特殊辞典の世界(2)-類語辞典(シソーラス)-

2008年 8月 29日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (12)

舌を噛みそうな名前ですが,シソーラス(thesaurus)は,ある単語と似たような意味を持つ語を羅列した辞書です。Thesaurusという語は,ギリシャ語のthesauros(「宝庫」)に由来しますが,文字通り,「ことばの宝箱」と言ってもよい辞書です。

英語は,同じ表現の繰り返しを好まないため,似たような語で言いかえる必要が頻繁に生じます。最近になって,『三省堂類語新辞典』をはじめ,優れた日本語のシソーラスもいくつか出てきていますが,英語のシソーラスは,その代名詞にもなっているロジェ (Peter Mark Roget) が編纂した Roget’s Thesaurus of English Words & Phrases 以来,実に150年以上もの歴史を誇ります。

シソーラスには,ロジェの伝統を受け継いだトピック(概念)別のものと,通常の辞書の感覚で使えるアルファベット順のものがあります。前者は,電話帳にたとえるならタウンページ(職業別)のようなもので,似たような概念の語をまとめてグループ化しています。たとえば,foodの項には,eatの類義語から始まって,調理法や摂食障害,肉,デザート,果物,野菜の種類に至るまで,「食」に関する何百という語が約5ページに渡ってリストされています(下図)。それぞれの概念は哲学的な配列にしたがって分類されているので,あるイメージに近い語を一覧するには便利ですが,個々の語から引く場合は,巻末の索引を使う必要があります。類語辞典というより,類語カタログといったほうがしっくりくるかもしれません。

roget.jpg

一方,アルファベット順のシソーラスは,通常の辞書と同じ感覚で引けるので,英語を書く際に類義語を知りたい場合などはトピック別シソーラスよりも簡単に検索できます。多くの電子辞書に搭載されている Oxford Thesaurus of English (OTE)Concise Oxford Thesaurus (COT) もその例ですが,これらのシソーラスは,単にある語の類義語を羅列するだけでなく,トピック別に「ある単語の仲間」を一覧したセクションもあります。

外国人学習者向けシソーラス

多くのシソーラスは,類語が羅列してあるだけであり,各類語ごとの細かなニュアンスの差までは分かりません。そのため,外国人学習者にとっては,かなり英語力のある者でも使いこなすのは難しいでしょう。留学へ行き,シソーラスに頼ってタームペーパー等を書いても,ネイティブに直された経験のある人は多いのではないでしょうか。

最近では,外国人学習者に特化したシソーラスも出てきています。Longman Language Activator (LLA2)Oxford Learner’s Thesaurus (OLT) 等がその例ですが,母語話者向けシソーラスにくらべ,類語の数を厳選するかわりに,類語間の意味の違いを学習英英辞典のような平易な定義で解説しています。口語的な表現を重視した LLA と,アカデミックライティングを意識し,フォーマルな語を豊富に収録した OLT は,それぞれの特徴がありますので,英語教員なら両方を座右において使いこなしたいものです。

(LLA2)
decorate2.jpg

(OLT)
decorate.jpg

英語教育の現場でシソーラスをどう活用させるか

LLAOLT が収録された電子辞書はほとんどありませんし,冊子版の学習者向けシソーラスは高価なので,日本人の英語学習者にはあまり知られていません。もっとも,多くの電子辞書に搭載されている母語話者向けシソーラスも,工夫次第では英語学習に活用することも可能です。

先ごろオリンピック北京大会が開かれたばかりですが,各競技の名前を英語で何と言うか知りたいときは,和英辞典で1つ1つの競技を調べるより,OTE のトピック別セクションを見れば,たちどころに分かります(以下は,陸上競技のリストです)。

athletics.jpg

電子辞書なら,それぞれの語から英和辞典や英英辞典にジャンプすることで,意味も簡単に分かります。犬好きの学生ならdog(犬の種類)を,音楽関係のサークルの学生ならmusical direction(演奏記号の種類)を OTE で検索させ,1つ1つの語句を調べさせるのも,夏休みの自由研究に最適かもしれません。

シソーラスを通して,「辞書のおもしろさ」を知る

多くの英語学習者は,「英語の辞書なんて,どれでも無味乾燥なアルファベット順に単語を並べ,意味を載せているだけなので,面白くも何ともない」と思っているようです。しかし,「意味」という観点で単語を並べ替え,それぞれの語の間に有機的なつながりをもたせたシソーラスは,一見単語の羅列のように見えますが,じっくり読むと意外と面白いものです。シソーラスを使いこなすと,一見同じような顔をしている単語も,よくよく見ると姿形はそれぞれ異なり,それぞれの語に独特な個性があることに気づくのではないでしょうか。

次回は,今までの連載のまとめとして,英語辞書のこれからの動向と,辞書利用者に何が期待されるかについて,英語辞書学の最新動向もふまえながらお話ししたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


特殊辞典の世界(1)-連語(コロケーション)辞典-

2008年 8月 22日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (11)

今回は,主に先生方の教材研究や,英語を専門に学んでいる大学上級生を対象に,一般にはあまり知られていない特殊辞典の中から,連語(コロケーション)辞典と,類語辞典(シソーラス)について,2回に分けてご紹介します。

一昔前までは,このような特殊辞典は,学生にとっては高嶺の花でした。英語研究者の書斎には必ずあるといわれ,コロケーション辞典の代名詞でもある『新編英和活用大辞典』(研究社)は,とくに英語を書く際には欠かせない辞書ですが,大部であることに加え,冊子版では1万数千円もするため,学生時代の私は,大学の図書館のものを使うしかありませんでした。コーパスなど影も形もなかった昭和初期に,勝俣銓吉郎氏が独自に何十万という用例を収集して編まれた「英活」の初版は,日本の英語辞書史に刻まれる名著であり,その「英活」をどこにでも持ち歩けたら…と願っていた英語教員,研究者は,私だけではなかったはずです。

英和辞典や英英辞典とは別次元のような,いかめしいイメージのあった英活ですが,最近は大学生向けの電子辞書のほとんどに搭載されるようになり,誰もがポケットに入れて持ち歩けるようになりました。それに伴い,英語を専門にしているのに,英活の使い方を知らない学生や教員が以前よりも増えているように感じます。先日も,電子辞書版の英活を使っていた学生に,「なぜこの辞書は英和辞典なのに発音記号が出ていないのか?」ときかれましたが,『“英和”活用大辞典』という書名から,英和辞典の一種だと思っている学生は,意外と多いのかもしれません。

こんな時にコロケーション辞典を

人間と同じで,ことばにも語と語の「相性」のようなものがあります。たとえば,日本語で将棋は「指す」ものですが,囲碁は「打つ」と言います。「将棋を打つ」「囲碁を指す」と言っても意味は通じますが,母語話者にとっては明らかに不自然な日本語です。英語にも,単語同士の「相性」があります。たとえば,(お茶が)「濃い」場合はstrongを使いますが,スープなどにはthickを使うことが普通です。このような,単語と単語の慣用的な結びつき(コロケーション)は,文法や語法の知識だけでは解決できないため,上級レベルの学習者でも非常に難しいものです。

英活は,コロケーションに特化した辞書で,38万という膨大な用例が収録されています。たとえば,soupを引き,「形容詞・名詞+」の項目を探すと,thick soup, thin soup, homemade soup…など,soupの直前にどういった形容詞が来るかがたちどころに分かります。

20080815135744.jpg

このように,英活を使えば,ある名詞がどんな形容詞や動詞,前置詞と共起するかといったことや,動詞を修飾する副詞の種類など,通常の英和辞典,英英辞典の用例以上の情報が得られますので,私たちが自然な英語を書く際には手放せない辞書と言えます。また,ほぼすべての用例には訳も併記されているので,発信用としてだけでなく,英語から日本語への翻訳の際などに,より自然な日本語を求める際にも役立ちます。

最近の電子辞書の中には,英活に加え,Oxford Collocations Dictionary for Students of English (OCD) を搭載した機種もあります。英活と異なり,用例は少なめで訳文もついていませんが,最新のコーパスデータをもとにした自然な連語を厳選しているのが特徴です。

電子辞書でコロケーション辞典をコーパスとして使う

電子辞書の例文検索機能を使うと,これらのコロケーション辞典に収録されている豊富な用例を自在に検索することができますので,英語を書く際の「お手本」を探すためのちょっとしたコーパスがわりにも使えます。和英辞典に頼りすぎないで,自分の知っている単語をコロケーション辞典で検索し,より自然な文例を探してみるようにさせることは,英作文などの指導をする上でも有効でしょう。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


英英辞典をどう使わせるか (2)

2008年 7月 25日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (10)

前回に引き続き,応用編として,主に英語を専門とする学科,コースの高校生,大学生や先生方を対象に,一般にはあまり知られていない英英辞典の使い方をお話しします。

Step 3:英和辞典でぴんとこないときに引いてみる

『リーダーズ英和辞典』(研究社)などの一般英和辞典では,翻訳の便を考え,なるべく多くの訳語を載せるようにしています。たとえば,interestingを引いてみると,「興味深い,おもしろい,人の関心をひく,珍しい,変わった,奇妙な」とあります。しかし,「興味深い,おもしろい」と「奇妙な,変わった」という,一見何の脈絡もない語義が並んでいると,戸惑う人も多いのではないでしょうか。

英英辞典でinterestingを引くと“attracting your attention because it is special, exciting or unusual”(OALD7)とあります。すなわち,「特別で変わっているからわくわくして興味を引く」という語義がinterestingの本質であることが分かります。

interesting.jpg
(OALD7)

このように,英和辞典を引き,すでに意味を知っているはずなのに,どうもぴんとこないというときが英英辞典の出番です。意味を知っている(つもりの)単語を引くようにすると,英英辞典の定義にこめられている細かなニュアンスまで理解できることでしょう。毎回の授業で,生徒がすでに知っている単語を数語英英辞典で引かせてみて,知っているつもりの単語が持つ意外な意味やニュアンスに気づかせることは,語彙力をつける上でも有効です。

Step 4:和英辞典のかわりに英英辞典を引いてみる

英英辞典は,英語を読んだり,単語の意味をより深く理解したいときだけに使うものではありません。慣れてくると,英語を書くときなどに和英辞典のかわりとして使うこともできます。

たとえば,「(扇風機の)羽根」を英語で何というか知りたい場合,「羽根」を和英辞典で引く人が多いと思いますが,英英辞典でfanを引いても調べられます。

fan.jpg
(LDOCE4)

同様に,「ぶちの(=斑点のある)犬」は,「斑点のある動物」が何であるかを考え,英英辞典でleopardなどを引いてみると分かります。

leopard.jpg
(OALD7)

「辞書を引く」というと,自分が調べたい単語そのものを英和辞典や和英辞典で引く人が多いのですが,ともすれば機械的な作業になり,興味が持てなくなってしまう生徒も多いでしょう。英英辞典を使えば,調べたい語そのものを引くのではなく,調べたい語に関係のある単語は何であるかを自分の頭で考える必要がありますので,より主体的な英語学習をすることができます。

(英語教員にとっての英英辞典)教える内容を取捨選択する手がかりとして

以前にもふれたように,最近の英和辞典は,高校生向けと謳っている辞書でも,大学入試のレベルをはるかに超える詳細な情報が満載されています。そのため,教育実習生など,不慣れな教員が学習英和辞典で教材研究をすると,高度な内容も盛り込んでしまい,実際の授業で消化不良になってしまうことがあります。

一方,とくに最近の外国人学習者向け英英辞典は,情報量を競うというよりは,見やすさ,引きやすさを競うようになっており,全世界の英語学習者が身につけるべき内容に限って分かりやすく提示しています。教育実習生には,教案を書いた後で学習英英辞典を引き,教える内容に無理がないかを確認するように指導してはいかがでしょうか。

(番外編)「定義しりとり」で楽しく英英辞典に親しむ

正課の授業内では難しいでしょうが,英語研究部やESSの活動の一つとして,英英辞典を使った「定義しりとり」はいかがでしょうか。

2人ペアとなり,どちらかが「お題」の単語(最初のうちは,重要語の名詞に限るなど,出題範囲を制限するとうまくいきます)を言い,もう一方の人は,その単語を自分なりに英語で説明(定義)し,その後,英英辞典で「お題」の語を引き,答え合わせをします。今度は,逆に定義をした人が,前の「お題」の末尾の語で始まる語から新たな「お題」を出し,相手の人が定義を言います。

このような活動を通して,身近なものを英語で説明する力が身につきます。身近に英語母語話者がいない環境でも,自分で定義するのに苦労した箇所を,英英辞典という「ネイティブ・スピーカー」に確認することで,英語を書いたり話したりするよい勉強になるでしょう。

「英語を話す活動」として,自由英会話などを行っている英語サークルは多いと思いますが,話す内容がありきたりになってしまったり,日本人同士という気安さで,fluencyを重視するあまり,accuracyへの意識が弱くなってしまうこともあります。「定義しりとり」なら,説明する内容が「お題」としてあり,しかもそれは毎回変わるので,マンネリになることはありませんし,英英辞典という「お手本」で自分の説明した内容を常にチェックできるのですから,表現力を身につけるためにうってつけであると言えます。

次回は,類語辞典(シソーラス)や連語辞典といった,一般にあまり知られていない辞書を紹介し,英語学習,教育で活用する方法を考えてみたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


英英辞典をどう使わせるか (1)

2008年 7月 4日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (9)

私が高校生だった頃,『英語の辞書を使いこなす』(笠島準一著,講談社現代新書)を読み,英英辞典というものの存在を知りました。電子辞書が影も形もなかった当時は,高校生はもちろん,英語を専門にする大学生でさえも,英英辞典を持っているという学生はそれほど多くなく,雲の上の存在である英英辞典を手にすることで,何となく大人になったような優越感を感じたものでした。
時代は流れ,最近ではほとんどの電子辞書に英英辞典が搭載されるようになりました。自分の使っている電子辞書に英英辞典が入っていることすら知らない学生も珍しくありません。英英辞典に特別な気持ちを抱く学習者が少なくなったのは残念ですが,教員にとっては,英英辞典を新たに買わせなくても,今持っている電子辞書で英英辞典を使わせる指導ができるのですから,ありがたい時代になったとも言えます。
一方で,英英辞典に関して正しい知識を持っている英語教員はまだまだ少ないように思います。「英和辞典1冊あれば十分なのに,なぜ英英辞典が必要なのか?」という素朴な疑問を持つ先生も多いかもしれません。
今回は,英英辞典の特徴と,実際の教育現場での使わせ方について,2回に分けてお話ししたいと思います。「英英辞典など,普通の高校生には難しすぎて使いこなせない」と考える先生方も多いと思いますが,英英辞典の語義を読みこなすだけが英英辞典を「使いこなす」ことではありません。英英辞典の活用というと,高尚な方法論を想像されるかもしれませんが,まずは,英英辞典の用例を読むことから始めてみましょう。

Step 1:英英辞典の用例を読み,意味を考えてみる

コロンブスの卵的なアイディアですが,英英辞典の用例には訳がないので,新出単語を予習させる際に,英英辞典を引き,出ている用例の意味を考えさせてはいかがでしょうか。「単語は文の中で覚えよ」とよく言われますが,英和辞典だとつい用例の訳を見てしまうので,「分かったつもり」になってしまいます。高校の授業で英英辞典の用例に親しませることで,大学入試で求められる長文読解の基礎力をつけることもできます。
教員が授業の中で用例を提示する際は,MacMillan English Dictionary for Advanced Learners (MED)やCambridge Advanced Learner’s Dictionary (CALD)など,電子辞書に搭載されていない(=生徒がほとんど使っていない)英英辞典の用例を利用するのも効果的です。

Step 2:意味を知っている単語を引いてみる

英語英文学系学科の大学生や,英語科,国際コースなどの高校生なら,英英辞典を本格的に使わせることも可能でしょう。英語教員の中には,「英和辞典を使っていては英語力がつかないから,新出単語の予習は英英辞典を使い,英語だけで考える習慣をつけなさい」と指導をする先生もいますが,英英辞典を「英和辞典の上級版」ととらえると,使いこなせなくて挫折してしまう生徒も出てきます。
初めのうちは,意味をすでに知っている単語を引かせるとよいでしょう。beautifulやkangarooといった,中学で習うような基本語は,高校生なら英和辞典で引くことはあまりないと思いますが,わかりきった単語でも英英辞典で引いてみると,様々な発見があります
たとえば,beautifulを引くと,“having beauty; pleasing to the senses or to the mind” (OALD7)と定義されています(下図)。日本語の「美しい」と異なり,感覚的な美しさだけにとどまらず,精神をも楽しませるような,より強い「美」を意味することがうかがえます。

beautiful.jpg
(OALD7)

kangarooを引いてみると,“an Australian animal that moves by jumping and carries its babies in a pouch (=a special pocket of skin) on its stomach” (LDOCE4)となっています(下図)。lionは,a large animal of the cat family that lives in Africa and parts of southern Asia. Lions have gold-coloured fur and the male has a mane (=long hair around its neck)とあります(下図)。カンガルーの「ポケット」はpocketではなくpouchと言うこと,ライオンの「たてがみ」がmaneであることなどは,英和辞典では得られにくい情報です。

kangaroo2.jpg
(LDOCE4)

mane.jpg
(LDOCE4)

このように,日本語の意味をすでに知っている単語を引いてみると,思いもしなかった発見があり,辞書を引くことが楽しくなるのではないでしょうか。単語の小テストに英英辞典の定義を取り入れたり,英英辞典の定義から見出し語を推測させるゲームをするのも,英英辞典に興味を持たせる手段として有効だと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


次のページ »