英語辞書攻略ガイド (4)

2008年 4月 25日 金曜日 筆者: 関山 健治

こんなにある英和辞典の種類(その2)

前回に引き続き,英和辞典を種類別に見ていきます)

中級学習英和辞典

高校1年の授業から難関大学を含めた大学入試まで,あらゆる分野に対応する学習英和辞典の万能選手です。大学に入ってからも,必修の英語科目などには十分過ぎる情報量ですので,高校生はもちろん,「電子辞書を買ってはみたけれど,使いにくい」と感じている大学生の皆さんにもおすすめします。

電子辞書化されている辞書は少ないですが,冊子辞書の種類は非常に多く,各社が競い合って本文の見やすさ,引きやすさに工夫を凝らすとともに,付録,囲み記事といった付加的な情報を充実させています。以下は,『グランドセンチュリー英和辞典』の紙面ですが,重要語を大きな書体にしたり,多義語は一番最初に語義を要約して色刷りで表示するなど,冊子辞書を研究し尽くし,引きやすさを徹底的に追求していることがうかがえます。

award, awareの見出し書体は大きく
20080425104454.jpg

多義語awayの冒頭には語義要約パネル
20080425104453.jpg
句動詞を囲みにまとめて表示

巻頭には,場面別の会話表現集や発音記号の読み方に関する詳しい解説もあり,ホームステイに行く高校生から,英語音声学など,大学の専門科目の導入に至るまで,幅広い層の学習者に対応しています。このような特徴は,「紙」という原始的なメディアだからこそ実現できるものであり,最新の電子辞書でさえ及びません。

英語の先生方が日常的に使うには物足りない規模の辞書かもしれませんが,教材研究の際には,重要な事項を精選してわかりやすい解説がされているので,とくに教える内容を絞り込む際には重宝するでしょう。ついつい細かなことまで教えてしまいがちな教育実習生にもすすめたいタイプの辞書です。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
新学期にあたり,英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を短期集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


英語辞書攻略ガイド (3)

2008年 4月 18日 金曜日 筆者: 関山 健治

こんなにある英和辞典の種類(その1)

ほんの数年前までは,書店の辞書コーナーで複数の辞書を手にとって内容を見比べている高校生,大学生をたくさん見かけました。しかし,電子辞書を購入する最近の新入生は,辞書の中身を吟味するというよりも,大きさや価格,搭載辞書の数といった外見で選んでいることが多いようです。そのためか,店員に勧められた機種を買ってはみたものの,辞書の内容が難しくて使いこなせず,携帯電話などに内蔵されている単語集に毛の生えたような辞書を使っている生徒,学生を多く見かけます。

ところで,パソコンを買うときに,店員から「メモリやハードディスクの容量は,多ければ多いほどいい」と言われた人も多いと思います。パソコンの場合,初心者であっても,メモリが多ければ快適に動きますし,ハードディスクが多ければたくさんの情報を保存できるので,多すぎて困ることはありません。しかし,辞書は「大は小を兼ねない」ことに注意する必要があります。初心者の人が語数の多い辞書を買うと,重要な語が膨大な情報の中に埋もれてしまい,探すのに時間がかかってしまいます。また,20万語以上を収録した語数の多い英和辞典(一般英和辞典)の多くは,用例や文法解説などが少ないため,学校での英語学習には不向きです。

最近は,電子辞書の普及により,レベル不相応の辞書を使っている(使わされている)高校生,大学生も珍しくありませんが,英語の辞書に関しては「この辞書はちょっと易しいかな?」と感じるぐらいのレベルの辞書で案外ちょうどよかったりするものです。1冊の辞書をずっと使い続ける必要はなく,高校3年の間でさえ,英語力が上がるにつれて辞書を買いかえることは自然なことですし,1冊の辞書が物足りなくなるぐらいの力がついたのであれば,辞書にとっても本望でしょう。

今回は,3回に分けて,実際の紙面を提示しながら,冊子版の英和辞典をレベル別に紹介したいと思います。電子辞書にはない,冊子辞書ならではの魅力を感じ取っていただければ幸いです。

初級学習英和辞典

英語が苦手な普通科高校生や,職業科高校など,英語の時間数の少ない高校で学んでいる生徒に最適な辞書です。『ビーコン英和辞典』をはじめ,電子辞書が普及してから新規に刊行された辞書が多いのが特徴です。

初級学習英和辞典は,英語に対する苦手意識を取り除き,楽しく学習できる様々な工夫がされています。発音記号に付されたカナ発音や対話文の多い用例もその一つです 。文法,語法の細かな点の注記は少ないですが,英語圏との文化的差異の解説や分かりやすい語源説明などには,時として『ウィズダム英和辞典』などの上級学習英和辞典にもない記述が見られます。

speak2.jpg

このタイプの辞書に「易しすぎる」「語数が少ないので入試の役に立たない」という先入観を持っておられる先生方も多いようですが,実際には,高校3年間の授業はもちろん,大学入試センター試験をはじめとした一般的な入試のほとんどにも対応しています。単語の意味を調べたついでに,英語教員さえ知らないような比較文化的な蘊蓄も身につき,英語への限りない興味をかき立ててくれるので,高校生だけでなく,中高一貫の私立中学生にも最適です。
(続く)

doggie.jpg

【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
新学期にあたり,英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を短期集中連載していただきます。
→これまでの連載記事一覧


英語辞書攻略ガイド (2)

2008年 4月 8日 火曜日 筆者: 関山 健治

電子辞書より速く冊子辞書を引く方法

新学期が始まりました。真新しい辞書を携え,重いなあと思いつつも,これから始まる大学生活に胸をふくらませていた頃のことが昨日のように思い出されます。しかし,最近は電子辞書の普及で,辞書を小脇に抱える学生はほとんど見なくなりました。平成生まれの学生の中には,冊子辞書を全く引いたことない者すら珍しくありません。

電子辞書を使っている学生は,口を揃えて「紙の辞書よりも速く引ける」と言いますが,本当にそうなのでしょうか? 電子辞書がそれほど普及していなかった頃,私の英語の授業で,「冊子辞書派」の学生と「電子辞書派」の学生で,単語の速引き競争をしたことがあります。成績が学年トップのある学生は,「冊子辞書派」の一人でしたが,1つの単語を平均5秒程度で引き,「電子辞書派」の学生で最も速い学生をしのぐタイムでした。これには電子辞書を使っていた学生も驚いていましたが,冊子辞書は,使えば使うほど速く引けるようになり,使い慣れた冊子辞書は電子辞書よりもはるかに速く引けることはあまり知られていません。

盗難等のリスクや辞書指導上のメリットを考え,校内では冊子辞書を使わせるようにしている学校も少なからずあると思いますが,生徒に「紙の辞書は引くのに時間がかかるから嫌だ」と苦情を言われる前に,次のような辞書引き競争をしてみてはいかがでしょうか?

Step 1:アルファベットの相対的な位置関係を頭に入れる

冊子辞書はアルファベット順に並んでいますので,アルファベットの順番を(「キラキラ星の歌」を口ずさむことなく)直感的に頭に入れておくと速く引けます。

まずは,任意のアルファベットが,前半(A~M)か後半(N~Z)のどちらにあるかを反射的に答えられるように練習させるといいでしょう。教員が「G」と言ったら,「前」と答えるようなゲームをしてみてはどうでしょうか。なお,特定の冊子辞書を一括採用している高校の場合は,その辞書の爪見出しの分け方に合わせるといいでしょう。たとえば,『ウィズダム英和辞典』なら「前半」をA~L,「後半」をM~Zにすると分かりやすいです。

1koguti.jpg
2tumemidasi.jpg

これができるようになったら,アルファベットを大まかに四等分(A~G, H~L, M~R, S~Z)して,「最初」「前半」「後半」「最後」のどこにあるかを答える練習を,同様にしてみましょう。

冊子辞書を引くのが遅い人は,たとえばgearという語を引くときもABCDEFG. . . と「キラキラ星の歌」を口ずさんで,爪見出しの中から「G」を見つけ,次も同様にABCDE. . . と唱えながら「G」の項のページを1ページずつめくっていってGE. . . で始まる語が出ているページにたどり着く,というようなことをしています。これでは,1つの単語を引くのに20秒以上かかることも珍しくありませんし,長い単語ほど時間がかかるので,学年が進むにつれて辞書を引くのが嫌になってしまうでしょう。

「キラキラ星の歌」を頼りにしなくても,アルファベットの順序が直感的に分かるようになると,次にふれるような,だいたいの見当をつけてページを開くことができるようになり,今までの半分の時間で辞書が引けると言っても過言ではありません。

Step 2:Step 1の位置関係をもとに,引きたい単語が出ていそうなおよその場所を見当をつけて開く

たとえば,streetを引くとき,「S」の最初のページからめくっていったら日が暮れてしまうでしょう。「T」がアルファベットの最後のほうだと分かれば,Sの爪見出しの後ろのほうを見当をつけて最初から開けば,streetにかなり近いページになっているはずです。その後は,「柱」とよばれる,ページ左右の語を見ながら,求める語の出ているページを探すと速く引けます。

3hasira.jpg

このような「アナログ引き」は冊子辞書を速く引く基礎技能ですので,「準備体操」を兼ねて毎回の授業の最初の数分を使って練習させてみてはいかがでしょうか? たとえば,教員が単語を言い,学生は載っていそうな場所の見当をつけてパッとページを開きます(チャンスは1回だけで,一旦開いたページから移動することはできません)。開いたページと,実際に単語の出ているページの差が最も小さかった学生が優勝になります。クラス全員で競争すると盛り上がります。慣れてくると,一発でその単語が出ているページを開くことができる学生も出てきますので,ボーナスポイントを与えて表彰してはいかがでしょうか?

★電子辞書と冊子辞書はアナログ時計とデジタル時計の関係

電子辞書と冊子辞書は,CDと(アナログ)レコードの関係と同じだと言った人がいました。わずか数年でレコードがCDに取って代わったように,辞書もこれからは電子辞書一色になるのではないかということなのでしょうが,私はそうは思いません。

アナログとデジタルで比較をするのなら,むしろ時計の関係に近いと言えます。デジタル時計が出てきても,直感的におおよその時間が分かるアナログ(針式)時計は全く廃れていません。冊子辞書には到底真似できない電子辞書のメリットもありますが,それは,持ち歩きが困難な大辞典が複数収録されているとか,電子辞書独自の検索ができるといったことであり,高校,大学の英語教育の現場でよく言われる検索速度については,慣れてしまえば両者に大きな違いはないように感じます。

前述のように,電子辞書より速く冊子辞書を引くには多少の練習が必要ですが,毎日の英語学習で辞書を頻繁に引く習慣をつけることで,知らず知らずのうちに速く辞書が引けるようになるということは,楽器やスポーツの練習とも共通するところがあります。さらに,最近の冊子辞書には,最新の電子辞書でさえ真似できない様々な特徴があり,うまく使いこなせば日常の授業や受験勉強に非常に役立ちます。

次回は,電子辞書にない,冊子辞書独特の特徴を紹介し,自分にあった辞書を選ぶためのポイントをいくつかお話ししたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
新学期にあたり,英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を短期集中連載していただきます。


英語辞書攻略ガイド (1)

2008年 3月 28日 金曜日 筆者: 関山 健治

辞書は悪者?

欧米人にとって,犬は“a person’s best friend”であるとされていますが,“a language learner’s best friend”といえば,やはり辞書なのではないでしょうか。名を馳せた英語学者の中には,辞書を胸に抱いて寝たり,辞書を丸暗記し,覚えたページは食べてしまったりした人もいたそうで,英語学習が「辞書に始まり,辞書に終わる」ことは昔も今も変わりません。

しかし,最近では電子辞書が普及したためか,英語教員の中には辞書を悪者扱いする人も少なからずいるようです。

先日,私の英語の授業で,机の下でコソコソ何かをしている学生がいたので,内職でもしているのかと注意しようとしたら,教科書の分からない単語を電子辞書で調べていたということがありました。英語の授業中に辞書を引くのは当然のことであり,なぜ堂々と引かないのかと聞いたら,高校の頃,授業中に辞書を引いたら没収されたので,こっそりと引く癖がついてしまったと言われ,驚きました。「知らない単語が出てきても絶対に辞書を引いてはいけない」「辞書に頼っていては英語力がつかない」などと,辞書を敵対視しかねない風潮が,とくに英語母語話者や上級レベルの英語学習者で増えてきているのは残念なことです。

たしかに,速読の練習や,入試や資格試験の問題演習など,辞書を引かないほうがよい場合もあるでしょう。一方で,辞書を引くことで,自信を持って英語を理解することができるようになる場面もたくさんあるはずです。言語の森羅万象を凝縮した「ことばの四次元ポケット」である辞書は,正しく使えば英語を学んだり,教えたりする際の強い味方になってくれるのです。

この連載では,主に高校の英語の先生方を対象に,辞書の選び方,使い分け方といった基本的なことから始め,日々の教材研究や英語学習に役立つ様々な辞書の活用法をお話ししたいと思います。最近は電子辞書が普及していますが,お手元にある冊子辞書を手にとってみてください。最新の電子辞書でさえ到底太刀打ちできない,冊子辞書ならではの特徴にも気づいていただければと思います。

次回は,冊子辞書と電子辞書を比較し,新学期の辞書指導ですぐに使えるアイデアをいくつかお話ししたいと思います。


【筆者プロフィール】

関山健治(せきやま・けんじ)
1970年愛知県生まれ。南山大学大学院外国語学研究科英語教育専攻修士課程修了(応用言語学),愛知淑徳大学大学院文学研究科英文学専攻満期退学(英語辞書学・語用論)。現在,沖縄大学法経学部准教授。

著書に『辞書からはじめる英語学習』(2007,小学館),『ウィズダム英和辞典第2版』(共同執筆,三省堂,2006),訳書に『英語辞書学への招待』(共訳,大修館書店,2004),『コーパス語彙意味論』(共訳,研究社,2006)などがある。


【編集部より】
新学期にあたり,英語辞書界にこの人ありと言われる関山健治先生に,英語の辞書に関する有益な情報を短期集中連載していただきます。


« 前のページ次のページ »