文字サイズ変更

「こども にほんのでんとう絵じてん」の内容より

お母さん、
お父さんへ

 これまで日本で築きあげられてきた伝統的な文化や生活習慣を、未来を担う子どもたちにも伝えていきたい。そんな思いをいだくお母さんやお父さんが、きっと少なからずいらっしゃることでしょう。
 けれども、現代社会は都市化が進み、また国際化の影響もあり、どんな「こと」「もの」が日本で受けつがれてきたのか、わからなくなりつつあります。
 そこで、日本の伝統的な文化や生活習慣の様子が見てわかり、その来歴や位置づけなどを知ることができるものがあれば、子どもたちとお母さんやお父さんが楽しみながら伝統文化に親しめるのではないかと考えて、私たちはこの絵じてんを企画しました。
 この絵じてんでは、あいさつ・食べもの・住まいと暮らし・装い・遊び・行事・伝統芸能・技の8つをテーマとして、日本の主な伝統文化について、子ども向けにイラストと文で説明をしたほか、大人向けの解説も添えました。各テーマの末尾には、日本各地に伝えられている伝統文化や、そのテーマにまつわる慣用句やことわざなども掲載しました。
 日本列島の各地には、この本に載せたもののほかにも、それぞれの土地に根づいた文化や生活習慣があります。ぜひ、子どもたちといっしょに、ご近所のおじいさんやおばあさん、地域の人たちに、その土地の伝統についての話を聞いてみてください。きっと子どもたちは、さらに興味を深めることでしょう。
 この絵じてんが、親子で伝統文化について話し合うきっかけとなることを、私たちは願ってやみません。

三省堂編修所