文字サイズ変更

三省堂名歌名句辞典 新装版について

この本について

<本書の趣旨>

和歌・短歌と俳諧・俳句は、世界文学の中で独自の光彩をはなつ短詩系文芸である。その伝統は脈々と継承され、今日でも多くの人々が日々これに親しみ、鑑賞し、創作を続けている。また、短歌・俳句は、いまや国民的文芸と称されるほど多数の創作人口を持っている。本書は、長い歴史の中ではぐくまれ、愛唱されてきた名歌・名句を一巻に網羅し、手軽に親しめ、かつ創作の一助ともなる[名歌・名句辞典]を目ざした。

<本書の特色>

1.和歌・短歌、俳諧・俳句、狂歌、川柳の名歌・名句6186を集め、一冊に集成。これまで人々に親しまれてきた歌・句を中心に、名歌・名句として評価の定まった歌・句、時代や作者の特徴をよく示している歌・句、および、将来、古典になると思われる歌・句を精選して収録した。また、中学・高校の国語教科書に掲載されている歌・句は、できるだけ取り上げた。

2.各歌・句にはすべて専門家による[意味][解説]付き。

<この本の構成>

1.[和歌・短歌編][俳諧・俳句編]の二部構成。「和歌・短歌編」は、上代・中古・中世・近世・近代・現代に分け、歌謡はそれぞれの時代の中に入れ(以上、和歌・短歌・歌謡=計3,221首)、狂歌(82首)を続けた。「俳諧・俳句編」は、近世・近現代(以上、俳諧・俳句=計2,632句)に分け、川柳(251句)を続けた。

2.歌・句の収録は、作者別とし、歴史的(生年順)に配列した。

3.本文の最後に、「辞世の歌」「辞世の句」のコラムを載せた。

<解説について>

1.近世までの歌・句については、[意味]で歌・句の大意を示し、[解説]で、その歌・句の詠まれた背景や作者の心情、名歌・名句とされる所以、難解な語句の意味などを解説した。

2.明治以降の歌・句、および川柳・狂歌は、[意味]を省き[解説]のみとした。

3.俳諧・俳句では、解説の最後に「季語」「切字」を載せた。

4.明治以降の歌・句、および川柳・狂歌は、[意味]を省き[解説]のみとした。

<巻末付録>


1.短歌・俳句史年表

和歌・短歌・狂歌、俳諧・俳句・川柳の歴史を概括。

2.歌・句索引

和歌・短歌・狂歌は二句索引、俳諧・俳句・川柳は全句索引。

3.人名索引

和歌・短歌、狂歌、俳諧・俳句、川柳に分けて、それぞれの作者を五十音順に配列。