明解PISA大事典:発問 結果から原因の推論

2009年 9月 11日 金曜日 筆者: 北川 達夫

第18回 発問:問題解決プロセスの続き

 前回はフィンランド国語教科書(3年生)の素材文を用いて、問題解決の「きっかけ」づくりについて説明した。「きっかけ」だけを説明して終わるのも奇妙なので、引き続き問題解決プロセスの進めかたについて説明することにしよう。念のため素材文を再掲する(*)

●物語「ちょうど35キロ」のあらすじ●

 学校でバザーが開かれている。バザー会場に体重計があり、おじさんが呼びこみをやっている。料金1ユーロで体重を計測し、ちょうど35キロであれば賞品がもらえるとのこと。ユッシ少年の体重は36.5キロ、ラミ少年の体重は33.5キロで、いずれも賞品を獲得できない。そこでユッシは目的を告げぬまま、ラミにレモネードを1.5リットル飲ませる。わけのわからぬままラミはレモネードを飲み、体重計に乗る。ちょうど35キロ! みごと賞品を獲得する。レモネードを飲みすぎて気持ち悪くなったラミが受け取った賞品は、レモネード一箱だった。

 この物語の“問題と解決例”は「体重を35キロにすること」、解決策は「(体重33.5キロの)ラミにレモネードを1.5リットル飲ませる」と設定した。

 ここでフィンランド国語教科書に示された発問の②と③を見てみよう。

「ラミが素直な性格で、ほかの人に言われたとおりにすることは、この話の、どこの部分で分かりますか」
「ユッシが算数が得意であることは、この話の、どこの部分でわかりますか」

 このような発問を「結果から原因の推論」という。「ラミは素直な性格だ」という解釈の“結果”を示し、そのような解釈を成り立たせる“情報(原因)”を文中から探させるのである。文中から解釈の根拠となる情報を取り出させるのだから、いずれもPISAでいえば「情報の取り出し」の発問になる。

 日本であれば「ラミはどういう性格ですか?」と問うところだろう。このような発問を「原因から結果の推論」という。ラミがどういう性格かを推論するためには、まず文中からラミの性格を示す“情報(原因)”を拾い、それらの情報と自分の知識や経験とを関連付けて推論し、ラミの性格に関する解釈の“結果”を示さなければならないからだ。

 欧米の読解教育では、このような「結果から原因」「原因から結果」という双方向の推論が重視されている。特に小学校の低学年のうちは、「結果から原因」の推論が重要だとされている。「ラミはどういう性格ですか?」という発問よりも、「ラミが素直な性格で、ほかの人に言われたとおりにすることは、この話の、どこの部分で分かりますか」という発問のほうが重要ということだ。

 これには大まかにいって、次の二つの理由がある。

1.子どもの思考と語彙の枠を拡げる

 小学校低学年では使いこなせる語彙が限られている。そのため「ラミはどういう性格ですか?」と問われると、情報を縮約して答える傾向がある。つまり、「良い子です」とか「悪い子です」など、極端に単純化して答えてしまう。そこで、子どもが自力では思いつかないような解釈を示し、その解釈について考えさせることによって、子どもの思考の枠を拡げると同時に、使いこなせる語彙の枠も広げようというのである。

2.他者の意見の成り立ちを考える

 「結果から原因」の推論について、PISAなら次のように問うところである。

●この物語を読んだジョンは次のように言いました。
「ラミは素直な性格なんだね」
この意見の理由を言うとすると、ジョンはどのようなことを言ったらよいと思いますか。
文章の内容にふれながら答えてください。

 発問の求める作業内容はほとんど同じなのだが、発問の目的はこちらのほうが明確だろう。つまり、「他者の意見」を示し、その成り立ちを考えさせることが目的なのである。「自分の意見」を求めているのではない。「他者の意見」を成り立たせることを求めているのだ。これはコミュニケーション教育としての意味合いが強い。他者の意見の成り立ちを推論することは、コミュニケーションにおいては重要な技能だからだ。このあたりについて詳しくは、いずれ章を改めて紹介することにしよう。

 もうひとつ、ここでの問題解決プロセスにおいては、これらの発問には「解決策を成り立たせている条件に気付かせる」という意味がある。

3.解決策を成り立たせている条件

 「体重を35キロにする」という問題を解決するために「(体重33.5キロの)ラミにレモネードを1.5リットル飲ませる」という手段をとるには、「ラミが素直で、人に言われたとおりにすること」「ユッシは算数が得意であること」という二つの条件が必要である。どちらが欠けても物語通りには話が進まなくなってしまう。物語に示された解決策が特定の条件下で成り立っていることに気付くかどうか。その気付きへの“きっかけ”となる発問なのである。ここから派生する発問として次のようなものがある。

「ラミがレモネードを飲むのをいやがった場合、ユッシはどうしたらよいと思いますか」

 ラミについての条件が欠けた場合、ユッシはどうすればいいのか。ラミを説得してレモネードを飲ませるか(物語では『わけのわからぬまま』レモネードを飲んでいる)、それとも他の方法を考えるか。さまざまな答えが可能だろう。

 物語に示された解決策以外の方法を模索し、そこから最善の解決策を見出せれば問題解決プロセスは完結である。これについては次回

* * *

(*)『フィンランド国語教科書 小学3年生』pp80-81 メルヴィ・バレ他著/北川達夫訳/経済界 2006年

* * *

◇この問題の前へ⇒第17回 発問 問題解決型の読解問題作法「「なぜ?」の連鎖」

◇この問題の続きへ⇒第19回 発問 最善の解決策を模索する「問題解決プロセスの完結」

◆この連載を最新記事からお読みになる方は⇒「明解PISA大事典」アーカイブへ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「明解PISA大事典」目次へ

【プロフィール】

北川達夫(きたがわ・たつお)
教材作家・教育コンサルタント・チェンバロ奏者・武芸者・漢学生
(財)文字・活字文化推進機構調査研究委員
日本教育大学院大学客員教授
1966年東京生まれ。英・仏・中・芬・典・愛沙語の通訳・翻訳家として活動しつつ、フィンランドで「母語と文学」科の教科教育法と教材作法を学ぶ。国際的な教材作家として日芬をはじめ、旧中・東欧圏の教科書・教材制作に携わるとともに、各地の学校を巡り、グローバル・スタンダードの言語教育を指導している。詳しいプロフィールはこちら⇒『ニッポンには対話がない』情報ページ
著書に、『知的英語の習得術』(学習研究社 2003)、『「論理力」がカンタンに身につく本』(大和出版 2004)、『図解フィンランド・メソッド入門』(経済界 2005)、『知的英語センスが身につく名文音読』(学習研究社 2005)、編訳書に「フィンランド国語教科書」シリーズ(経済界 2005 ~ 2008)、対談集に演出家・平田オリザさんとの対談『ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生』(三省堂 2008)組織開発デザイナー・清宮普美代さんとの対談『対話流―未来を生みだすコミュニケーション』(三省堂 2009★新刊★)など。
『週刊 東洋経済』にて「わかりあえない時代の『対話力』入門」連載中。

* * *

【編集部から】
学習指導要領の改訂に大きく影響したPISAってなに?
PISA型読解力ってどんな力なの?
言語力、言語活動の重視って? これまでとどう違う?
現代の教育観は変わってきたのか。変わってきたとしたら、そこにどんな経緯があるのか。
国際的に活躍する教材作家である北川達夫先生がやさしく解説する連載「明解PISA大事典」。金曜日に掲載しています。


明解PISA大事典:発問2 「解釈」というか「推論」

2009年 6月 26日 金曜日 筆者: 北川 達夫

第8回 発問2:「解釈」というか「推論」

 今回は「解釈」である。

 「解釈」といっても、英文や古文の解釈のように「意味や内容を明らかにして解きほぐすこと」ではない。欧米型の読解教育で「解釈」といえば「推論」を意味するのである。

 実は「情報の取り出し」と「解釈」とは表裏の関係にある。

 前回の事例を復習しよう。「隣国の独裁者が重病らしい」という風説について、それを裏づけるような事実――たとえば「最近、独裁者は公的な場に姿を現していない」「某国の医師団が招聘された」などの情報を集める活動がPISAの「情報の取り出し」であった。

 これに対して、PISAの「解釈」とは、「最近、独裁者は公的な場に姿を現していない」「某国の医師団が招聘された」などの情報を手がかりにして、独裁者がどのような状態にあるのかを推理する活動なのである。

 PISAの読解力の発問風にいえば、

◆情報の取り出し
「この課題文を読んだ人が『独裁者は重病らしいね』と言いました。この人の考えを裏づけるような事実を課題文から挙げてください」

◆解釈
「独裁者はどのような状態にあると思いますか。そのように考えた理由を課題文の内容にふれながら説明してください(*)

 つまり、(仮定された)結論から前提となる事実を導き出すのが「情報の取り出し」。それとは逆に、前提となる事実から結論を導き出すのが「解釈」ということだ。これは「情報の取り出し」が帰納的推論であり、「解釈」が演繹的推論であることを意味する。

 難しい言葉はさておき、要するに「情報の取り出し」にせよ「解釈」にせよ「推論」なのである。前回のうちに「情報の取り出しは(帰納的)推論である」と定義してもよかったのだが、「解釈」と表裏の関係にあることを強調したいがために今回まで引っぱってしまった。もうしわけない。

 PISAの背景にある欧米型の読解教育において、「推論」は特に重視されている技能である。もちろん「推論」をするためには、まずテキストの内容を文字通り正確に読み取ることが必要不可欠である。ただ、文字通り正確に読み取ることは必要だが、文字通りにしか理解できないようでも困る。「まんじゅうこわい」と書いてあるからといって、本心がその通りとは限らないからだ。作者や筆者の真意は必ずしも明確に書かれてはいない。そこを読み取るために「推論」が必要なのである。

 物語文を読む場合であれば、主要な登場人物の言動や心情について「推論」を積み重ねる。主要な出来事の背景事情について「推論」を積み重ねる。「推論」を積み重ねるうちに、すべての「前提」と「結論」の基礎をなす「大前提」の存在が明らかになってくる。ここでいう「大前提」とは、作者の主張であり、主張の背景にある発想であり、発想の根底にある価値観のことだ。

 たとえば桃太郎のような勧善懲悪の物語から、「主人公は正義の存在だから、不義の存在に打ち勝ったのだ」という主張を見出す。この主張は「正義は不義に勝つ」という発想を大前提としている。さらに、この発想の根底には「正義」を第一に考える価値観が大々前提として横たわっている。もちろんこれは推論の連鎖であって、絶対的なものでもなければ、確定的なものでもない。とはいえ、このようにして作者の真意(と思われるもの)を明らかにしていくのである。

 作者や筆者の真意を受け止めて初めて、それを評価し、自分の主張へとつなげていくことができる。次の「熟考と評価」の活動に移ることができるのである。

 「熟考と評価」については次回――。

* * *

(*)「課題文の内容にふれながら」というのはPISA日本語版独特のもので、「refer to the text」の訳句。「課題文から根拠となる事実を挙げて」という意味である。それならば最初から「課題文から根拠となる事実を挙げて」と訳せばよさそうなものだが、これは「use evidence from the text to support (your answer)」の訳句なので、そこまでやったら「日本人に有利なように意訳しすぎ」になってしまう。

* * *

◆この連載を最新記事からお読みになる方は⇒「明解PISA大事典」アーカイブへ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「明解PISA大事典」目次へ

【プロフィール】

北川達夫(きたがわ・たつお)
教材作家・教育コンサルタント・チェンバロ奏者・武芸者・漢学生
(財)文字・活字文化推進機構調査研究委員
日本教育大学院大学客員教授
1966年東京生まれ。英・仏・中・芬・典・愛沙語の通訳・翻訳家として活動しつつ、フィンランドで「母語と文学」科の教科教育法と教材作法を学ぶ。国際的な教材作家として日芬をはじめ、旧中・東欧圏の教科書・教材制作に携わるとともに、各地の学校を巡り、グローバル・スタンダードの言語教育を指導している。詳しいプロフィールはこちら⇒『ニッポンには対話がない』情報ページ
著書に、『知的英語の習得術』(学習研究社 2003)、『「論理力」がカンタンに身につく本』(大和出版 2004)、『図解フィンランド・メソッド入門』(経済界 2005)、『知的英語センスが身につく名文音読』(学習研究社 2005)、編訳書に「フィンランド国語教科書」シリーズ(経済界 2005 ~ 2008)、対談集に演出家・平田オリザさんとの対談『ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生』(三省堂 2008)組織開発デザイナー・清宮普美代さんとの対談『対話流―未来を生みだすコミュニケーション』(三省堂 2009★新刊★)など。
『週刊 東洋経済』にて「わかりあえない時代の『対話力』入門」連載中。

* * *

【編集部から】
学習指導要領の改訂に大きく影響したPISAってなに?
PISA型読解力ってどんな力なの?
言語力、言語活動の重視って? これまでとどう違う?
現代の教育観は変わってきたのか。変わってきたとしたら、そこにどんな経緯があるのか。
国際的に活躍する教材作家である北川達夫先生がやさしく解説する連載「明解PISA大事典」。金曜日に掲載しています。


明解PISA大事典:発問1 “情報の取り出し”はスパイのおしごと

2009年 6月 19日 金曜日 筆者: 北川 達夫

第7回 発問1:“情報の取り出し”はスパイのおしごと

 PISAの読解力には「情報の取り出し」「解釈」「熟考と評価」という、3つの発問の区分がある。今回から3回にわたって、そのひとつひとつについて大まかに紹介することにしよう。今回は「情報の取り出し」である。

 日本で「情報の取り出し」というと、テキストの重要な情報を一問一答で確認する作業を思い浮かべる人が多いようだ。物語文ならば5W1Hを押さえるというように。

 たしかにテキストの重要な情報を押さえることは大切だ。これはPISAでも変わらない。だが、PISAで5W1Hが問われることはない。いや、正確には、情報の問いかたが日本の国語とPISAの読解力では根本的に異なる。そもそも「情報」のとらえかたが大きく異なるからだ。

 実はPISAの「情報の取り出し」はスパイの仕事と同じである。

 たとえば「隣国の独裁者が重病らしい」という風説が流れたとしよう。ただちに「重病説を裏づける情報を収集ありたい」との極秘電文が発せられ、スパイは「先月から独裁者が公の場に姿を見せていない」とか「某国から医師団が招聘された」などといった情報を集めてくる。

 こういうスパイの仕事を諜報活動というが、これとPISAの「情報の取り出し」は本質的に同じものなのである。

 「独裁者が重病らしい」というのは解釈である。一定の解釈を示した上で、その解釈を裏づける情報を取り出すことが、PISAの「情報の取り出し」の基本である。

 欧米の教室での発問風にいえば
 「独裁者が重病であることは、この文章のどこで分かりますか?」

 PISAの読解力の発問風にいえば
 「この課題文を読んだ人が『独裁者は重病らしいね』と言いました。この人の考えを裏づけるような事実を課題文から挙げてください」

 この問いに答えるには、常に解釈との関係性を考えながら、多数の情報から有用な情報だけを批判的に選びとらなければならない。単純に一問一答で情報を取り出す活動に比べて、はるかに「考える」要素が強いのである。

 このように解釈を成り立たせていくような情報を「インテリジェンス(intelligence)」、単なる事実の断片としての情報を「インフォメーション(information)」という。インテリジェンスは、要請に基づいてインフォメーションを収集し分析することによって「生産」されるものである。PISAの「情報の取り出し」は、テキストの数多のインフォメーションからインテリジェンスを生産する活動なのだ。

 おもしろいことに、問いかたによって、同じ内容の情報であってもインフォメーションにもなれば、インテリジェンスにもなりうる。

 たとえば物語『桃太郎』について――

インフォメーションを求める発問:
「桃太郎が腰に付けていたモノは何ですか?」

インテリジェンスを求める発問:
「桃太郎がイヌ・サル・キジを味方につける上で重要な役割を果たしたモノは何ですか?」

 答えはいずれも「きびだんご」である。だが、前者は桃太郎の腰のまわりを探すという、いわば欠けた情報を探し出して穴埋めするような活動。後者は登場人物の行動にまつわる複数の情報を統合して、その要となる一つの情報へと結び付けていくような活動。思考プロセスが根本的に異なるのだ。

 PISAの「情報の取り出し」とは、ざっとこのような性質のものである。このような性質のために、「情報の取り出し」の発問はいちばん作りにくい。一般に「情報の取り出し」の発問は簡単に作れると考えられているようだが、それは一問一答と混同したことによる誤解である。PISAのような欧米型読解問題の作問者がいちばん頭を悩ませるのが、「情報の取り出し」の発問なのである。

 「情報の取り出し」がスパイの仕事と同じならば、その発問作りはスパイの司令官の仕事と同じである。小説や映画ではスパイの諜報活動ばかりが脚光を浴びているが、司令官の仕事も意外に大変なのだ。

* * *

◆この連載を最新記事からお読みになる方は⇒「明解PISA大事典」アーカイブへ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「明解PISA大事典」目次へ

【プロフィール】

北川達夫(きたがわ・たつお)
教材作家・教育コンサルタント・チェンバロ奏者・武芸者・漢学生
(財)文字・活字文化推進機構調査研究委員
日本教育大学院大学客員教授
1966年東京生まれ。英・仏・中・芬・典・愛沙語の通訳・翻訳家として活動しつつ、フィンランドで「母語と文学」科の教科教育法と教材作法を学ぶ。国際的な教材作家として日芬をはじめ、旧中・東欧圏の教科書・教材制作に携わるとともに、各地の学校を巡り、グローバル・スタンダードの言語教育を指導している。詳しいプロフィールはこちら⇒『ニッポンには対話がない』情報ページ
著書に、『知的英語の習得術』(学習研究社 2003)、『「論理力」がカンタンに身につく本』(大和出版 2004)、『図解フィンランド・メソッド入門』(経済界 2005)、『知的英語センスが身につく名文音読』(学習研究社 2005)、編訳書に「フィンランド国語教科書」シリーズ(経済界 2005 ~ 2008)、対談集に演出家・平田オリザさんとの対談『ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生』(三省堂 2008)組織開発デザイナー・清宮普美代さんとの対談『対話流―未来を生みだすコミュニケーション』(三省堂 2009★新刊★)など。
『週刊 東洋経済』にて「わかりあえない時代の『対話力』入門」連載中。

* * *

【編集部から】
学習指導要領の改訂に大きく影響したPISAってなに?
PISA型読解力ってどんな力なの?
言語力、言語活動の重視って? これまでとどう違う?
現代の教育観は変わってきたのか。変わってきたとしたら、そこにどんな経緯があるのか。
国際的に活躍する教材作家である北川達夫先生がやさしく解説する連載「明解PISA大事典」。金曜日に掲載しています。


次のページ »