辞書の三省堂が「今年の新語」を選びます。

言葉は生き物。
時代を映して生まれたり廃れたりします。
あるものは長く使われ、あるものは儚く消えますが、
いずれも私たちの同時代を物語る貴重な証言者です。

 

辞書のトップメーカーである三省堂が、
「今年の新語2019」を選んで、後世に遺します。

皆様から2019年に「よく見た」「よく聞いた」言葉を募り、
その中から辞書を編む専門家が「今年の新語2019」を審査・選定します。

ベスト10に選ばれた言葉には
国語辞典としての言葉の解説(語釈)をつけて発表します。

さあ、あなたも「今年の新語2019」に応募してみませんか。

現代文・評価文を読み解くための「三省堂現代新国語辞典」
現代の生きた日本語がわかる三省堂国語辞典
ことばの本質をとらえる「新明解国語辞典」
令和の辞書 大辞林 第四版

言葉(新語)を公募します。

2019年に「よく見た」「よく聞いた」言葉をご応募ください。応募フォームまたはTwitterによるウェブ投稿をお待ちしております。異なる内容の投稿であれば、何度ご投稿いただいてもかまいません。

選考委員がベスト10を 選びます。

辞書を編む専門家が選考委員となり、公平・公正な観点から「今年の新語2019」ベスト10を選定し、国語辞典としての言葉の解説(語釈)を付します。

選考発表会を行います。

12月3日の選考発表会で鴻上尚史さんを特別ゲストにお迎えし、「今年の新語2019」ベスト10を発表いたします。選考結果は本ウェブサイトでも公表し、応募者の方々に抽選でプレゼントをお贈りします。

選考発表会ゲスト 鴻上尚史さん
鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)さんプロフィール

作家・演出家。1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手がける。その他、エッセイスト、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、映画監督など幅広く活動。演劇公演では、紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、ゴールデンアロー賞、読売文学賞などを受賞。現在は、プロデュースユニット「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。俳優育成のための活動も精力的に行う。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。

 

「今年の新語」とは?

この2019年を代表する言葉(日本語)で、
今後の辞書に採録されてもおかしくないものです。

候補となるのは、

「今年特に広まった」と感じられる言葉。今年誕生したかどうかは問いません。

昨年の例

【尊い】
【寄せる】
【ブラックアウト】

自分自身や周りの人が、ふだんの会話やSNSなどでよく使うようになった言葉。

昨年の例

【ばえる】
【モヤる】
【肉肉しい】

流行語や時事用語、 新しい文物でもかまいません。

昨年の例

【VTuber】
【マイクロプラスチック】
【スーパー台風】

昨年の投稿例を見て
応募してみましょう

実際に投稿いただいた中からいくつかご紹介します。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ツイッター

インスタ映え…とはもう言わないで、更に短く「映え」「映える」 読み方もはえ、はえるじゃなく「ばえ」「ばえる」なのがポイントかな。 インスタに載せたくなるような素敵なモノへの賞賛に使う言葉。
#今年の新語2018

応募フォーム

尊い 

ファンとして応援している人やもの、キャラクターの魅力を最大限に賛美する言葉。熱狂が高じて神仏に対するかのように静かな気持ちで対象物の存在を全肯定し手を合わせたくなる気持ちのこと。

ツイッター

#今年の新語2018 分かりみ

「よく分かった」と言う代わりに「分かりみが深い」と言うのは、100年先まで残りそうな気がします。

応募フォーム

半端ないって 

三省堂半端ないって!大学の受験勉強で三省堂の国語辞典を使っていたけど、明解しすぎて、志望校受かったって!嬉しさとありがたさ半端ないって!

いますぐ参加!
応募フォームもしくはTwitterで投稿できます!

応募を締め切りました。多数のご応募をありがとうございました。

応募フォームでの投稿方法

STEP1

応募フォームに
今年「今年よく見た」「よく聞いた」言葉を 入力する

STEP2

応募フォームに必須事項を入力し送信

STEP3

当選された方には
メールでご連絡します

Twitterでの投稿方法

STEP1

三省堂の公式アカウント
「よむゾウさん」をフォロー

@zousanseido

STEP2

今年「よく見た」「よく聞いた」言葉について書く 

STEP3

ハッシュタグをつけてツイートする 

#今年の新語2019

STEP4

当選された方には
ダイレクトメッセージでご連絡します

三省堂 辞書を編む人が選ぶ
「今年の新語2019」応募要項

応募期間

  • 2019年9月2日(月)~11月13日(水)

応募条件

  • 利用規約に同意していただいた方。

応募方法

  • Web応募フォームもしくはTwitterにて投稿してください。
  • 異なる内容の投稿であれば、期間中におひとり様何回でもご投稿いただけます。

賞品

  • ご投稿いただいた方の中から抽選で50名様に図書カードネットギフト1,000円分をプレゼントいたします。

当選について

  • 応募締め切り後、厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。
  • 当選は1世帯(ひとつのご住所)につき1回とさせていただきます。
  • 当選された方には、応募フォームに入力されたメールアドレス、もしくはTwitterのダイレクトメッセージにてお知らせいたします。
  • 当選の連絡は2020年1月中旬頃の予定です。

利用規約

株式会社三省堂が実施する「三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2019」」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に応募の方(以下、「応募者」といいます。)は、以下をよくお読みいただき、同意のうえご応募ください。 本キャンペーンの応募フォームにて応募内容を送信された場合や、ハッシュタグ “#今年の新語2019” をつけてツイートされた場合には、本規約に同意したものとみなします。

  • 注意事項
    • Twitterでの投稿で、「@zousanseido」をフォローしていない場合やアカウントを削除された場合は当選お知らせのダイレクトメッセージがお送りできませんので、当選の権利を無効とさせていただきます。また、Twitterアカウントを非公開設定にしている場合は抽選の対象外となります。
    • プログラムなどによる自動投稿や、複数アカウントの使用、同じ内容での繰り返しの投稿などと当方が判断した場合には、抽選の対象外とさせていただきます。
    • 応募フォームでのご応募で当選された方には、メールアドレスにご連絡いたしますので、ドメイン「sanseido-publ.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。
    • 当選通知受信後、賞品をお届けするための必要事項を指定の方法でご連絡いただきます。ご連絡が指定の期限までにない場合や、ご連絡先に入力不備があるなど、連絡不能で賞品をお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきますのでご注意ください。
    • 当選の権利はご本人のもので、第三者に譲渡・換金はできません。
    • 当選は1世帯(ひとつの住所)につき1回までです。重複した住所での当選があった場合、2当選目より無効とさせていただきます。
    • 当選したか否かにかかわらず、ご投稿いただいた内容を、本キャンペーンウェブサイト上、2019年以降の「今年の新語」キャンペーンのウェブサイト上、Twitter上、及び㈱三省堂の広告などで公開させていただく場合があります。その場合、応募者に個別にお知らせすることはございませんので、あらかじめご了承ください。
  • 禁止事項
    • 本キャンペーンへの応募に際し、下記の項目に当てはまる投稿はご遠慮ください。
      • 公序良俗に反する内容、またその恐れがある内容
      • 本キャンペーンの運営を妨げ、信頼を毀損するような行為を含んだもの
      • 本キャンペーンのテーマ意図と異なるもの
      • 第三者を中傷したり、プライバシーを侵害するもの、あるいはその恐れがあるもの
      • 第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害するもの、あるいはその恐れがあるもの
      • その他当社が不適切と判断するもの
  • 免責事項
    • 本キャンペーンへの応募により応募者に生じた一切のトラブル・損害(直接・間接を問いません)等について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 本キャンペーンを利用することにより生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルや損害について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 本キャンペーンのご利用にかかる通信費その他の費用は、すべて応募者が負担するものとします。
    • 株式会社三省堂は、本キャンペーンについて(全部または一部)、応募者に事前に通知することなく変更または中止することがあります。なお、必要と判断した場合には、応募者への予告無く本規約を変更できるほか、本キャンペーンの適正な運用を確保するために必要な措置をとることができます。
  • 個人情報の取扱について
    • ご入力、ご記入いただきました個人情報は本キャンペーンの抽選、賞品発送、個人を特定しない統計等マーケティング目的で使用させていただきます。その他個人情報の取り扱いに関しては、当社のプライバシーポリシー(https://www.sanseido-publ.co.jp/annai/topics_privacy.html)をご覧ください。
    • 当社は、お客様からご同意をいただいた場合及び法令により司法機関・行政機関から法的義務を伴う要求を受けた場合を除き、 第三者に個人情報の提供、開示をしません。

あわせて読みたい