App Store 5周年記念:「ウィズダム2」(物書堂)記念セール中

2013年 7月 11日 木曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

7月10日で、App Store のオープンから5周年を迎えました。
これは物書堂さん発売のアプリ「ウィズダム」の5周年にも当たります。
これを記念して、物書堂さんでは、記念セールとして7月11日~13日の3日間限定で「ウィズダム2」を1,000円で販売しています。
ぜひこの機会に、この素晴らしいアプリをご利用ください。
今後の物書堂さんと App Store のますますのご発展を祈念いたします。

ウィズダム英和・和英辞典 2アプリページへ(物書堂サイト)

リンク: 物書堂の5年間 ~App Store 5周年によせて


『大辞林』と『ウィズダム英和・和英』をiPadでも!

2011年 7月 1日 金曜日 筆者: ogm
★三省堂 創業130周年記念セール開催中★

物書堂から販売のiPhone / iPod touch / iPad 用アプリケーション「大辞林」と「ウィズダム英和・和英辞典」が、小社の創業130周年記念ということで、AppStore にてセール特価で販売されています。

期間は2011年7月1日から20011年7月31日まで。セール期間中、「大辞林」は2,500円→1,500円、「ウィズダム英和・和英辞典」は2,800円→1,800円、と1,000円のディスカウント!

インターフェースの使いやすさはもちろんですが、iPadに入れれば、画面サイズも気にせず自在に操れることまちがいなし(※「大辞林」は7月1日からiPadに最適化した無償アップデート版を提供)。 ※内容は言うまでもなくおすすめです、念のため。

お得に手に入るこの期間、ぜひご検討くださいませ。

■製品の詳しい内容は、以下をご覧ください。

三省堂 創業130周年記念セールを実施(物書堂のページへ)

三省堂のニュースリリース(PDF:約2MB)

『大辞林 第三版』については以下をご覧ください。
http://daijirin.dual-d.net/index.html
『ウィズダム英和辞典 第2版』『ウィズダム和英辞典』については以下をご覧ください。
http://wisdom.dual-d.net/index.html

【関連記事】
⇒iPhone/iPod touchでウィズダム英和/和英を
⇒iPhone/iPod touchで大辞林が


WISDOM in Depth: #35

2008年 10月 14日 火曜日 筆者: 井上 永幸
【編集部より】
『ウィズダム英和辞典』の紙面には収めきれなかった情報を,WISDOM in Depth と題して,編者・編集委員・執筆者の先生方にお書きいただきます。第35回は,編者の井上永幸先生の17回目です。

『ウィズダム英和辞典』と現代英語語法 (3)

−(前)+who−

Swan (2005: 612) は,くだけた現代英語ではwhomはあまり用いられないとし,疑問文の例として以下のようなものを挙げている:

(1)
a. 動詞の目的語
Who did they arrest?
Whom did they arrest? ((かたく))

b. 前置詞の目的語
Who did she go with?
With whom she go? ((非常にかたく))

特に,文頭に現れる場合は,whoが一般的でwhomは((かたく))響くため避けられる。

一方,頻度はそれほど高くないが,前置詞の直後は依然として前置詞の力が強く影響してwhomが用いられることが多い。ただし,くだけた文脈,とりわけ,“(前)+who”が短い応答文や問い返し,追加情報を求める場合は,前置詞の直後であってもwhoが用いられる現象が思いのほか広がりつつある。手許の用例から,ともに用いられる前置詞別にいくつか示しておく。

(2) with who
a.
DRUCKER: They dumped us!
HANNA: What?
DRUCKER: They dumped us.
HANNA: I was just with him!
DRUCKER: With who?
HANNA: Whattaya mean, “they dumped us”?!
Heat

b.
Andie: (pointing around her) Out there! Go to the prom.
Pacey: With who, Andie?
Andie: I don’t know, anybody. A girl. You could go with me if you wanted to.
Dawson’s Creek

(3) for who
a.
WORF: How long have you had these feelings for him?
EZRI: For who?
WORF: Doctor Bashir! (off her incredulous look)
After the Breen brought you back, you spoke his name.
Star Trek

b.
MAL: (with some difficulty) I’m not . . . gonna say it . . . (turns to Wash) . . . again. Shipboard romance complicates things.
WASH: For who? For you?
MAL: For everyone.
Firefly

(4) to who
a.
TED: (to Harry) What’d you say to him?
HARRY: To who? Arthur? Nothing. Nothing that Norman doesn’t already know.
Sphere

b.
EVELYN: What did he say? (insistent) What did he say?
GITTES: —That you were jealous, and he was worried about what you might do.
EVELYN: Do? To who?
GITTES: Mulwray’s girlfriend, for one thing. He wanted to know where she was.
Chinatown

(5) from who
a.
READ: I got this phone call from the clinic. From Rose.
CYPHER: From who?
READ: From Rose. She’s supposed to be in a coma.
Keloid promised me he’d tell me the second she showed signs of consciousness and here I am getting a call from her at five in the morning.
Rabid

b.
TEDDY: She’s gonna use you. To protect herself.
LEONARD: From who?
TEDDY: Guys who’ll come after her. Guys who’ll want to know what happened to her boyfriend.
Memento

なお,前置詞の後に間接疑問が続く場合,それが動詞や前置詞の目的語の場合whomが普通だが,くだけた文脈ではwhoが用いられることがある。

(6) We alter our language according whom we are talking to, what we are writing about, whether it is for social, transactional or literary purposes, and so on.
—BNC, CCV

(7) Typically it means that steps are taken to ensure that women do not take away a proportion of the kin group’s resources when they marry—which can mean variously, that women’s sexuality is tightly controlled, that women are given little choice about whom they marry, that there is a preference for choosing marriage partners from within the kin groups (Tillion, 1983; Goddard, 1987).
—BNC, CRF

(8) And other people say he just lived quietly in the town after learning his lesson. That’s a thingabout stories, sometimes; they have different endings according to who you listen to, and some have sort of open endings, and some don’t actually have proper endings yet.
—BNC, G0A

また,主格(補語)の間接疑問では前置詞の後でも通例 who を用いるので注意が必要である。

(9) Many people are curious as to who can and who cannot be hypnotized.
—BNC, C9W

(10) Do you remember where we met? Don’t start asking me now to apologize for who I am or what I believe in.
The Rapture

ちなみに,句動詞を構成する動詞と前置詞の結びつきが強く成句を構成している場合,動詞と前置詞を分離することはできない。

(11)
a.
A: Who(m) did she look after? / ?* After whom did she look?
B: She looked after Jim.

b.
A: With whom did she agree? / Who(m) did she agree with?
B: She agreed with Jim.
—Quirk et al. (1985), p. 1166.

《参考文献》
Swan, M. (2005) Practical English Usage. Third Edition. Oxford: Oxford University Press.
Quirk, R. et al. (1985) A Comprehensive Grammar of the English Language. Harlow: Longman.


【筆者プロフィール】
井上 永幸 (いのうえ・ながゆき)

徳島大学総合科学部教授。
専門は英語学(現代英語の文法と語法),コーパス言語学,辞書学。
編纂に携わった辞書は『ジーニアス英和辞典初版』(大修館書店),『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版),『ニューセンチュリー和英辞典2版』(三省堂),『ジーニアス英和大辞典』(大修館書店)など多数。


WISDOM in Depth: #34

2008年 9月 30日 火曜日 筆者: 井上 永幸
【編集部より】
『ウィズダム英和辞典』の紙面には収めきれなかった情報を,WISDOM in Depth と題して,編者・編集委員・執筆者の先生方にお書きいただきます。第34回は,編者の井上永幸先生の16回目です。

『ウィズダム英和辞典』と現代英語語法 (2)

−not to doとto not do−

to不定詞を否定する際は not to do のように,通例toの前に否定語を置く。ところが,日常的なくだけた文脈では,to not do のように否定語がtoの直後に置かれることがある。

学校文法ではnot to doを使うよう教え,また多くの語法辞典や文法書でもto not doの形は不可としている。(1)にあげるSwan (2005) は,ESL/EFL学習者向けの文法書や参考書であるが,not to do を可とし,to not do を通例不可としている。

(1) Swan (2005), p. 255
Negative infinitives are normally made by putting not before the infinitive.
Try not to be late. (NOT USUALLY Try to not be late. OR Try to don’t be late.)
You were silly not to have locked your car.

一方,ESL/EFL学習者を教える教師向けの参考書であるCelce-Murcia and Larsen-Freeman (1999: 186) は,to not do という形は規範的には避けるべきであるが,(2)のような文は実際には使うことがあると述べている。

(2) Marge has decided to not pay her income tax this year.

(3) はBank of English (BOE),BOEの話し言葉サブコーパス,British National Corpus (BNC) における,not to do とto not do の割合を示したものである。いずれも not to do が圧倒的に多くの割合を占め,to not do は数%に過ぎないが,BOE spoken では to not do の,アメリカ英語を含まないBNCでは not to do の使用率が他と比べて若干多くなっていることは興味深い。

(3) BOE (spoken) とBNCにおけるnot to doとto not do

not_to_do_graph.gif

手許の用例をいくつかあげておく。

(4) I want you to not fight me anymore.
South Park

(5) ’Cause I’m not ready for you to not be here.
Buffy the Vampire Slayer

(6) So you were willing to not look too closely at this.
Playboy

母語話者によっては,to not do の形に何の抵抗感もない人もいるし,ESL/EFL辞典などでも,to not do の形をうっかり用例として採用してしまうということも時に見られるようである。(7)はケンブリッジ大学出版初のコーパスに基づくESL/EFL辞典である CIDE (1995) の用例であるが,改訂版に当たる CALD2 (2005) では,(8)に示すように同じ用例のnotとtoの語順が入れ替えられてることは注目に値する。

(7) We were half expecting you to not come back (= thinking you might not come back).
—CIDE (s.v. EXPECT)〔ユーザー提供;cf. 井上 (2005)〕

(8) We were half expecting you not to come back.
—CALD2 (s.v. EXPECT)

to not do という形は,今の段階では相対的頻度はそれほど高くない。教育的に推奨できる形ではなく,遭遇したときに認識さえできればよいといった類の語法であろう。この語法の今後の動きに注視してゆきたい。

xmhfurfj3egqigjvjqfdumxgo1_400.png
xmhfurfj3egqkht4v0ambwgmo1_400.png

《参考文献》
Celce-Murcia, M., and D. Larsen-Freeman (1999) The Grammar Book: An ESL/EFL Teacher’s Course. Boston: Heinle & Heinle Pubs., Inc.
井上永幸 (2005)「シンポジウム:英語教育におけるコーパスの果たす役割:辞書とコーパス」『立命館 言語文化研究』16巻4号,pp. 169-183.
Procter, P. (ed.) (1995) Cambridge International Dictionary of English. Cambridge: Cambridge University Press. [CIDE]
Swan, M. (1995) Practical English Usage. 2nd Edition. Oxford: OUP.
Walter, E. (ed.) (2005) Cambridge Advanced Learner’s Dictionary. Second Edition. Cambridge: Cambridge University Press. [CALD2]


【筆者プロフィール】
井上 永幸 (いのうえ・ながゆき)

徳島大学総合科学部教授。
専門は英語学(現代英語の文法と語法),コーパス言語学,辞書学。
編纂に携わった辞書は『ジーニアス英和辞典初版』(大修館書店),『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版),『ニューセンチュリー和英辞典2版』(三省堂),『ジーニアス英和大辞典』(大修館書店)など多数。


英語辞書の将来と利用者の役割 (2)

2008年 9月 26日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (14)

連載の最終回は,主に利用者,教員の視点から,これからの英語辞書について考えてみたいと思います。

インターネット時代の辞書批評のあり方

一昔前の英語辞書は,いわゆる「英語名人」「辞書名人」と称されるような,天才的な辞書執筆者,編集者のライフワークとして編纂されていたものがほとんどでした。そのためか(専門家による研究書等での書評,分析を除けば)多くの英語学習者は辞書の内容を絶対視し,辞書の内容に疑問を唱えることをタブー視する雰囲気さえあったように思います。

しかし,最近では,ネット掲示板やブログの普及により,一般の英語学習者でも辞書の内容についての批評や,時には悪意に満ちた誹謗中傷さえも簡単にできるようになりました。辞書執筆者,編集者にとっては,利用者の意見を収集したり,誤植や誤記の指摘を受け,増刷時に修正をする機会が今まで以上に増えたことで,英語辞書の発展にも大きな影響を及ぼしていますが,一方で,一部の心ない書き込みにより,辞書の改善とは関係ないレベルでの不毛な議論が今まで以上にはびこっているのは大変残念です。

とくに,同レベルの辞書の新刊,改訂が相次いだときなどは,「○○という単語はX, Y辞書には載っているのにZ辞書には載っていない。だからZ辞書は劣っている」といった論調での,木を見て森を見ない辞書批評や,さらには「X辞書の編集主幹は○○大学の教授だから,××大学の教授が編纂しているY辞書よりも信頼できる」といったトンデモ発言が,一晩で何十件という単位で匿名掲示板に書き込まれることもあります。

辞書の内容と全く関係のない,出版社や編者の誹謗中傷や,恣意的に選別した特定の語や語義が収録されているか否かで辞書全体を評価するような風潮などは,決して好ましいことであるとは言えません。利用者である私たちは,辞書の内容を常に批判的にとらえる一方で,よりよい辞書に発展していく「種まき」としての,健全な辞書批評をしたいものです。

ことばを尊ぶ姿勢を伝える辞書指導をめざして

従来の辞書指導は,辞書の引き方や情報の読み取り方を教える,いわば技能重視の内容が中心でした。しかし,ネットの普及により,誰もが無料で膨大な情報を得られるのが当然という今の世の中では,ことばの大切さや,ことばに対する畏敬の気持ちも伝えていくことが必要なのではないでしょうか。

私を含め,辞書に携わっている研究者の中には,中学生や高校生の頃,知りたいことをいつでも的確に教えてくれる辞書を「偉い」と感じ,人一倍辞書を引く中でことばへの興味を深めていった人もたくさんいます。辞書の重さに文句を言いつつも,その重さが,ことばに対する畏敬の気持ちにつながっていたと言えます。しかし,どんなにたくさんの辞書が入っていてもポケットに収まってしまう電子辞書からは,冊子辞書のような,通常の書籍とは一線を画した「重厚さ」や「特別感」といった,辞書という書物独特の「オーラ」を感じることはできません。英語以前に,「ウザい」「キモい」に代表される,人を傷つける日本語が氾濫していることも,辞書メディアの変化と少なからず関係があるというのは言い過ぎでしょうか。

「ハレ」の日の賞品に冊子辞書を

こんな時代だからこそ,(時代錯誤だとお叱りを受けるかもしれませんが)皆勤や成績優秀者への副賞や卒業記念品として,生徒,学生に冊子辞書を贈呈してみてはいかがでしょうか。

私のクラスでは,週2回の講義に1年間無遅刻無欠席で皆勤した学生全員に,『ウィズダム英和辞典』を進呈しています。最初は,「電子辞書を持っているのに冊子辞書なんて…」と言っていた学生も,冊子辞書の良さに気づくと「覚えた単語にアンダーラインが引けるし,カバンに押し込んでも壊れないし,一生の記念になる紙の辞書もいいものですね」などと好意的な評価を寄せるようになります。今までの努力をねぎらい,よりいっそうの勉学を期待する象徴として,膨大な情報が目で見え,身体で感じることのできる形になって凝縮された冊子辞書は,ことばの大切さを伝える上でも最適なものと言ってよいでしょう。

おわりに

連載の最初にもお話ししましたが,英語学習が「辞書に始まり,辞書に終わる」ことは,昔も今も変わりません。技能としての英語運用力を養うことに加え,ことばを尊び,ことばを使う人間を尊ぶことをめざした指導が,これからの英語教育現場では望まれています。折しも,相撲界が大麻騒動で揺れる中,「心技体」のバランスのとれた能力を身につけさせることは,相撲の稽古だけでなく,英語教育においても同様に求められているのではないか,ということを強く感じます。

半年間という限られた期間の連載ですので,舌足らずな点も多かったかと思いますが,本連載が,諸先生方の英語教育現場での辞書指導に何かのご参考になりますことを祈念しております。なお,本連載で詳しく扱うことができなかった,辞書の情報の詳しい読み取り方などについては,拙著『辞書からはじめる英語学習』(2007年,小学館)もあわせてごらんいただければ幸いです。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきました。ご愛読ありがとうございました。
→これまでの連載記事一覧


英語辞書の将来と利用者の役割 (1)

2008年 9月 12日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (13)

連載のまとめとして,今までにお話ししたことをふまえながら,これからの英語辞書はどうなっていくのか,また,辞書利用者である私たちは英語辞書とどのように向き合っていくべきかについて,2回に分けて私見も交えながらお話ししたいと思います。

これからは,冊子辞書が再評価される時代!

「これからの辞書」というと電子辞書を思い浮かべる人が多いかもしれません。たしかに,ここ数年の電子辞書の急速な進化は目を見張るものがあり,とくに教員や研究者は,分厚い大型辞書を肌身離さず持ち歩けるようになったことで,大きな恩恵を受けているのも事実です。しかし,学習者,それも中学や高校で英語を学んでいる人にとっての「文房具」として考えたとき,最近の電子辞書の進化は本当に手放しで喜べることなのでしょうか?

モデルチェンジのたびにコンテンツ数が増え,よく使う辞書が逆に引きにくくなったり,動作が重くなったりと,電子辞書の使い勝手にはまだまだ課題が山積しています。収録語数の多い辞書を搭載することが優先され,英語が苦手な学習者でも使いこなせる初級,中級レベルの学習辞典が搭載されている機種が少ないのも,学校現場での電子辞書の弊害と言えます。

一方,冊子辞書は,そんな電子辞書の進化を横目で見ながら,虎視眈々と進化を続けています。オールカラー化,ウェブ版の無料提供,囲み記事や付録の拡充など,とくに電子辞書化されていない冊子辞書は,ここ数年で急速に発展を遂げました。電子辞書の進化が一段落した今だからこそ,冊子辞書の良さをもう一度見直す時期に来ていると言っても過言ではありません。

「情報量の制約」こそが冊子辞書のメリット

電子辞書と比較した冊子辞書のデメリットとしてよく言われることに,冊子辞書は製本上の制約のため,収録情報量に限りがあるということがあります。たしかに,収録項目数何百万という,オンライン専用辞書のような芸当は冊子辞書には真似できませんが,むしろこのことが冊子辞書の良さであると言えるのではないでしょうか。コーパスが普及した今なら,昔の辞書と違い,情報量を増やすこと自体は比較的容易です。だからこそ,物理的に情報量を精選せざるをえない冊子辞書に存在意義があると言えます。

Googleで検索し,何百件,何千件というヒットがあっても,ほとんどの人は最初の数件,数十件しか見ないでしょう。同様に,せっかく情報量の多い辞書が搭載されていても,多くの学習者は上位語義の訳語をざっと見るだけで終わらせているのが現状です。使用域が限定される俗語や専門用語まで網羅した専門家向けの辞書を,電子辞書に入っているからというだけで常用し,情報が多すぎて難しく感じる英語学習者は多くいますが,このような学習者にこそ,情報を精選した初級,中級レベルの冊子学習辞書を手にとってほしいと思います。

情報を増やす以上に減らす勇気を

辞書の情報を精選するにあたっては,辞書執筆者,編集者は,類書に載っている単語だからと無批判に追加収録するのでなく,コーパスの出現頻度などをもとに,必要ないと判断した語や語義を積極的に削除することも必要になります。分量の制約の中で,新語,新語義を収録しつつ,学習辞典として必要ないと判断した語を削らないといけないというジレンマは,辞書に携わる者なら誰もが経験することだと思います。私も,『ウィズダム英和辞典』の改訂作業に携わった際,一番苦労したのが,旧版に収録されている語をコーパスなどで精査し,そのまま載せるべきか否かを判断する作業でした。

「収録語数至上主義」に陥りがちな辞書業界の中で,せっかく収録されている情報を削るというのは相当の勇気がいりますが,「利用者にとっての使い勝手という点では,必要以上に情報が多いことはマイナスになりうる」「闇雲に収録情報量を増やすことは機械でもできるが,収録の是非を吟味し,不要と判断した情報を削ることは生身の人間しかできない」ということを,私を含め,辞書に携わる者は常に頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。

辞書が改訂されると,必ず追加語,語義の例が紹介されますが,逆に旧版から削除された語が公表されることはまずありません。しかし,先にもふれたように,最新のデータをもとに既存の情報を吟味し,必要に応じて削るということは,辞書執筆者の「匠」としての腕の見せ所であり,毎日のように新語が追加されるオンライン辞書が決して真似できない,冊子辞書ならではの特徴と言えます。これからの冊子辞書は,新規収録された情報量に加え,収録を取りやめた情報量も競い合う時代になることが望まれます。

次回は,主に利用者,英語教員の立場から,辞書指導,辞書批評のあり方について考えてみたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


WISDOM in Depth: #33

2008年 8月 19日 火曜日 筆者: 井上 永幸
【編集部より】
『ウィズダム英和辞典』の紙面には収めきれなかった情報を,WISDOM in Depth と題して,編者・編集委員・執筆者の先生方にお書きいただきます。第33回は,編者の井上永幸先生の15回目です。

『ウィズダム英和辞典』と現代英語語法 (1)

−as in−

asは頻度が高い上,意味用法も多く,思い通りに使いこなすのはなかなか難しい。今回は,asの後に前置詞を伴う形,特にinを伴う形について見てみたい。

as は,『ウィズダム英和辞典』(第2版)〔s.v. as (接)2a〕にもあるように,様態を表して「…(する)ように,…(するの)と同様に,…とおりに」といった意で用いられることがあるが,前置詞を従えて,「…のような[に]」の意でも用いられる〔s.v. as (接)2a (語法)〕。同箇所から,as inの用例を引用しておこう。

(1) In science, as in life, simple questions rarely have simple answers. 科学においては, 人生におけるのと同じように, 単純な疑問に単純な答えがあるなんてめったにない

上のような用法は,接続詞用法のasの延長線上の用法で,文脈から明らかな部分が省略されているわけであるが,下に紹介する2つの用法は,上のような用法がさらに拡張されて用いられるようになったものである。

まず,1つ目は,例を挙げるときに,「(たとえば)Aみたいに」の意で用いられる用法である。上で挙げた「…におけるのと同様に」の意が,比較対象の意図を失い,理解を助けるための単なる例示機能に変化したものである。時に,後にコンマを伴うことがある。いくつか例を挙げておく。

(2) “Farther” is used when you mean distance—real distance, as in, “He can throw the ball farther than she can.”「farther」は距離, たとえば「彼は彼女よりも遠くへボールを投げられる」で使われているように実際のある距離をさす
—『ウィズダム英和辞典』(第2版)〔s.v. as, 成句 as in (A), (2)〕

(3) The position of customer service representative is an important one in a company. Some companies have only one person through whom all customers make contact. In other companies, there may be many—as in grocery stores and department stores. In these businesses, every salesperson represents the company. —Zuowski, J. et al. (1983) Between The Lines, Second Edition. Harcourt Brace & Company.

(4) General, mm, general, yes Is the, is the projected grant likely to go up at the same rate as in, as in nine ninety four, ninety five? There’s a sort of fifty percent increase, it seems a, you know, a huge increase, but is that going to settle down?
—British National Corpus, J3P

(5) According to a traditional definition of “information” about a stock (as in, a stock’s price reflects all the available information the market has about it), Piecyk’s report was not new.
—American National Corpus, Article247_4264

2 つ目は,話し言葉で,聞き手との共通知識を前提に,特定の事項を思い出させようとするときに「例の, あの」の意で用いられる。(2) - (5) で紹介した用法と違って,as inの独立性が高く,多くは文頭でコンマを伴って用いられる。また,(6) や (9) の例のように,話し手がすぐに思い出せないときに,“As in … (?)” と言うことによって,聞き手がその後を続けることを促すこともある。

(6) “I’ve got an e-mail from Bob.” “Bob? As in . . .” “As in, he’s going to be president.”「ボブから電子メールをもらったよ」「ボブですって, あの…」「あの, 次期社長のね」
—『ウィズダム英和辞典』(第2版)〔s.v. as, 成句 as in (A), (3)〕

(7)
TRU: You haven’t seen Mark, have you?
LINDSEY: As in, your ex? Why would he be here?
TRU: I invited him.
—Tru Calling, Episode 1-07

(8) (McPhee Residence — Jack is walking through the hall past Andie’s room when he hears her giving directions to someone on the phone. He stops outside her room as she hangs up.)
Andie: Okay, you take a left on Gilborne, and we’re the 3rd house on the left. So I’ll see you around 8 o’clock? Kate! Come on, you have to come. It’ll be so much fun. Besides, you have to get your mind off things, right? Okay great, I’ll see you then. Bye!
Jack: Kate. Kate who?
Andie: Kate Douglas. She’s coming up from Rhode Island for the weekend to crash with us.
Jack: Kate Douglas, as in, my ex-girlfriend?
—Dawson’s Creek, Episode 3-14

(9)
JACK: Sam! [Hands her a drink]
SAM: Thank you Sir.
HAMMOND: Colonel Jack O’Neill, Jacob Carter.
JACK: Carter? As in . . . ?
SAM: As in, my father Sir, yes.
—Stargate SG-1, 2X09

こういった用法は母語話者にとっては当たり前すぎて,英米のESL/EFL辞典でさえ抜け落ちることが多く,日本の英和辞典でも取り上げられていないことが少なくない。コーパスを分析すれば,母語話者によるESL/EFL辞典にも見られない内容を記述することができるようになるよい例であろう。


【筆者プロフィール】
井上 永幸 (いのうえ・ながゆき)

徳島大学総合科学部教授。
専門は英語学(現代英語の文法と語法),コーパス言語学,辞書学。
編纂に携わった辞書は『ジーニアス英和辞典初版』(大修館書店),『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版),『ニューセンチュリー和英辞典2版』(三省堂),『ジーニアス英和大辞典』(大修館書店)など多数。


iPhone/iPod touchでウィズダム英和/和英を

2008年 7月 13日 日曜日 筆者: 淳
★iPhoneとiPod touchで『ウィズダム英和・和英辞典』が使えます★

7月11日にアップルの iPhone 3G が日本でも発売となり,テレビにも取り上げられるなど大きな話題になっていますが,同機で使用できる辞書アプリケーションとして,『ウィズダム英和・和英辞典』も同日に App Store にて発売となりました(販売元:(株)物書堂)。
※当初の不具合等を修正したバージョン1.0.1がリリースされました。⇒物書堂サポートページへ

『ウィズダム英和・和英辞典』は『ウィズダム英和辞典 第2版』『ウィズダム和英辞典』をセットにした電子辞典。書籍でも好評をいただいている「ウィズダム」がiPhoneでもiPod touchでも使えるようになりました。物書堂のウェブサイトでも紹介されているように,レイアウトも美しく,動作も軽快,さらに発音も聞くことができる。辞書がより身近になります。

※タイトルにもありますように,このたび発売されたiPhoneだけでなく,iPod touchにも対応しています。

iPhone のサイトでも,おすすめアプリケーションとして紹介されています。
http://www.apple.com/jp/iphone/

製品の詳しい内容は,販売元の物書堂のウェブサイトをご覧ください。
http://www.monokakido.jp/iphone/wisdom.html

『ウィズダム英和辞典 第2版』『ウィズダム和英辞典』については以下をご覧ください。
http://wisdom.dual-d.net/index.html


WISDOM in Depth: #32

2008年 7月 8日 火曜日 筆者: 井上 永幸
【編集部より】
『ウィズダム英和辞典』の紙面には収めきれなかった情報を,WISDOM in Depth と題して,編者・編集委員・執筆者の先生方にお書きいただきます。第32回は,編者の井上永幸先生の14回目です。

コーパスで検証する (8)

−連語情報とスペースとの戦い−

辞書編集がスペースとの戦いであることは,WISDOM in Depth: #27でもふれた。スペースの制約を受けるのは,辞書の主役のひとつである用例も例外ではない。英語学習者が英語を発信しようとする場合,名詞であればどのような形容詞や動詞と用いられるのか,形容詞であればどのような名詞や副詞と用いられるのか,動詞であればどのような名詞や副詞と用いられるのかといった情報は欠かせないが,そういった情報はできれば用例として与えられるのが理想的である。しかしながら,約2,000ページという限られたスペースでは,十分な用例を示すことができない場合も少なくない。

『ウィズダム英和辞典』では,たとえば,動詞や形容詞では語義とともに,主語や目的語の位置にどのような名詞が現れるのかを示すため「〈人が〉」や「〈人〉を」といった選択制限表示を与えていることはもちろん,どのような副詞としばしば用いられるかといった情報を注記やコラムで示している。下のtalkの例を見られたい。

talk.png

連語する副詞の使用域等に差がある場合は,記述が複雑になりがちになるので,表現欄としてコラム化してある。特に高頻度のものは,太字の斜体にしてある。

go11.png

また,高頻度の用法については,「コーパスの窓」としてコラム化し,十分なヴァリエーションを示して学習の効率化を図った。

speaking.png

紙の辞書はスペースの制限があるが,第2版の刊行と同時に第2版利用者に無料で公開している『デュアル・ディクショナリー』では,事実上スペースの制限はないに等しいので,紙製版に比べて3,000用例を増加してある。今後ますます進化してゆく『デュアル・ディクショナリー』にもご期待いただければ幸いである。


【筆者プロフィール】
井上 永幸 (いのうえ・ながゆき)

徳島大学総合科学部教授。
専門は英語学(現代英語の文法と語法),コーパス言語学,辞書学。
編纂に携わった辞書は『ジーニアス英和辞典初版』(大修館書店),『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版),『ニューセンチュリー和英辞典2版』(三省堂),『ジーニアス英和大辞典』(大修館書店)など多数。


「ひとに優しい」辞書をめざして-英語辞書の「操作性」を考える-

2008年 6月 13日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (8)

Windowsが影も形もなかった約15~20年前のパソコンの多くは,ファイルをコピーする際には “copy bunsho.jxw a:\doc” というように,MS-DOSコマンドを手入力する必要がありました。「パソコンを使いたければ,時間をかけて操作を覚えなさい」という考えが当たり前だった時代なら,それでもよかったのかもしれません。しかし,最近では,パソコンはごく一部の専門家のものではなく,鉛筆やノートと同じような文房具として,「誰でも直感的に使える」ということが求められるようになってきました。アイコンをドラッグ&ドロップするだけでコピーできるようになったのも,パソコンがユーザー(利用者)に歩み寄った結果と言えます。

辞書についても同じことが言えます。たとえば,学習者向け英英辞典の中でも最も歴史のあるOALD (Oxford Advanced Learner’s Dictionary)の第3版(1974年)では,目的語に-ing形をとる他動詞は「VP (=Verb Pattern) 6D」と表記されていました(図1)。これだけでは何のことかさっぱり分かりませんが,巻末の動詞形一覧表で6Dのところを見ると,目的語に-ing形をとる形であることが分かります。辞書ユーザーにとっては,いちいち文型一覧表と照合しないといけないというのは非常に不便ですが,大量の情報を圧縮して収録することが辞書編纂で最優先されていた当時は,ユーザー側が努力して辞書の記述になじむしかなかったのです。

図1:OALD3(1974年)
sekiimg01.jpg

しかし,1980年代以降,各社から学習英英辞典が新刊行されるようになり,英語辞書学でも,辞書の「扱いやすさ」(user-friendliness)が盛んに議論されるようになってくると,辞書の記述も大きく変わってきます。たとえば,1989年に改訂されたOALDの第4版では,Tg(他動詞=vt.+-ing)のようになり(図2),さらに,第5版(1995年)は,V.ingと表記され(図3),初めて英英辞典を使う人でも直感的に理解できるようになりました。

日本の英和辞典の文型表記も,以前は5文型をもとにした表記がほとんどでしたが,最近の辞書は,海外の学習英英辞典にならい,英文法の知識がそれほどなくても理解できるような記述をした辞書が増えています。

図2:OALD4(1989年)
sekiimg02.jpg

図3:OALD5(1995年)
sekiimg03.jpg

文型表記に限らず,英和辞典の見やすさ,使いやすさは,ここ数十年で急速に改善されてきています。図4は1983年に刊行された『グローバル英和辞典』,図5は2004年に改訂された『グランドセンチュリー英和辞典』の紙面ですが,『グランドセンチュリー英和辞典』では,重要語,重要語義を色刷りにして大活字にしたり,多義語は冒頭に見取り図(「意味の窓」)を設けることで必要な語義を素早く検索できるようにするなど,使い勝手が大きく向上していることがわかります。

図4:『グローバル英和辞典』(初版:1983年)
20080610133134.jpg

図5:『グランドセンチュリー英和辞典』(第2版:2004年)
20080610133136.jpg

電子辞書は“ユーザーフレンドリー”か?

冊子辞書の操作性が急速に進歩する一方で,最近は電子辞書が中学,高校の教育現場まで浸透してきています。「求める単語を素早く引きたい」という,昔から辞書ユーザーが誰でも抱く根本的なニーズに応えた電子辞書は,辞書の操作性を大幅に向上させたと言えるかもしれません。

しかし,電子辞書は,液晶画面というハードウェアの制約もあり,冊子辞書の見やすさには足元にも及びません。意外に感じるかもしれませんが,数十万色を再現できるカラー液晶を搭載した高級機種でも,カラーで表示されるのは主に図版に限られており,冊子辞書のように重要な見出し語や語義がカラーで表示される機種はまだ出ていません。冊子辞書がこの20年間で格段に見やすくなっているのに,最新の電子辞書でさえ,それにまだ追いつけていないのです。検索時間が速くなっても,辞書の情報を読み取るのに冊子辞書以上に時間がかかっては元も子もありません。

私たち教員は,「辞書をじっくり読みなさい」と授業で口を酸っぱくして言いますが,電子辞書の液晶画面に表示される膨大な情報を持てあまし,結局は受験単語集と同じように訳語だけざっと見て終わりにする生徒が昔以上に増えているように思います。電子辞書の時代だからこそ,冊子辞書ならではの「ユーザーにとっての使いやすさ」を生徒に紹介し,「冊子辞書は,思ったより見やすい,使いやすい」と生徒に感じてもらう辞書指導が望まれているのではないでしょうか。

次回は,日本の英和辞典にも大きな影響を及ぼした,海外各社の学習英英辞典をとりあげながら,高校生でも使える英英辞典の使い方,英和辞典との使い分け方などをとりあげたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


次のページ »