応募方法は2つ!

WEB応募

期間内に対象商品を購入し、
そのレシートをスマホで撮影して応募

※対象商品1冊の購入につき1口のご応募となります

応募締切

2020年5月10日(日)23:59まで  

レシート有効期間:
2020年2月4日(火)〜5月10日(日)

ハガキ応募

対象商品の帯から応募券を切り取り、
ハガキに貼って応募

※1枚の応募券につき1口のご応募となります

応募締切

2020年5月10日(日)当日消印有効



三省堂は この春に入学・進学するみなさまを応援します

投野由紀夫先生
投野由紀夫先生
『エースクラウン英和辞典』編者

東京外国語大学大学院教授。同大学LINGUA(ワールド・ランゲージ・センター)センター長。専門はコーパス言語学、第二言語語彙習得、辞書学。NHKラジオ第2「基礎英語3」講師(2016~)。コーパス分析に基づき英語の基本語彙の重要性を説き、英語教材に幅広く活用。さらにCEFRという外国語能力の参照枠を日本に導入、CEFR-Jという枠組みとしてシラバス、教材作成、評価などの土台作りをコーパス分析とからめて行っている。『エースクラウン英和辞典』「チャンクで英単語シリーズ」(ともに三省堂)編者。

学習の「道しるべ」、パートナーとなる辞書を

よい道具をしっかり使いこなせる力は、どんなスキルを身につけるためにも必要です。英語というスキルを身につける際に、質のよい「教科書」「辞書」「文法書」は三種の神器です。これは指導要領が新しくなり、発信力が重要視されるこれからの時代でも変わりません。

最近は学校で教科書をていねいに教えるあまり、辞書の使い方を教わらない生徒さんが増えていますが、学習量が多くなるこれからの英語教育でこそ、自分で勉強するための道具、パートナーとしての辞書の活用能力は極めて重要です。

私はそのために、自学自習をサポートする「英語学習の道しるべ」となるような良質な辞書の開発とその使いこなしを提唱してきました。中高の6年間で辞書を道具としてフル活用し、グローバルな時代を生き抜く英語力を是非身につけていただきたいと思います。


小野正弘氏
小野 正弘(おの・まさひろ)
『三省堂現代新国語辞典』編集主幹

1958年、岩手県一関市生まれ。東北大学大学院文学研究科国語学専攻所要単位取得済中途退学。専門は国語史(語彙・文字・意味)。現在、明治大学文学部教授。『三省堂現代新国語辞典』編集主幹。編著に『日本語オノマトペ辞典』(小学館)、共同編集に『日本近代語研究』(1~6、ひつじ書房)、著書に『オノマトペがあるから日本語は楽しい』(平凡社新書)、『くらべてわかるオノマトペ』(東洋館出版)など。

紙の辞典をぱらぱらめくって、言葉の感覚を磨こう!

紙の辞典の一番良いところは、パラパラめくれることです。また、開いたとき、画面が広いので、言葉の情報を全体的な視野で捉えることができます。複数の意味がある言葉も、スクロールなしで見られます。この複数の意味は、どんな順番で発達したのか。そんなことを考え始めたらもう言語学者プロです。

国語辞典は、ときに自分たちが使う言葉の拠り所となり、ときに警鐘となり、また、文化のあり方も教えてくれます。いや、なにか言葉を決めて引く必要はないのです。ちょっと時間ができたとき、気が向いたとき、パラパラめくっていれば、向こうから情報が飛び込んできます。もちろん、知りたい言葉、気になった言葉を引くのは当然マストです。

新年度を機に、紙の辞典をパラパラめくって、一歩ずつ言葉に関する感覚を磨いていきましょう!


お問い合わせ先

  • 株式会社 三省堂 販売部 2020キャンペーン事務局
  • 電話番号:03-3230-9536
  • 受付時間:平日10:00~17:00(土・日・祝日を除く)