お知らせ:『やさしく言いかえよう 介護のことば』遠藤織枝先生のイベント情報

2016年 9月 14日 水曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

9月17日(土)に、『やさしく言いかえよう 介護のことば』共著者の遠藤織枝先生がゲストとしてご参加なさるイベントが予定されています。
以下、イベント主催者の「コトノハカフェ」さんのウェブサイトより転載いたします。

【開催概要】
日時:2016年9月17日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)
会場:バルト(東京・阿佐ヶ谷)
参加費:1000円(飲み物つき)
定員:30 名

【内容】
 私たちは一生を通じて医療や看護を受け,家族や自身の介護を経験します。しかし,そこでは褥瘡(じょくそう),糜爛(びらん),嘔気(おうき),臥位(がい),円背(えんぱい),誤嚥(ごえん),レスパイトケア,トランスファー,アサーティブといった難しすぎる用語が使われています。
 難しいのは専門用語だから仕方がないのでしょうか。二つの問題があるように思われます。
 一つは,患者やその家族自身に,病気・怪我やその治療について理解することが求められる時代において,言葉がその妨げになることです。
 もう一つは人材育成を困難にすることです。看護師や介護福祉士は深刻な不足が懸念されており,外国人も含めた多様な人びとの中から養成することが求められています。
 しかし,2008年に始まった経済連携協定による外国人看護師・介護福祉士人材育成事業では言葉の壁の大きさが浮き彫りになりました(看護師国家試験は合格者ゼロでスタート)。
 今回は,日本語教育の専門家として,介護の現場,教科書,国家試験で使われる日本語を調査・研究し,やさしく分かりやすい言葉への言い換えを提案する本を出された遠藤織枝さんをゲストにお迎えし,どのような言葉の問題があるのか,どのように解決できるのかについて伺います。
 また,医療・看護・介護の言葉についての皆さんの体験やご意見もお聞かせください。

【ゲストプロフィール】
遠藤織枝(えんどうおりえ)
1938年生まれ。日本語教育・社会言語学専攻。長年留学生の日本語教育に携わってきたが,日本政府が各国と提携したEPA(経済連携協定)に基づいて2008年にインドネシアからの看護師・介護福祉士候補者を迎えてから,突然介護の日本語教育に飛び込むことになった。付け焼刃で介護の日本語を研究する過程で,その用語のわかりにくさ・難しさに直面した。このまま外国人介護従事者に教えることの矛盾を感じ,その平易化を考えるようになっている。介護のことばの平易化を主張した著書に,『やさしく言いかえよう 介護のことば』共著,三省堂(2015)がある。

参加のお申し込みや、詳しい情報は「コトノハカフェ」さんのウェブサイト内
第3回「難しい医療・看護・介護の言葉をやさしく」のページへ。

『やさしく言いかえよう 介護のことば』の書誌情報は以下のページへ。目次や見本ページのPDFがあります。
『やさしく言いかえよう 介護のことば』


アルバイト募集のお知らせ

2016年 6月 3日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

下記の募集は締め切りました(2016/6/30)。

 

下記業務にてアルバイトを募集しております。

【業務内容】

学習辞典の編集補助、簡単な校正作業

【募集人員】

若干名

【勤務期間】

2016年7月~8月の間(3週間程度)

【勤務地】

三省堂 東京本社(東京都千代田区三崎町2丁目22番14号)

【勤務時間】

平日9:30~17:30のうち勤務可能な時間(応相談)

【待遇】

時給1,160円(交通費支給)

【必要なスキル・環境】

辞典に興味のある方。どんな辞典の編集作業でも楽しんで行える方。
校正経験のある方大歓迎。

【応募方法】

以下の書類を下記応募先までメール添付にてお送りください。
  ・MS WordまたはExcelにて作成した履歴書(A4サイズ2枚まで)
   ※写真は証明写真のようなものでなくてけっこうですので、ご本人のはっきり写ったものをお願いします。
   ※メールは添付ファイルも含め5MB以内にお願いいたします。
   ※メール件名には今回の応募とわかるよう明記し、また添付ファイルのファイル名にはお名前を入れるようお願いいたします(2016.6.6追記)。

【応募先・問い合わせ先】

三省堂 辞書出版部 荻野 ogino[at]sanseido-publ.co.jp
[at]の部分を@にしてご送信ください。

【応募後の流れ】

応募メールが到着しましたら、1週間以内に確認のメールをこちらからいたします。
その後、選考のうえ、採用の場合は最初の出社日をメールにてご連絡いたします。

【個人情報の取り扱いについて】

今回ご応募いただく際の個人情報は、このアルバイト採用業務のみに使用し、それ以外の目的には利用いたしません。

【その他】

応募は6月下旬まで受け付ける予定ですが、募集人員に達したときなど、予定を繰り上げて締め切る場合があります応募は6月末日到着分まで受け付けます(2016.6.28追記)。


学会情報:第49回語彙・辞書研究会

2016年 5月 2日 月曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

第49回 語彙・辞書研究会 研究発表会のお知らせ

語彙・辞書研究会の第49回研究発表会が下記の通り開催されます。

日時:2016年6月11日(土) 13時15分~17時
場所:新宿NSビル 3階 南3G会議室
(新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル3階) 電話03-3342-4920

[研究発表]
  • シャルコ・アンナ(早稲田大学大学院 博士課程)
    • 日露戦争期の敵対関係が生み出した語彙
      ―「征露丸」と「露助」を中心に―
  • 鄒 文君(立教大学大学院 博士課程)
    • 和製漢語における音読みの造語法をめぐって
      ―「成り果て」から漢語「成果」へを例として―
[講演]
  • 靏岡昭夫(山口大学名誉教授)
    • 日本古典漢語の語彙

参加費:1,800円(会場費・予稿集代等を含む)。
ただし、学生・院生は1,200円。
* 事前のお申し込みは必要ありません。当日、会場受付にてお手続きください。
* 研究会にご参加なさらずに予稿集のみをご希望の方は、事務局にご連絡ください。
(事務局) 〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局(山本・荻野)

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


サーバーメンテナンスのお知らせ(4/22)

2016年 4月 19日 火曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

平素より小社ウェブサイトをご覧くださり、誠にありがとうございます。
下記期間、Dualディクショナリーサーバーのメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス中はDualディクショナリーのサービスをご利用できません。

  停止時間帯:2016年4月22日(金) 17時~19時[予定]

ご利用の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


校正者募集のお知らせ【2015/11/30締め切り】

2015年 11月 20日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

校正者募集のお知らせ

【業務内容】

(A)国語辞典 (B)漢字・漢和辞典 の校正

【募集人員】

若干名

【期間】

2015年12月~2016年1月のうち約2~3週間

【勤務地】

主に在宅にてお願いします。
※打ち合わせ時に三省堂東京本社(東京都千代田区三崎町2丁目22番14号)にご来社いただきたいと考えております。

【校正料】

紙面の文字量および赤字量に応じて、
(A)ページあたり 600円~ (B)ページあたり 1,000円~

【必要なスキル、あると望ましいスキル】

引き合わせ校正・ファクトチェック・素読み校正・索引校正の可能な方。
文字コードや字形・字体について一定の知識をお持ちの方。
国語施策に関心のある方。漢文・中国文学に親しんでいる方。

【必要な環境】

インターネットを介してメールのやりとりができる方。
校正紙をスキャンしてメール添付にて送ることや、PDFで受け取りプリントアウトして作業することができる方(※必須ではありません)。

【応募方法】

以下のどちらかの方法で、履歴書を下記メールアドレス宛てにお送りください。
 ・市販の履歴書に記入のうえ、スキャニングしたもの
 ・エクセルまたはワード等のソフトを使用して作成したもの
いずれも、写真を所定の場所に貼り付けてください。
職務経歴として、これまでに校正をなさった媒体(ジャンル等)をご記入ください。
また、応募の際には、メールの容量が5MBを超えないようにお願いいたします。

【応募先・問い合わせ先】

三省堂 辞書出版部 荻野 ogino[at]sanseido-publ.co.jp
[at]の部分を@にしてご送信ください。

【応募締め切り】

2015年11月30日

【応募後の流れ】

応募メールが到着しましたら、3営業日以内に確認のメールをいたします。
その後、書類審査のうえ、通過者には打ち合わせ日をメールにてご連絡いたします。

【個人情報の取り扱いについて】

今回ご応募いただく際の個人情報は、この校正者採用業務のみに使用し、それ以外の目的には利用いたしません。

【その他】

校正プロダクション等のご応募も受け付けております。その際はご担当予定の方がそれまで校正をなさった媒体等を添えてご応募ください。


学会情報:第48回語彙・辞書研究会

2015年 10月 16日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

第48回 語彙・辞書研究会 研究発表会のお知らせ

語彙・辞書研究会の第48回研究発表会が下記の通り開催されます。

日時:2015年11月7日(土) 13時15分~17時
場所:新宿NSビル 3階 3G会議室
   (東京都新宿区西新宿2-4-1) 電話03-3342-4920

[シンポジウム]
国語辞書の見出し語の立て方―複合辞・造語成分などの扱いを中心に―

国語辞書では、複合辞(連語)、造語成分、慣用句、また派生形など、いわゆる単語ではないものも見出し語として立てられているが、辞書によって扱いが異なっている。今回のシンポジウムでは、国語辞書の編集に携わっていらっしゃる2名の方に、これらについてどのように考えていらっしゃるかをご紹介いただき、また日本語教育の側からの観点や、英語辞典(2か国語辞書)での扱いについても、それぞれの分野からご紹介いただき、これらの要素と国語辞書の課題について検討する。

(パネリスト)
矢澤真人氏(筑波大学教授、『明鏡国語辞典』編集委員)
山崎 誠氏(国立国語研究所准教授、『三省堂国語辞典』編集委員)
田中 寛氏(大東文化大学教授)
井上永幸氏(広島大学教授、『ウィズダム英和辞典』編者)
(司会)
前田直子氏(学習院大学教授)

参加費:【一般】1,800円 【学生・院生】1,200円
    (会場費・予稿集代等を含む)
 * 事前のお申し込みは必要ありません。当日会場受付でお手続きください。
 * 研究会に参加なさらずに予稿集のみご希望の方は、事務局にご連絡ください。

(事務局)
〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


校正者募集のお知らせ【2015/9月末締め切り】

2015年 9月 11日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

下記の採用募集は締め切りました

校正者募集のお知らせ

【業務内容】

単行本の校正

【募集人員】

若干名

【期間】

2015年10月~12月のうち約2週間

【勤務地】

主に在宅にてお願いします。
※打ち合わせ時に三省堂東京本社(東京都千代田区三崎町2丁目22番14号)にご来社いただきたいと考えております。

【校正料】

約400ページ 80,000円

【必要なスキル、あると望ましいスキル】

引き合わせ校正・ファクトチェック・素読み校正・索引校正の可能な方。
文字コードや字形・字体について一定の知識をお持ちの方。
近代の書物に親しんでいる方。
電子書籍に親しんでいる方。

【必要な環境】

インターネットを介してメールのやりとりができる方。
校正紙をスキャンしてメール添付にて送ることや、PDFで受け取りプリントアウトして作業することができる方(※必須ではありません)。

【応募方法】

以下のどちらかの方法で、履歴書を下記メールアドレス宛てにお送りください。
 ・市販の履歴書に記入のうえ、スキャニングしたもの
 ・エクセルまたはワード等のソフトを使用して作成したもの
いずれも、写真を所定の場所に貼り付けてください。
職務経歴として、これまでに校正をなさった媒体(ジャンル等)をご記入ください。
また、応募の際には、メールの容量が5MBを超えないようにお願いいたします。

【応募先・問い合わせ先】

三省堂 辞書出版部 荻野 ogino[at]sanseido-publ.co.jp
[at]の部分を@にしてご送信ください。

【応募締め切り】

2015年9月30日

【応募後の流れ】

応募メールが到着しましたら、3営業日以内に確認のメールをいたします。
その後、書類審査のうえ、通過者には打ち合わせ日をメールにてご連絡いたします。

【個人情報の取り扱いについて】

今回ご応募いただく際の個人情報は、この校正者採用業務のみに使用し、それ以外の目的には利用いたしません。

【その他】

校正プロダクション等のご応募も受け付けております。その際はご担当予定の方がそれまで校正をなさった媒体等を添えてご応募ください。


学会情報:第47回語彙・辞書研究会

2015年 4月 28日 火曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

第47回 語彙・辞書研究会 研究発表会のお知らせ

語彙・辞書研究会の第47回研究発表会が下記の通り開催されます。

日時:2015年6月13日(土)開場13:00~17:00
場所:新宿NSビル 3階 南3G会議室
(新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル3階) 電話03-3342-4920

[研究発表]
  • 南雲千香子(東京大学大学院博士課程2年)
    • 明治前半におけるフランス民法の翻訳の差異―箕作麟祥『仏蘭西法律書民法』と加太邦憲『仏蘭西民法』―
  • コルクサ、アリ アイジャン(トルコ・ネヴィシェヒウル大学 日本語・日本文学科准教授/博報財団の第9回招聘研究者/早稲田大学 外国人研究員)
    • バイリンガル辞書における欠点
  • 平山允子・保志茂寿(日本学生支援機構 東京日本語教育センター)
    • 日本留学試験「日本語」(2010~2013年)の語彙調査―進学予備教育における日本語教育語彙の再検討―
[講演]
  • 林 史典(聖徳大学教授)
    • 〈母語の辞書〉を考えるための「日本語の親族名詞と親族呼称」

参加費:1,800円(会場費・予稿集代等を含む)。
ただし、学生・院生は1,200円。
* 事前のお申し込みは必要ありません。当日会場受付でお手続きください。
* 研究会に参加されずに予稿集のみをご希望の方は、事務局にご連絡ください。
(事務局) 〒101-8371 東京都千代田区三崎町2-22-14
三省堂出版局内 語彙・辞書研究会事務局(萩原・山本)

詳しくは、語彙・辞書研究会のウェブサイト(http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/index.html)をご覧ください。


「キャラくり」定延先生が基調講演をなさるワークショップが来週に!

2015年 2月 9日 月曜日 筆者: ogm

このサイトで「日本語社会のぞきキャラくり」をご執筆くださっている定延利之先生が基調講演をなさるワークショップのお知らせです。

役割語・キャラクター言語研究国際ワークショップ
期日:2015年2月16日(月)・17日(火)
場所:大阪大学会館(大阪大学豊中キャンパス)
大会HP:http://skinsui.cocolog-nifty.com/sklab/2014/12/2015-f024.html

こちらの連載でも「キャラ」についていろいろな面からお書きいただいていますが、このワークショップでは、丸2日、役割語・キャラクターについての発表や講演が行われます。
詳細は大会HPをご覧ください。
(大会HPにもありますが、どなたでもご参加になれますが、事前申し込みが必要とのことです)


謹んで新年のお慶びを申し上げます

2015年 1月 1日 木曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

 2014年も 小社の出版物・サービスに格別のお引き立てを賜り ありがとうございます。

羊の画像 どうか 本年もかわらず 小社の辞事典をご愛顧いただければ幸いです。

 当サイトも 引き続き ことばと辞書に関する情報をご提供してまいりたいと思います。

  平成27年 元旦

【小社冬期休業期間のお知らせ】

1月4日まで冬期休業期間のため、お問い合わせ等への対応は1月5日以降になります。ご了承くださいますようお願い申し上げます。


« 前のページ次のページ »