付き
定員 15名

――――――――――――――
◆プログラム
――――――――――――――
19:00 趣旨説明・登壇者紹介
19:10-19:30 過去編
 山岡浩二(津和野町郷土史家、浙江大学城市学院 客座教授)
 「西周と津和野藩校養老館」
19:30-19:50 現在編
 石井雅巳(在野研究者、津和野町町長付)
 「西周 翻訳の妙技」
〈10分休憩〉
20:00-20:30 未来編
 山本貴光(文筆家)
 「学術の地図作成法――わける・ならべる・つなげる」
20:35- 質疑・全体ディスカッション
※終了後は懇親会を予定しております。奮ってご参加ください。(参加費:1,500円)

――――――――――――――
◆登壇者プロフィール
――――――――――――――
山岡浩二(やまおか・こうじ):
1956年、津和野生まれ。同在住。津和野町観光協会副会長・津和野の自然と歴史を守る会会長・中国浙江大学城市学院客座教授など。津和野町役場勤務中(森鷗 外記念館スタッフ・商工観光課長・総務課長など)から郷土史研究、森鷗外研究などを行なう。2011年退職後は、上記役職のほか、講演・執筆を中心に活動。著書に『津和野をつづる~生粋の津和野人による津和野覚書』(モルフプランニング刊)、『津和野藩ものがたり』(共著、山陰中央新報社刊)などがある。

石井雅巳(いしい・まさみ):
1990年生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻修士課程を修了後、現在「地域おこし協力隊」として島根県津和野町にて勤務。専門は、E. レヴィナスの哲学。論文に、「『全体性と無限』における享受論の実在論的読解――レヴィナスはいかなる意味で現象学的か」、『フッサール研究』、フッサール研究会、第13号、pp. 1-21、2016年などがある。

山本貴光(やまもと・たかみつ):
1971年生まれ。文筆家・ゲーム作家。著書に『心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く』(吉川浩満との共著、朝日出版社。後に『脳がわかれば心がわかるか―脳科学リテラシー講座』として改題増補改訂、太田出版から刊行)、『問題がモンダイなのだ』(吉川との共著、ちくまプリマー新書)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)、『文体の科学』(新潮社)など。訳書に『MIND―心の哲学』(吉川との共訳、ジョン・R・サール著、朝日出版社)などがある。

――――――――――――――
■主催:Tsuwano T-space(島根県津和野町東京事務所)
■お問い合わせ
Tsuwano T-space
TEL: 03-5615-8358
http://tsuwano-tokyo.net/
――――――――――――――

参加のお申し込みや、詳しい情報はTsuwano T-space(島根県津和野町東京事務所)さんのイベント案内ページ(facebook内)
「知は巡る、知を巡る―西周とまわる学術の旅―」イベントページへ。


『「百学連環」を読む』の書誌情報は以下のページへ。目次や見本ページのPDF、電子書籍ストアへのリンク等がございます。
『「百学連環」を読む』


【出展のお知らせ】9/23-25東京国際ブックフェア

2016年 9月 23日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

あなたにおすすめの辞書をご提案いたします。
東京国際ブックフェアに出展!

9月23~25日、東京ビッグサイトで開催されます東京国際ブックフェアに小社も出展、創業135年「辞書の三省堂」のあらゆる分野の辞書・事典・図鑑を展示・販売いたします。
今回は、“もう一度、辞書を使う”をテーマに、辞書の使いかた、楽しみかたをご紹介。また、当日は「辞書アドバイザー」が「こんな辞書があるかしら」「こんなことを調べられるものは」というご相談にお応えし、おすすめの辞書をご提案いたします。
総合出版エリア5-11に、ぜひお越しくださいませ。

当日の様子など、以下の小社ツイッターアカウントにてご報告予定です。どうぞこの機会にフォローを。
よむゾウさん @zousanseido
三省堂一般書出版部 @sanseido_gen
三省堂辞書出版部 @sanseido_dict


【締め切りました】三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」

2016年 9月 19日 月曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

下記の募集は締め切り、選考を終えました。
選考結果⇒「今年の新語2016」選考結果のページへ

あなたの「今年の新語」を募集中!

「今年の新語」とは、この2016年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に掲載されてもおかしくないものです。

候補となるのは、
・「今年特に広まった」と感じられる言葉。(今年誕生したかどうかは問いません)
・自分自身や周りの人が、ふだんの会話等でよく使うようになった言葉。
・流行語や時事用語、新しい文物でもかまいません。

投稿いただいた方の中から抽選で50名様に、図書カード1,000円分をプレゼントいたします。
皆さまのご応募をお待ちしております。

投稿方法や、選考についてなどの詳細は以下の特設ページをご覧ください。
三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」


学会情報:第50回語彙・辞書研究会 記念シンポジウム「辞書の未来」

2016年 9月 16日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

◆下記のイベントは終了いたしました。

 

語彙・辞書研究会 第50回記念シンポジウムのお知らせ

語彙・辞書研究会の第50回記念シンポジウムが下記の通り開催されます。

語彙・辞書研究会 第50回記念シンポジウム
「辞書の未来」

日時:2016年11月12日(土) 13時15分~17時
場所:新宿NSビル 3階 3J会議室
   (東京都新宿区西新宿2-4-1) 電話03-3342-4920

【第1テーマ】
日本語母語話者に必要な国語辞書とは何か
 [パネリスト]
  小野正弘(明治大学教授)
  平木靖成(岩波書店辞典編集部副部長)

【第2テーマ】
紙の辞書に未来はあるか
―これからの「辞書」の形態・機能・流通等をめぐって

 [パネリスト]
  林 史典(聖徳大学教授)
  神永 暁(小学館「辞書・デジタルリファレンス」プロデューサー)

※両テーマとも、一般の御意見を事前に募集いたします。詳しくは、以下のページをご覧ください。
→ 第50回 記念シンポジウム「辞書の未来」

参加費:【一般】1,800円 【学生・院生】1,200円
    (会場費・予稿集代等を含む)
*事前のお申し込みは必要ありません。
 当日会場受付でお手続きください。
*研究会に参加なさらずに予稿集のみご希望の方は、事務局にご連絡ください。

(事務局)
〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


次のページ »