本研究会は、日本語の意味・用法を、より厳密に分析し記述することをめざすとともに、広く言葉にかかわる諸分野をも含めて、語彙・辞書研究の進展をはかることを目的とし、原則として年2回の研究発表会・講演会の開催、機関誌の発行、その他必要な活動を行っています。


<第60回研究発表会のお知らせ>

語彙・辞書研究会の第60回研究発表会を以下の要領で開催いたします。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにともない、第57回・第58回・第59回と休会を重ねて参りましたが、今回の第60回については30年の節目となる記念の会として開催いたします。

ただし、いまだ完全に終息したとはいえない状況下にて今回についてはオンラインでの開催といたします。本会の主旨といたしましては、あくまで対面での開催を原則といたしますが、上述の理由から今回に限りこのような開催形態といたしますことをご了解くださいますようお願いいたします。

全国からのご参加をお待ちしております。

【第60回】研究発表会

  • 日時 日時:2021年12月5日(日)11:00〜16:30
  •    オンライン開催(Zoomウェビナーを予定)

研究発表

  • 1. 田坂康浩(拓殖大学大学院博士後期課程)
  • 「敬称「さん」の組織名等への多用に見る敬意の揺れの考察」
  • 2. 山下洋子(立教大学大学院博士後期課程)
  • 「「見得(みえ)を切る」は慣用句か」

[講演]

  • 小松寿雄先生(埼玉大学名誉教授)
  • 「『夢酔独言』の待遇表現 ―勝小吉を中心に―」

[講演]

  • 「語彙・辞書研究会の30年」
  • 沖森卓也先生(現代表)
  • 林 史典先生(前代表)
  • 萩原好夫氏 (元事務局)
  • ■参加方法

参加には、事前申し込みが必要です。

11月に当ページ(https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/)に参加申し込み用の入力フォームを設置いたしますので、お名前・メールアドレスなど必要事項のご登録をお願いいたします。登録は11月末日まで受け付ける予定です。

また、ご登録後にお送りするメールにて、研究発表会当日の視聴用URLをお知らせいたします。

  • ■参加費
  • 一般、学生・院生ともに、今回に限り特別に無料。


お問い合わせ

以下の方は、お手数ですが、「連絡先登録」フォームで、連絡先の登録をお願いいたします。

  • ・研究発表会開催の案内を新たにご希望の方
  • ・今までご案内の届いていた方で住所変更のある方
  • ・以降の案内を電子メールでご希望の方
連絡先登録

上記の連絡は、下記、事務局連絡フォームでご連絡いただいても結構です。その他、各種連絡も承ります。 学会・研究会・その他催し物の案内掲示などご相談にのります。「お問い合わせ」フォームにてお問い合わせください。

お問い合わせ

運営委員

運営事務局

株式会社 三省堂

出版局内 山本康一  荻野真友子

〒101-8371

東京都千代田区神田三崎町2-22-14

TEL : 03-3230-9734

FAX : 03-3230-9542