『フランスAOCワイン事典』刊行記念イベント報告

2009年 10月 9日 金曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

10月2日(金)の18時30分~22時、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて、『フランスAOCワイン事典』刊行記念ミニ試飲会を行いました。

編者である佐藤秀良先生と須藤海芳子先生のアドバイスを聞きながら、コトー・デュ・トリカスタンやボルドーなど、事典で紹介されているAOCワインを試飲していただくイベントです。10分程度のセミナーも全部で3回開催しました。

セミナーでは、「ワインの特徴」や「テロワール」の執筆をご担当された佐藤先生が、ボルドーとブルゴーニュの飲み比べや、ボージョレーのクリュの飲み比べなど、テイスティングの基礎をお話しくださいました。右手と左手にボルドーとブルゴーニュを持って、色、香り、味わいを比較してみると、事典に書いてある通りの特徴が実感できます。

ボージョレーの飲み比べでは、製造方法による味わいの違いを丁寧にご説明くださったうえで、日本ではまだ認知度の低いヌーヴォー(新酒)以外のボージョレーの魅力もご紹介くださいました。

主にワインにまつわるエピソードをご執筆くださった須藤先生は、AOCという制度がいかに厳しいものであるか、「シャンパーニュ」訴訟の例をあげてわかりやすく説明してくださいました(詳しくは須藤先生のコラムをご参照ください⇒コラムへ)。また、ピカソやナポレオンのエピソードを例にあげ、ワインが造られた土地の文化や歴史などを知ることで、ワインを飲む時間がいっそう豊かで楽しくなるというお話をしてくださいました。

プロのアドバイスを聞きながらワインを試飲する機会はあまりないせいか、お客様が熱心に先生方のお話を聞いていらっしゃるのが印象的でした。セミナーの後では、会場にいらっしゃる先生方に直接質問をすることができましたので、ワインについての知識を深めていただけたことと思います。また、イベントを通して「ワインを片手に楽しむ事典」という本書のコンセプトをみなさまにお伝えできたのではないかと思います。当日ご来店いただいたみなさま、ありがとうございました。たくさんの方々にご来場いただき、盛況のうちにイベントを終了することができました。

なお、このイベントは株式会社日本リカーの協賛により開催されました。

* * *

◆原産地を名乗れる400種あまりのフランスAOCワインのほとんどを網羅した待望の事典。
◆産地の歴史・文化や、ワインの特徴、テロワールについて詳細に解説。
◆ブドウ品種などデータも充実。
◆付録には、産地地図、用語集、地質年代表など。
◆アルファベット順索引、五十音順索引つき。
◆ボトル画像つき。4色刷。

フランスAOCワイン事典
監修:小阪田嘉昭 編:佐藤秀良・須藤海芳子・河 清美
AB判 416ページ 5,250円(本体5,000)円
ISBN 978-4-385-16220-1

詳しい情報は⇒『フランスAOCワイン事典』のページへ

見本ページは⇒『フランスAOCワイン事典』内容見本へ


事典タイトル一覧

2007年 8月 20日 月曜日 筆者: 辞書ウェブ 編集部

事典へのリンクです。

人文社会科学

自然科学

ことば

くらし

俳句・短歌・詩歌


次のページ »