明日は何の日:7月14日

2008年 7月 13日 日曜日 筆者: 淳

イラク革命

1958年7月14日,イラクで革命が勃発しました(イラク革命 Iraqi Revolution)。

イラクの現代史を簡単に解説しておきましょう。アラブ地域は第1次世界大戦後,イギリスとフランスが分割して統治することになり,アラビア半島出身のハーシム家の男子を王位に戴く,シリア・アラブ王国,トランスヨルダン,イラク王国の3か国が成立しました。その後,この地域での民族主義が高まり,1958年にエジプトとシリアがアラブ連合を結成すると,これに対抗して,イラクは同じハーシム家が君臨する隣国ヨルダンとの同盟が成立しました。そして協定に基づいてヨルダンに軍隊を派遣しましたが,この派遣された軍隊の指導者だったカセムら青年将校がクーデターを起こし,国王や摂政は処刑されてイラクの王制が打倒されたのがイラク革命です。


明日は何の日:11月9日

2007年 11月 8日 木曜日 筆者: 淳

ベルリンの壁崩壊

1989年11月9日,当時のドイツ民主共和国(東ドイツ)が西側への通行の自由化を発表しました。これによって,東西ベルリンを隔てる壁 the Berlin Wall は存在意義を失うこととなり,市民たちは壁によじ登って狂喜しました(BBCの記事)。ほどなく,ハンマーなどで壁を物理的にも破壊し始める人たちも現れ,最終的には正式に撤去されました。「ベルリンの壁崩壊」の模様はテレビで世界中に放映され,冷戦終結・東欧の共産主義陣営崩壊の象徴的な出来事となりました。


明日は何の日:11月2日

2007年 11月 1日 木曜日 筆者: 淳

バルフォア宣言

第1次世界大戦中の1917年11月2日,英国外相アーサー・ジェームズ・バルフォア Arthur James Balfour がパレスチナ政策方針案を,英国シオニスト連盟会長ロスチャイルド卿あての書簡の形で発表しました。パレスチナにユダヤ人の民族的郷土を設立することを認めたものです。これをバルフォア宣言 Balfour Declaration と呼んでいます。これまでの英国政府のアラブ人に対する公約を転換して,ユダヤ国家建設を支援するもので,現在に至るパレスチナ問題の遠因となったとされています。


明日は何の日:10月29日

2007年 10月 28日 日曜日 筆者: 淳

スペインのフランコ体制が終焉

1975年10月29日,スペインを36年間支配したフランコFrancisco Franco総統が,健康状態の悪化により引退しました(BBCの記事)。

フランコは1936年,人民戦線内閣に対してモロッコで反乱を起こし,これが内戦 the Spanish Civil War に拡大して,結果的に政権を転覆させ,スペインに独裁政権を打ちたてました。第2次世界大戦では中立を保ち,戦後も長く政権を維持してきました。

後継者としては,1969年にカルロス王子がすでに指名されており,これに従ってスペインに王制が復活することになりました。11月にフランコが死去した後,王子はフアン・カルロス1世として即位しましたが,独裁体制を受け継ぐことはなく,民主化を推し進めていきます。


明日は何の日:10月23日

2007年 10月 22日 月曜日 筆者: 淳

ハンガリー動乱

1956年10月23日,ハンガリーで共産党政権に対する大規模な民衆蜂起が起こりました。ハンガリー動乱あるいはハンガリー事件もしくはハンガリー革命と呼ばれています。この混乱の中,新首相に選ばれたナジ・イムレは,ソ連軍の撤退,一党独裁の廃止などを発表しました。しかしソ連軍の全面的な介入につながり,ナジは失脚して後に軍事裁判にかけられて処刑されました。この事件は東西両陣営に大きな衝撃を与えました。

そして,1989年になって,同じ10月23日にハンガリーは共産主義を放棄することを宣言しました。


明日は何の日:10月22日

2007年 10月 21日 日曜日 筆者: 淳

キューバ危機

1962年10月22日,米国のケネディ大統領がキューバの海上封鎖を発表しました。いわゆるキューバ危機の一局面で,ソヴィエト連邦がキューバにミサイル基地を建設中であることを米国が察知し,その撤去を要求したものです。紆余曲折はありましたが,結局ソ連のフルシチョフ首相は妥協してミサイルと基地の解体を決め,ケネディ大統領もキューバに侵攻しないことを約束しました。

武力衝突を回避した後,米ソ両国は関係修復に向かい,8月30日にこのサイトで触れたホットラインを設置するなどしてデタントを現出します。


次のページ »