「考える辞書」宣言

国語辞典の語釈は、実は、辞書によってずいぶん違いがある。  

どのような国語辞典が、単なる言葉の意味や使い方を知るだけにとどまらず、自分の考えを展開する起点となり、深化させる道具となる辞書であるのか。それは、日常の言語生活において使われる、言葉の使用例を徹底して調べ尽くした上の、深い思索の結果としての語釈をほどこした辞書である。言い換えれば、「考えている辞書」「考える辞書」の前提なのである。  

辞書は、引き写しの結果ではなく、用例蒐集と思索の産物でなければならぬ。辞書は、引き写しの結果ではなく、用例蒐集と思索の産物でなければならぬ。
 

1972(昭和47)年の初版の「序」から約半世紀の間、『新明解国語辞典』は、あるべき辞書の姿を追い求め、日本語を見つめ続けてきた。

「生活は言語によって支えられ、われわれの思考と内省は言語によって深まる ――第四版序文より」とあるように、より正確かつ厳密に言葉をとらえる方針を堅持してゆくためには、時代とともに変容する社会の変化にもしっかりと対応してゆかねばならない。  

今回の改訂も、まさにそのように行われた。

日本で一番売れている国語辞典の決定版 『新明解国語辞典 第八版』

『新明解国語辞典 第八版』の特色

深い思索の産物としてのシャープな語釈

現代日本語の精緻な意味分析から成り、言い換えや単なる用字の説明にとどまらない、語の本質に迫る語釈。

これらに向き合うことが「言葉によって考えを深める」ための第一歩となります。

実感あふれる豊富な用例

どんな語と結びつき、どんな場面で使われるのかを示し、時に巧まざるユーモアをかもし出すほどに生き生きとした用例。

ニュアンスを理解し、また文章作成や表現の工夫の際にも役立ちます。

UPDATE!

アクセント辞典を上回る
9万を超えるアクセント表示

実態に即した定評ある通用アクセント表示を、新たなルールで全面的に見直しました。

UPDATE!

日本語をより深く理解するための
「文法」欄がさらに充実

最新の文法研究に基づき、さらに詳しくわかりやすく解説しました。

UPDATE!

漢字の書き分けがわかる
「表記」欄を全面見直し

貴重な歴史的情報も含めて全面的に見直しました。

学習辞典として高い評価を得ている内容の拡充

「運用」欄で、言葉を効果的に使うための情報を具体的に提示。「かぞえ方」欄を拡充し、巻末付録には「数字の読み方」を新設しました。

UPDATE!

新語・新項目を大幅増補し、
総収録項目数7万9,000

時代とともに変容する社会の変化を正確かつ厳密にとらえ、約1,500語の新語・新項目を追加しました。

UPDATE!

より読みやすく、引きやすい
紙面に改良

  • 語義番号のスタイル変更 
  • ページ番号の書体変更 
  • 語釈の見やすさ追求 
  • ルビを見やすく

『新明解国語辞典 第八版』 概要

多様なニーズに応える充実のラインナップ! 『新明解国語辞典 第八版』
編者
山田忠雄・倉持保男・上野善道・山田明雄・井島正博・笹原宏之[編]
発売日
2020年11月19日 全国一斉発売(一部地域を除く)
◉普通版(赤)
定価(本体3,100円+税) B6判 1,792頁 2色刷 978-4-385-13078-1
◉白版
定価(本体3,100円+税) B6判 1,792頁 2色刷 978-4-385-13079-8
◉青版
定価(本体3,100円+税) B6判 1,792頁 2色刷 978-4-385-13081-1
◉小型版
定価(本体2,900円+税) A6変型判 1,792頁 2色刷 978-4-385-13080-4
◉革装
定価(本体5,500円+税) B6判 1,792頁 2色刷 978-4-385-13119-1 ※2020年12月上旬発売予定