選考について

概要

辞書の三省堂が、この2017年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に掲載されてもおかしくない言葉を募集します。応募いただいた言葉などから選考委員が厳正に選考の上、「今年の新語2017」ベスト10を選出し、「国語辞典風味」の語釈をつけて発表します。

選考方法

当社辞書編集委員(新明解国語辞典、三省堂国語辞典、三省堂現代新国語辞典)他で構成される「今年の新語2017選考委員会」が公平・公正な観点から厳正に選考します。

選考結果の発表

2017年12月上旬に水道橋博士さんを特別ゲストにお迎えし「選考発表会」を開催いたします。また、「選考発表会」開催後、当キャンペーン特設サイトにて選考結果を掲載いたします。

選考委員のご紹介

 

倉持保男氏
倉持 保男
『新明解国語辞典』編集委員

くらもち・やすお/1934年、東京生まれ。東京大学大学院文学修士号取得後、千葉大学、群馬大学、慶応大学、大正大学などで日本語学について教鞭をとる。現在、『新明解国語辞典』編集委員代表、日本語検定委員会理事。

ことばの本質をとらえる「新明解国語辞典第七版」
飯間浩明氏
飯間 浩明
『三省堂国語辞典』編集委員

いいま・ひろあき/1967年、香川県高松市生まれ。早稲田大学文学研究科博士課程単位取得。早稲田大学、成城大学などで非常勤講師。NHK Eテレ「使える!伝わる にほんご」講師など、日本語教育番組にも携わる。著書に『辞書を編む』(光文社新書)、『三省堂国語辞典のひみつ』(三省堂)、『国語辞典のゆくえ』(NHK出版)など。

現代の生きた日本語がわかる「三省堂国語辞典第七版」
小野正弘氏
小野 正弘
『三省堂現代新国語辞典』編集委員

おの・まさひろ/1958年、岩手県一関市生まれ。東北大学大学院文学研究科国語学専攻所要単位取得済中途退学。専門は国語史(語彙・文字・意味)。現在、明治大学文学部教授。『三省堂現代新国語辞典』編集主幹。編著に『日本語オノマトペ辞典』(小学館)、共同編集に『日本近代語研究』(1~6、ひつじ書房)、著書に『オノマトペがあるから日本語は楽しい』(平凡社新書)など。

現代文・評論文を読み解くための「三省堂現代新国語辞典第五版」

TOP

みんなの
投稿を見る

いますぐ
応募する