【季節のことば】大寒

2008年 1月 21日 月曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。「小寒の氷 大寒に解く」ということばもありますが…

だい かん 【大寒】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「二十四節気の一。太陽の黄経が300度に達した時をいい、現行の太陽暦で1月20日頃に当たる。1年で最も寒い季節。一二月中気。[季語]冬。→小寒」とあります。

いつごろのことを言うの?

「大寒」は上にあるように毎年1月20日ごろ、またはその日から「立春」までの間のことをいいます。

時候のあいさつに使うなら…

「大寒の候」「大寒の砌(みぎり)」など
「大寒をすぎ、心なしか春の訪れを告げる兆しが感じられるころとなりました」というのも使われるようです。

ちなみに…

「小寒の氷 大寒に解く」とは「寒さの最も厳しいはずの大寒が、小寒よりも暖かなことにいう。物事が必ずしも順序どおりにゆかないことのたとえ。」と『大辞林 第三版』に出ています。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】冬至

2007年 12月 22日 土曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。今日は「冬至」です。一年で一番夜の長いこの日、皆さんは何をして過ごしますか?

とう じ 【冬至】

どういう意味?

『三省堂国語辞典 第六版』によると「〔天〕二十四節気の一つ。太陽が赤道から南へいちばん はなれたとき。北半球では、一年じゅうで昼の時間が いちばん短い。毎年十二月二十二日ごろ。ゆず湯をたてたり、カボチャを食べたりする習慣がある。(⇔夏至(ゲシ))」とあります。

もう少し詳しく…

『全訳漢辞海 第二版』で「至」をひいてみると「(名)一年間で最長日と最短日。「夏至」「冬至」」とあります。「至」は「極点に達したさま」をあらわす字です。「冬まっただなか」の意を表します。とはいえ「冬至冬中冬はじめ」(「冬至は暦の上では冬のさ中にあるが、本当の冬の厳しさはこれから始まる、ということ。」『大辞林 第三版』)という言い方もあるように、寒さの本番はこれからです。

いつごろのことを言うの?

先に書いた通り、例年十二月二十二日ごろです。

時候のあいさつに使うなら…

「冬至」そのものを使うことはあまりありませんが、その昼間の短さをあらわして「短日の候」というふうに使うことがあります。

ちなみに…

『三省堂国語辞典 第六版』他書を比べてみると、「二十四節気の一つ」「一年で一番昼の時間が短い」という記述はどれにもあるのですが、「ゆず湯をたてたり、カボチャを食べたりする習慣がある」と載っているのは『三省堂国語辞典』ならでは。生活に密着した情報を載せることで、その語のイメージを鮮やかにします。そして簡潔な語釈。中学生から社会人の方まで幅広い層の方からご支持いただき、「生きのよい」辞書としてこれまでも好評をいただいておりましたが、このたび全面改訂第六版を刊行いたしました。詳しくは⇒『三省堂国語辞典 第六版』のページをご覧ください。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】大雪

2007年 12月 6日 木曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。

たい せつ 【大雪】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「①激しく降る雪。多く降り積もった雪。おおゆき。②二十四節気の一。太陽の黄経が255度に達した時をいい、太陽暦で12月8日頃に当たる。陰暦では一一月節気。→小雪」とあります。

もう少し詳しく…

「小雪」の次は「大雪」。『大辞林』の①にあるような「おおゆき」が降り、根雪として残るころのことですが、このごろはこれとずれてきていますね。この日から一層寒さが厳しくなります。

いつごろのことを言うの?

2007年は明日12月7日が「大雪」です。また、冬至(今年は12月22日)までのことを言うこともあります。

時候のあいさつに使うなら…

「大雪の候」と使うこともあります。

ちなみに…

タイセツ? ダイセツ?

実は、『新明解国語辞典 第六版』では「だいせつ」として立項されています。「大雪山」とすると北海道中央部にある火山群のことになりますが、こちらも「たいせつざん」「だいせつざん」の読みがあります。国立公園ホームページでは「だいせつざん」とルビが振られています。

二十四節気とは…

二十四節気は二十四気(にじゅうしき)ともいい、『新明解国語辞典 第六版』に「黄経〔=太陽の黄道上の位置〕によって、一年を二十四〔=各十五日〕に区分した、中国伝来の陰暦の季節区分。二十四節。二十四節気。節気。」とあるように、古く中国から日本に入ったものです。中国の黄河流域の気候に合わせた言葉であるため、日本の気候とは若干ずれますが、立春・立秋・春分・秋分・冬至・夏至など、日本の風習のなかによく取り入れられています。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】小雪

2007年 11月 22日 木曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。明日は2007年11月23日、「小雪」にあたります。

しょう せつ 【小雪】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「二十四節気の一。太陽の黄経が240度になる時。現行の太陽暦で11月23日頃。十月中気。→大雪(たいせつ)」とあります。

もう少し詳しく…

『新明解国語辞典 第六版』には「二十四(節)気の一。陽暦十一月二十三日ごろ。根雪とはならぬ程度の雪に見舞われる時分の意。」とあり、どのような雪のことかわかります。

いつごろのことを言うの?

今年は11月23日です。また「大雪」(12月7日)までの間を言います。なお、来年は11月22日が小雪です。

時候のあいさつに使うなら…

「小雪の候」と使うこともあります。

ちなみに…

小雪のころ

『三省堂WebDictionary』(*)は全文検索が可能です。「小雪」と入れて検索してみると『大辞林』の検索結果に「液雨」という表現が出てきます。これは「陰暦10月頃降る雨。しぐれ。立冬後一〇日を入液、小雪(しょうせつ)を出液と呼び、この間に降る雨。」と書いてあります。このように、語釈に出てくる語が探せると周辺の情報を得ることができます(検索のコツが必要ですし、ノイズもそれなりに拾ってしまうので、情報を取捨選択する能力もつきます)。

二十四節気とは…

二十四節気は二十四気(にじゅうしき)ともいい、『新明解国語辞典 第六版』に「黄経〔=太陽の黄道上の位置〕によって、一年を二十四〔=各十五日〕に区分した、中国伝来の陰暦の季節区分。二十四節。二十四節気。節気。」とあるように、古く中国から日本に入ったものです。中国の黄河流域の気候に合わせた言葉であるため、日本の気候とは若干ずれますが、立春・立秋・春分・秋分・冬至・夏至など、日本の風習のなかによく取り入れられています。

(*)『三省堂WebDictionary』は年額¥3,150(半年なら¥1,575)で見出し語総数170万語、17タイトルのWeb辞書検索サービスをご利用いただけるサービスです。9月末に待望のリニューアルを果たし、より利便性の高いサービスとなりました。『三省堂WebDictionary』では複数の辞書を同時にひくことができ、また、『スーパー大辞林3.0』『グランドコンサイス英和』『グランドコンサイス和英』の3タイトルについては、随時更新を行っているため、最新の情報を得ることができます。まずは『デイリーコンサイス国語辞典 第3版』『デイリーコンサイス英和辞典 第6版』『デイリーコンサイス和英辞典 第5版』が検索できる無料版をお試しください。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】立冬

2007年 11月 7日 水曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。明日は11月8日。「立冬」です。

りっ とう 【立冬】

どういう意味?

『大辞林 第三版』では「二十四節気の一。太陽の黄経が225度に達する時をいい、太陽暦で11月8日ごろ。十月節気。「冬立つ」ともいう。[季語]冬。《風ひびき ─ の不二痩て立つ / 水原秋桜子 》」とあります。

もう少し詳しく…

「立春」「立夏」「立秋」も、それぞれ「立」がついて、その季節の始まりを意味します。『新明解国語辞典 第六版』で「りつ」をひいてみると赤い文字で「りつ(立・律)→【字音語の造語成分】」とあります。そして、すぐ近くに赤い囲みで「立」「律」について造語成分となるときのその漢字の意味が書いてあります。たとえば「立」には「季節の変わり目になる」というふうに。

いつごろのことを言うの?

『大辞林』にあるように、太陽暦では例年11月8日ごろです。

時候のあいさつに使うなら…

「立冬の候」「立冬の砌(みぎり)」のほかに、しばらくすると「立冬も過ぎ…」という表現も使われます。

ちなみに…

今朝の冬

『ホトトギス新歳時記 改訂版』を見ると「立冬」の項には「今朝の冬」「冬立つ」「冬に入(い)る」「冬来(きた)る」と挙げられています。あとの三つは想像がつくとして「今朝の冬」も「立冬」のこととは! と思って『大辞林 第三版』をひいてみると、ここにも「俳句で、立冬の日の朝。引き締まった寒さの感慨をいう語。[季語]冬。」とあります。「今朝の春」もありますが、こちらは新年元日になります(陰暦では新年と立春は同じころだったため)。

二十四節気とは…

二十四節気は二十四気(にじゅうしき)ともいい、『新明解国語辞典 第六版』に「黄経〔=太陽の黄道上の位置〕によって、一年を二十四〔=各十五日〕に区分した、中国伝来の陰暦の季節区分。二十四節。二十四節気。節気。」とあるように、古く中国から日本に入ったものです。中国の黄河流域の気候に合わせた言葉であるため、日本の気候とは若干ずれますが、立春・立秋・春分・秋分・冬至・夏至など、日本の風習のなかによく取り入れられています。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】十三夜

2007年 10月 23日 火曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。

じゅうさん や 【十三夜】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「①陰暦13日の夜。②陰暦9月13日の夜。月をまつり、枝豆や栗を供えることが多いことから8月十五夜の月を芋名月というのに対して、豆名月・栗名月とも、また「後(のち)の月」ともよばれる。十五夜・十三夜の一方の月見を欠かすことを片月見といって忌む風がある。日本固有の習俗で、かつては秋の収穫祭の一つだったと考えられている。[季語]秋。《みちのくの如く寒しや ─ / 山口青邨 》」とあります。

もう少し詳しく…

『ホトトギス新歳時記 改訂版』の「後の月」の項にもやはり同じように「陰暦九月十三日夜の月をいう。八月十五夜の月に対して後の月というのである。後の月を賞するのはわが国だけのことで、とくに十三夜を祀る理由は諸説があって定かではない。すでに肌寒を覚えるころで、月光もいよいよ澄みわたる感じがある。栗や大豆が熟れる時季にあたるのでこれを供え、栗名月(くりめいげつ)、豆名月(まめめいげつ)ともいう。十三夜(じふさんや)。」とあります。

いつごろのことを言うの?

『大辞林』にもあるように、陰暦9月13日のこと。今年2007年は今日10月23日が「十三夜」です。

ちなみに…

「十」の読みかた

【季節のことば】秋土用

2007年 10月 21日 日曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。今日10月21日は「秋土用」の入りです。

あき どよう 【秋土用】

どういう意味?

『大辞林 第三版』の「土用」には「①〔陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水に配し、土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことからいう〕二十四節気中の立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間。②特に、夏の土用のこと。7月20日頃から立秋の前日までの一年中で最も暑い時期。[季語]夏。」とあります。

もう少し詳しく…

『大辞林』の解説にあるように、木は春、火は夏、金は秋、水は冬と五行説ではあてはめれれていますが、土の気にあたるものがなく、季節の変わりめが「土」にあてはめられ、それが「土用」といわれるようになりました。夏だけでなく、各季節の変わりめにあるものです。

いつごろのことを言うの?

今年は、本日10月21日から11月7日までが「秋土用」です。11月8日になると、「立冬」。暦の上では冬となります。

時候のあいさつに使うなら…

「土用の入りとなり…」「土用明けの…」という表現はやはり「秋」へ移り変わるときの「夏土用」の表現です。ふさわしくありません。

ちなみに…

「三省堂デュアル・ディクショナリー」のWeb版『大辞林 第三版』で検索窓に「土用」と入力し、「部分一致」を選択して検索すると(*)、左側の検索結果には「かんにかたびらどようにぬのこ[寒に帷子土用に布子]」「じゅうくどよう[十九土用]」「せったのどようぼし[雪駄の土用干し]」……というふうに、「土用」が含まれている語が表示されますが、そのほとんどが夏土用のことをさしています。

(*)「三省堂デュアル・ディクショナリー」のWeb版を使用するには対象辞書(ここでは『大辞林 第三版』)を御購入の上、登録手続きが必要です。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】寒露

2007年 10月 8日 月曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。明日10月9日は「寒露」です。

かん ろ 【寒露】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「①二十四節気の一。太陽の黄経が195度に達した時をいい、現行の太陽暦では10月8日頃。露が冷たく感じられる時季。9月節気。②晩秋から初冬の頃の露。冷たい露。」とあります。

もう少し詳しく…

「白露」(バックナンバー9/7)では「大気が冷え、草木に露が置くようになるのが「白露」」と書いていますが、その大気がさらに冷えて、露がおりるだけでなく冷たくなるころが「寒露」です。

いつごろのことを言うの?

今年は10月9日ですが、例年10月8日前後になります。また、10月9日から24日(霜降)までを言うこともあります。

時候のあいさつに使うなら…

「寒露の候」とすれば時候のあいさつにも使うことができます。

ちなみに…

「清秋」(バックナンバー10/6)のところでやったように、「青空文庫」のサイト内検索で「寒露」をひいてみると……。
国木田独歩の「武蔵野」に「九月十九日――「朝、空曇り風死す、冷霧寒露、虫声しげし、天地の心なお目さめぬがごとし」」、島崎藤村の「夜明け前 第一部上」には「年々寒露(かんろ)の節に入る日を会日と定め、金二分とか、金半分とかの会費を持ち寄って、地方にいて書籍を購読するための書籍講というものを思い立つものもある。」のように使われているのがわかります。
前者によって「寒露」の寒そうな寂しそうな様子が想像できます。後者は「寒露」が「節」であることがわかります。いまいちわからないことばがあるときに、コーパスは用例を示してくれるので役に立ちます。ただ今回はうまく出てきましたが、前回も書いたようにある程度のバランスと量とそれを判断する目が必要なようです。

二十四節気とは…

二十四節気は二十四気(にじゅうしき)ともいい、『新明解国語辞典 第六版』に「黄経〔=太陽の黄道上の位置〕によって、一年を二十四〔=各十五日〕に区分した、中国伝来の陰暦の季節区分。二十四節。二十四節気。節気。」とあるように、古く中国から日本に入ったものです。中国の黄河流域の気候に合わせた言葉であるため、日本の気候とは若干ずれますが、立春・立秋・春分・秋分・冬至・夏至など、日本の風習のなかによく取り入れられています。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】秋霖

2007年 10月 2日 火曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。

しゅう りん 【秋霖】

どういう意味?

『大辞林 第三版』をひくと、「秋、幾日にもわたって降り続く雨。秋の長雨。[季語]秋。」とあります。

もう少し詳しく…

「霖」という字の意味を『全訳漢辞海 第二版』でひきましょう。すると「①三日以上降り続く雨」とあります。この「霖」は常用漢字表外であり、たんに「秋雨」「秋の長雨」と書き換えられることもあるようです。

いつごろのことを言うの?

気象庁の予報用語解説「季節現象」で「秋雨」のところを見ると、「おおむね、8月後半から10月にかけての現象だが、地域差がある」と書いてあります。秋にじとじとと雨が降っているとき、まさしくそのころが「秋霖の候」です。

ちなみに…

「三省堂デュアル・ディクショナリー」のWeb版『大辞林 第三版』で「秋霖」を検索すると(*)、語釈の後に[類語情報]というボタンが二つ表示されます。一方は「春雨」と「秋雨」の表現。もう一方は「長く降り続く雨」の表現。『大辞林』に載っているだけでも、「陰雨」「宿雨」「積雨」「連雨」…など趣のある語がたくさんあります。
(*)「三省堂デュアル・ディクショナリー」のWeb版を使用するには対象辞書(ここでは『大辞林 第三版』)を御購入の上、登録手続きが必要です。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


【季節のことば】中秋

2007年 9月 25日 火曜日 筆者: ogm

「時候のあいさつ」の番外編、「季節のことば」では古くから伝えられてきた表現を解説。
今日は「中秋」。安定しない天気が続いていますが、今夜は名月が見られるでしょうか。

ちゅう しゅう 【中秋】

どういう意味?

『大辞林 第三版』には「①〔「ちゅうじゅう」とも〕陰暦8月15日の称。月見をする。「―の名月」②「ちゅうしゅう(仲秋)」に同じ。「真金葉は深き秋の紅葉の如し、虎魄葉は─黄葉の如し / 栄花 音楽」」とあります。

もう少し詳しく…

「仲秋」(バックナンバー9/12)でも触れましたが、「中秋」には『大辞林』にある通り陰暦8月と陰暦8月15日をさします。「仲秋」は陰暦8月をさしますが、陰暦8月15日だけをさすことはありません。

いつごろのことを言うの?

2007年は今日9月25日です。来年は9月14日が旧暦8月15日になります。

ちなみに…

『全訳漢辞海 第二版』で「中」と「仲」とをひいてみると、「仲」のほうには「[日本語用法]なか。人と人との間柄。古くは「中」と書いた」とあります。
この[日本語用法]とは何かというと、『漢辞海』の「本辞典のねらいと特色」(p.5)に以下のようにあります。

漢字が日本に導入されてから、長い歴史とともに独自の意味用法が定着してきており、日本人の言語生活には不可欠の要素となっている。そこでこれを[日本語用法]として、古代漢語の語義とは明確に区分して記述した。一方、漢文理解の観点からいえば、むしろこうした日本語用法的な意味を頭の中から追い払ってこそ、正確な漢文解釈ができることをも意味する。

その字の日本語としての役割を十分理解することで、漢文を読む際にも役立つ。学習用にはもちろんのことですが、スピーチに使う漢詩の意味を確かめたいときなどにも最適な辞書です。

バックナンバーは…

右サイドバー「キーワード一覧」より「季節のことば」をクリックしてください。


次のページ »