辞書・ことば企画:10分でわかる「ユビキタス」
文字サイズ変更

10分でわかる「ユビキタス」の意味と使い方

【どういう意味?】

「何時でも何処でも意識せずに、情報通信技術を利用できること」です。

【もう少し詳しく教えて】

元来、ユビキタス(ubiquitous)は「同時にどこにでも存在する」ことを意味する英語の形容詞です。しかしながら日本語では「ユビキタスコンピューティング」の略として登場することが多く、その場合「いつでもどこでも、利用者が意識する事無く、コンピューターやネットワークなどを利用できる状態」をさすことになります。具体的には「カーナビが渋滞状況を把握した上で道案内してくれる」「品物を持ったままコンビニを出ると、自動的に代金が引き落とされる」「自宅に来客があると、携帯電話がそれを知らせてくれる」などの環境がこれに当たります。このような環境を実現した社会を、ユビキタス社会などと呼びます。

【どんな時に登場する言葉?】

情報通信技術(いわゆるIT)の分野でよく言われる語です。

【どんな経緯でこの語を使うように?】

元来ユビキタスは近代ラテン語に登場する神学(キリスト教)の概念で「イエス・キリストが、時間や空間を超越して遍在(あらゆるところに存在)すること」をさす概念です。ですからこの語のもともとの意味は「同時にどこにでも存在する」というよりは「何時でもどこでも存在する」という意味だったということになります。後に英語では「このコンビニって、どこにでもあるよね」というような文脈で使われる単語になりました。

一方、現在の意味のユビキタスを最初に概念化したのは、ゼロックスパロアルト研究所のマーク=ワイザー(Mark Weiser)でした。1988年に「生活環境のあらゆる場所に情報通信環境が埋め込まれ、利用者がそれを意識せずに利用できる状態」をユビキタスコンピューティング(略してUbiComp)と定義して、これを提唱したのです。インターネット環境やモバイル環境(=移動通信環境)が急速に充実した2000年頃からは、この語が「実現可能な概念」として再注目されることになり、現在に至ります。

【ユビキタスの使い方を実例で教えて!】

ユビキタスコンピューティング
「生活環境のあらゆる場所に情報通信環境が埋め込まれ、利用者がそれを意識せずに利用できる技術」を、ユビキタスコンピューティングと呼びます。この概念は前述の通り、ゼロックスパロアルト研究所のマーク=ワイザーによって、1988年に提唱されました。ワイザーはコンピューターの利用形態を3世代に分けて、それぞれメーンフレーム(=1台の大型コンピューターを多人数が使う)、パソコン(=1台のコンピューターを一人が使う)、ユビキタスコンピューティング(=一人を多数のコンピューターが取り巻く)と説明しました。つまり、家電製品・衣類・住居・施設・道路など、ありとあらゆる場所に情報通信技術が存在する状態こそが「第3世代の利用形態」だと予想したのです。
ユビキタス社会/ユビキタス環境
前述のユビキタスコンピューティングが実現している社会(環境)のことを「ユビキタス社会(ユビキタス環境)」と呼びます。
ところで、提唱者であるワイザーの概念では「利用者がそれを意識しない(=簡易なインターフェースを実現する)」という部分が重視された点に注意を払う必要があります。つまり、利用者が機器の操作法を習熟しなければならないような環境は、ユビキタス環境としては不十分だと考えたのです。例えば「出社時に電子入館証で扉を開けながら、手元の携帯電話で日程を確認する」のが不十分なスタイルだとすると、「カメラが顔を自動認識して扉が勝手に開き、自分の日程がアナウンスされる」ような仕掛けが十分なスタイルということになります。

【言い換えたい場合は?】

狭義のユビキタス(=同時にどこにでも存在する)を表す場合は、「遍在」という言葉を使用することができます。「“遍”在」であって「“偏”在」ではない点に注意してください。一方、ユビキタスコンピューティングの略語としてのユビキタスの場合、これを一言で言い換えることは困難です。例えば国立国語研究所では、言い換えの暫定案として「時空自在」という造語を提案しましたが、「タイムマシンを想起させる」などの理由から、正式な提案が見送られました。現在のところは面倒でも「ユビキタス(何時でも何処でも意識せずに、情報通信技術を利用できること)」などの文章表現を用いることをお勧めします。

【雑学・うんちく・トリビアを教えて!】

どこでもコンピュータ国産OS「TRON」の開発者として知られる、東京大学教授の坂村健も、1980年代初頭に同様の概念を提唱していたと言われています。この時の坂村の概念は「どこでもコンピュータ」と命名されていました。後に坂村も「ユビキタス(コンピューティング)」の語を用いて、その啓蒙活動に当たっています。

三省堂デュアル・ディクショナリー

三省堂デュアル・ディクショナリー

三省堂デュアル・ディクショナリーとは、
「大辞林第三版」、
「ウィズダム英和辞典第3版」、
「ウィズダム和英辞典第2版」
をご購入頂くと、その辞書をウェブでも利用できる、辞書の新しい形態です。


三省堂の辞典

大辞林 第三版

大辞林

古代から現代まで、 本格派日本語[国語+百科]辞典。 類書中最大規模の238,000語を収録。


見やすい カタカナ新語辞典

大活字 分野別イラストで見るカタカナ語辞典

大きな活字で目にやさしい、大人のためのカタカナ新語辞典。日々増え続けるカタカナ語とABC略語約1万3千項目を見やすいレイアウトで収録。


コンサイスカタカナ語辞典

コンサイスカタカナ語辞典

的確な語義と詳細な解説で定評のあるコンサイスカタカナ語辞典の最新版。


デイリーコンサイスカタカナ語

デイリーコンサイスカタカナ語辞典

大幅な改訂増補で、日常生活に必須のカタカナ語・欧文略語を2万4千語収録。


大きな文字で読みやすい
三省堂新カタカナ語辞典

三省堂新カタカナ語辞典

大きな活字を採用した見やすく分かりやすい辞典


日経新聞を読むためのカタカナ語辞典

日経新聞を読むためのカタカナ語辞典

経済に強くなるカタカナ語辞典


辞書のご案内

カタカナ語辞典
辞書をお探しの方へ
お問い合わせ
辞書を買う
ことばと辞書の話題
今週のカタカナ語
このサイトについて

【三省堂サイト】

三省堂デュアル・ディクショナリー 三省堂ホームページ 三省堂教科書・教材 三省堂 Web Dictionary
三省堂WebShop