大規模英文データ収集・管理術 第2回

2011年 7月 4日 月曜日 筆者: 富井 篤

「トミイ方式」の素晴らしさ

前回は、この連載に関する「トミイ方式」の概要を、エピソードも交えながらお伝えしました。今回から、7つの大分類のそれぞれについて、“これぞ「トミイ方式」”といえるようなテーマをそれぞれ1つないし2つ選んで説明していきます。まずは以下に示す3つですが、このうち「(3) 表現別」は、前回の「耐」のエピソードでお話ししましたので、ここでは省略し、先を急ぐことにします。

(1) アルファベット順
(2) 50音順
(3) 表現別

(1) アルファベット順から

何万とある英語の単語を、ある目的を持って収集するわけですが、ここでは、一例として available という単語を取り上げます。

この言葉は、元来、「何々が可能である」とか「何々が入手できる」などというように、肯定を表す幅広い意味を持つ言葉です。英文を読んでいて、または英文和訳の翻訳をしていて、非常に頻繁にお目にかかる言葉です。

集め方として、最初は単純なもの、ついで徐々に複雑な例文を集めて行くやり方もありますが、時間を有効に使うためには、最初から available を内包する英例文はすべて集めていったほうがよいでしょう。そうすることにより

―― is available.

というbe動詞の補語として使われている例文、以下のように、名詞を修飾する形容詞としての用法の例文

available ――

さらには、以下に示すように、後ろにさまざまな前置詞を伴った available の例文が、ごく短時間のうちにたくさん集まってきます。詳しくは後で取り上げますので、今はその訳までは触れませんが、前置詞によっていろいろな意味になることがわかります。

(a) ―― is available as …
(b) ―― is available at …
(c) ―― is available for …
(d) ―― is available from …
(e) ―― is available from … to [through] …
(f) ―― is available in …
(g) ―― is available on [upon] …
(h) ―― is available to …
(i) ―― is available with …

例えばavailable at … ならは「…という場所で入手可能」または「…という会社とか出先機関で入手可能」となり、available from … ならば「…から入手可能」となり、available to … ならば「…(だれだれ、またはどこそこ)にとって入手可能」となります。また、以下のように commercially という言葉と一緒になって、「――は市販されている」という意味として使われている例文もたくさん集まります。

____ is commercially available
____ is available commercially

これらの表現から、isを削除して

____ commercially available
____ available commercially

とすると、「市販されている____」という言葉を自分で作ることもできます。和英辞書で「市販されている」をひいても commercially available を載せている辞書はほとんどありません。これこそが「トミイ方式」の面目躍如というところです。

コレクションの数が増えれば増えるほど、「意味」ではなく「訳語」が千変万化するこの available という言葉を正確に確実に理解することができるようになり、さらに、もっと大事なことは、英文を書いたり、和文を英訳したりするときに、この available という言葉を使って、達意な英文が書けるようになるはずです。

(2) 50音順から

これは、「(1) アルファベット順」と同様、「分類」ではなく「順番」です。「分類」と「順番」の違いは、「分類」は同類のデータが数多く集まらなければ分類はできませんが、「順番」は、英語にしろ日本語にしろ、それぞれアルファベット順や50音順に手当たり次第に収納していけばよいことになります。この「50音順」では、英例文の中に含まれている該当単語をそのシチュエーションにフィットする訳を与え、和英辞書のように、その訳語の「順番」または「場所」に文章全体を収納するわけです。それにより、既存の和英辞典には収録されていない訳語に出くわすことがあり、和英辞書の力強い補助になります。

私の面白いエピソードを披露します。

どこの空港であったか記憶はありませんが、昔、全米翻訳者協会(ATA,American Translators Association)の年次総会に、毎年出席していましたが、ある年の総会の帰りの空港でのことです。空港のベンチに腰掛け、飛行機を待っていた時のこと、右隣に座っていたアメリカ人がスポーツ新聞を読んでいました。見るとはなしに横から覗いてみると、彼が読んでいた新聞の左上に

The Buffalo Bills began the instant rebuilding of their porous defense yesterday by selecting. . . .

という記事があり、その中の porous defense という言葉が目に飛び込んできました。よくいろいろなスポーツで「穴だらけの守備」などいいますが、英語でも「穴だらけの守備」ということがあり、そのことを porous defense というのだということを学びました。やがて、彼が立って搭乗口のほうへ行こうとしましたので、わけを話して、その新聞の左上を破ってもらい、いただきました。帰国早々、そのスクラップをカードに貼り、「50音順」という大分類の中の「穴だらけの」という位置に収納してあります。和英辞書の「穴」の個所を見ても「穴だらけの」という項目はありません。仮にあったとしても、porous という単語ではないことがあり、その場合には、英語での表現が1つ増えたことになります。

そのほかにも、この分類には、主にカタカナ語として日本語に入っている英語と本来の単語が一致しない場合、その言葉を収集しておくと、後で和文英訳の時などに、すごい力を発揮してくれるというメリットがあります。

例えば、家電用の「コンセント」という日本語ですが、カタカナになっているから「コンセント」が英語であろうと思い違いして consent と書いてしまったら大きな誤りです。英語では outlet とか wall outlet などと言います。ネジ回しの「ドライバー」もそうです。これを driver と書いたら大間違いで、screwdriver とワンワードで書かなければなりません。これらは、学生の「単語帳」のように単語単位で取っておいても構いませんが、やはり、センテンス単位で取っておいた方が、使い道は広いです。

【筆者プロフィール】

富井篤(とみい・あつし)
技術翻訳者、技術翻訳指導者。株式会社 国際テクリンガ研究所代表取締役。会社経営の傍ら、英語教育および書籍執筆に専念。1934年横須賀生まれ。
主な著書に『技術英語 前置詞活用辞典』、『技術英語 数量表現辞典』、『技術英語 構文辞典』(以上三省堂)、『技術翻訳のテクニック』、『続 技術翻訳のテクニック』(以上丸善)、『科学技術和英大辞典』、『科学技術英和大辞典』、『科学技術英和表現辞典』(以上オーム社)など。


大規模英文データ収集・管理術 第1回

2011年 6月 20日 月曜日 筆者: 富井 篤

連載を始めるにあたって

はじめに

これから、私が35年以上前に創り出し、その後35年間以上にわたって実践してきた、今ではその収集データの数も350,000点以上に達する、「英文データの収集方式」について連載を始めます。私と同じ世界で生きている一部の人々には、いままでに私が著作してきた数々の書籍、各種国際会議での講演会や発表会、さらには私のホームページや私が主宰している富井翻訳塾などを通して「トミイ式英文データの収集、分類、収納方式」としてすでに知られていますので、大変おこがましいのですが、この連載の中では、簡略化して「トミイ方式」と呼ばせていただきます。

本来ならば、連載の最初には、まず「トミイ方式」とは何か、そしてその起源および変遷などについて触れて、ついでその機能・目的、さらにはその実践法などを順次述べていくべきなのでしょうが、この連載では、そのような日本語的な「起承転結」にとらわれず、「トミイ方式」には一体どのようなメリットや面白さがあるのかなどについて、エピソードなどを織り交ぜながら、最初の「連載を始めるにあたって」は5回にわたって述べていきます。

「トミイ方式」というのは、簡単にいうと

どのような目的に使うためには、どのようなものを収集し、それをどのように分類・収納しておけばよいか

ということに主眼を置いた方法論です。収集作業が進んでいけば、その結果として

どのようなものを収集し、それをどのように分類・収納しておくと、どのような目的に使うことができる

という効果も派生してきます。

「トミイ方式」がいかに素晴らしいものであるかを感じ取っていただき、この連載をお読みになった方のうち、一人でも多くの方が「これなら自分にもできる。始めてみようか」と思っていただくために、次回から4回にわたり、あえていきなりいくつかの具体例をご紹介することから始めることにします。

とはいっても、「トミイ方式」なるものがいかなるものか、まったく情報がなくては読み進められないでしょうから、ここでは「トミイ方式」においては、収集した英文データを次の7つに大分類するということだけを略述しておきます。

(1) アルファベット順
(2) 50音順
(3) 表現別
(4) 品詞別
(5) 構文別
(6) 数量表現別
(7) その他

この7つの大分類を、収集データ数が増えていくにしたがって、さらに各項目ごとに中分類、小分類、細分類、細々分類に刻んでいくと、この連載を最後までお読みいただくと分かると思いますが、最終末端単位の数としては40,000にも50,000にも達します。

それでは「トミイ方式」の素晴らしさを感じ取っていただける体験談を1つご紹介します。これは、上に挙げた7つの大分類の中の「(3) 表現別」の中にある「耐える」という表現についてのエピソードです。もう少し正確にいいますと、「(3) 表現別」のうち、中分類の1つに「耐」という言葉がありますが、この言葉は、さらに「――に耐える」という動詞形とか、「耐――性」という名詞形とか、「耐――性の」という形容詞形などという小分類に分けられており、その中の「――に耐える」という動詞形についてのものです。

もう25年以上前、すでに私のコレクションも50,000点以上になっていたときのことです。当時執筆していたある学習書の中で、どうしても「――に耐える」という場合の動詞の選択について書かなければならなかったことがありました。一般には、「――に耐える」という意味の動詞には resist,withstand,endure などがあります。しかし、当時、これら3つの動詞にはどのような違いがあり、それをどのように使い分けるかということがよくわかりませんでした。同義語辞典とか、類語辞典とか、Webster の Dictionary of Synonyms などをすべて精査してみましたが、resist は「能動的に耐える」、withstand は「受動的に耐える」というところまではわかりましたが、どうしても実感として理解できませんでした。

そこで私のコレクションの中から、「――に耐える」という動詞形の中に収納されている resist,withstand,endure などの英文をすべて引っ張り出してきて、対象として「物理量」、「現象」、および「物質」ごとに数えてみたわけです。20年以上前のことですからまだ35例文くらいしかありませんでしたが、各英単語の使用例が以下のようにはっきりとわかりました。
筆者注:「物理量」とは圧力、電圧、温度、速度などをいい、「現象」とは曲げ、振動、腐食などをいい、そして「物質」とは水、酸、アルカリ、油などをいいます。

物理量 現象 物質
resist 1 13 1
withstand 15 2 1
endure 2

このくらいの例文の数では「葦の髄から天井覗く」きらいは否めませんが、それでも、この時以来、疑うことなく、自信を持って resist と withstand を使い分けることができるようになりました。そして、このような結果から考えると、日本語では resist も withstand と同じように「耐える」という訳語があてられていますが、本来ならば「耐える」というよりは、むしろ「抗する」という日本語を当てたほうがよい場合があるということもわかりました。これらは「トミイ方式」の価値ある産物といえます。

このように、「トミイ方式」というのは、もともと英作文する場合とか和文英訳するときの、和英辞書の補助となるような言葉や言い回しを収集したものと考えてください。同じ単語でも使用例を数多く集めると、上に述べたような類語辞典のような機能を果たすこともできます。

次回からは、上に述べた「トミイ方式」の7つの大分類の中から1つずつ選び、面白いエピソードを披露していきたいと思っています。次回から3回は、「トミイ方式」の大きな3つの機能、すなわち、1) 学習機能2) 活用機能、および3) 発表・制作機能、のうち1) 学習機能および2) 活用機能から見たエピソードを、そしてその後の4回目は3) 発表・制作機能という切り口から見たエピソードを紹介していきます。

なおこれからこの連載をお読みいただく中で、「トミイ方式」についての最低限の知識として心に留めておいていただきたいことは、これは学生の「単語帳」とは違いますので、単語単位に収集するのではなく、その該当単語が使われているセンテンス単位で収納するということです。できれば、センテンス単位ではなく、そのセンテンスが含まれているパラグラフ単位で収集すると、効果は倍加します。これについては、これから徐々に説明していきます。

最後に1つ大事なお願いとお詫びがあります。この連載に引用している例文は、私が長年、技術翻訳の世界にいましたので、そのほとんどが技術分野からのものばかりです。「技術英語といえども、所詮、英語は英語」という割り切り方もありましょうが、技術分野ではない読者の方々には、ご理解をお願いすると同時にお詫びいたします。

【筆者プロフィール】

富井篤(とみい・あつし)
技術翻訳者、技術翻訳指導者。株式会社 国際テクリンガ研究所代表取締役。会社経営の傍ら、英語教育および書籍執筆に専念。1934年横須賀生まれ。
主な著書に『技術英語 前置詞活用辞典』、『技術英語 数量表現辞典』、『技術英語 構文辞典』(以上三省堂)、『技術翻訳のテクニック』、『続 技術翻訳のテクニック』(以上丸善)、『科学技術和英大辞典』、『科学技術英和大辞典』、『科学技術英和表現辞典』(以上オーム社)など。


特殊辞典の世界(2)-類語辞典(シソーラス)-

2008年 8月 29日 金曜日 筆者: 関山 健治

英語辞書攻略ガイド (12)

舌を噛みそうな名前ですが,シソーラス(thesaurus)は,ある単語と似たような意味を持つ語を羅列した辞書です。Thesaurusという語は,ギリシャ語のthesauros(「宝庫」)に由来しますが,文字通り,「ことばの宝箱」と言ってもよい辞書です。

英語は,同じ表現の繰り返しを好まないため,似たような語で言いかえる必要が頻繁に生じます。最近になって,『三省堂類語新辞典』をはじめ,優れた日本語のシソーラスもいくつか出てきていますが,英語のシソーラスは,その代名詞にもなっているロジェ (Peter Mark Roget) が編纂した Roget’s Thesaurus of English Words & Phrases 以来,実に150年以上もの歴史を誇ります。

シソーラスには,ロジェの伝統を受け継いだトピック(概念)別のものと,通常の辞書の感覚で使えるアルファベット順のものがあります。前者は,電話帳にたとえるならタウンページ(職業別)のようなもので,似たような概念の語をまとめてグループ化しています。たとえば,foodの項には,eatの類義語から始まって,調理法や摂食障害,肉,デザート,果物,野菜の種類に至るまで,「食」に関する何百という語が約5ページに渡ってリストされています(下図)。それぞれの概念は哲学的な配列にしたがって分類されているので,あるイメージに近い語を一覧するには便利ですが,個々の語から引く場合は,巻末の索引を使う必要があります。類語辞典というより,類語カタログといったほうがしっくりくるかもしれません。

roget.jpg

一方,アルファベット順のシソーラスは,通常の辞書と同じ感覚で引けるので,英語を書く際に類義語を知りたい場合などはトピック別シソーラスよりも簡単に検索できます。多くの電子辞書に搭載されている Oxford Thesaurus of English (OTE)Concise Oxford Thesaurus (COT) もその例ですが,これらのシソーラスは,単にある語の類義語を羅列するだけでなく,トピック別に「ある単語の仲間」を一覧したセクションもあります。

外国人学習者向けシソーラス

多くのシソーラスは,類語が羅列してあるだけであり,各類語ごとの細かなニュアンスの差までは分かりません。そのため,外国人学習者にとっては,かなり英語力のある者でも使いこなすのは難しいでしょう。留学へ行き,シソーラスに頼ってタームペーパー等を書いても,ネイティブに直された経験のある人は多いのではないでしょうか。

最近では,外国人学習者に特化したシソーラスも出てきています。Longman Language Activator (LLA2)Oxford Learner’s Thesaurus (OLT) 等がその例ですが,母語話者向けシソーラスにくらべ,類語の数を厳選するかわりに,類語間の意味の違いを学習英英辞典のような平易な定義で解説しています。口語的な表現を重視した LLA と,アカデミックライティングを意識し,フォーマルな語を豊富に収録した OLT は,それぞれの特徴がありますので,英語教員なら両方を座右において使いこなしたいものです。

(LLA2)
decorate2.jpg

(OLT)
decorate.jpg

英語教育の現場でシソーラスをどう活用させるか

LLAOLT が収録された電子辞書はほとんどありませんし,冊子版の学習者向けシソーラスは高価なので,日本人の英語学習者にはあまり知られていません。もっとも,多くの電子辞書に搭載されている母語話者向けシソーラスも,工夫次第では英語学習に活用することも可能です。

先ごろオリンピック北京大会が開かれたばかりですが,各競技の名前を英語で何と言うか知りたいときは,和英辞典で1つ1つの競技を調べるより,OTE のトピック別セクションを見れば,たちどころに分かります(以下は,陸上競技のリストです)。

athletics.jpg

電子辞書なら,それぞれの語から英和辞典や英英辞典にジャンプすることで,意味も簡単に分かります。犬好きの学生ならdog(犬の種類)を,音楽関係のサークルの学生ならmusical direction(演奏記号の種類)を OTE で検索させ,1つ1つの語句を調べさせるのも,夏休みの自由研究に最適かもしれません。

シソーラスを通して,「辞書のおもしろさ」を知る

多くの英語学習者は,「英語の辞書なんて,どれでも無味乾燥なアルファベット順に単語を並べ,意味を載せているだけなので,面白くも何ともない」と思っているようです。しかし,「意味」という観点で単語を並べ替え,それぞれの語の間に有機的なつながりをもたせたシソーラスは,一見単語の羅列のように見えますが,じっくり読むと意外と面白いものです。シソーラスを使いこなすと,一見同じような顔をしている単語も,よくよく見ると姿形はそれぞれ異なり,それぞれの語に独特な個性があることに気づくのではないでしょうか。

次回は,今までの連載のまとめとして,英語辞書のこれからの動向と,辞書利用者に何が期待されるかについて,英語辞書学の最新動向もふまえながらお話ししたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


次のページ »